光り物はNG。葬儀・葬式にはどんな靴を履いていったらいいの?女性編


「足元を見る」なんて言葉もありますが、身だしなみの中でも特に気を付けたいのが「靴(くつ)」です。

もちろん、高級な靴を履いていればいいというわけではありません。

手入れがきちんとされているか、といったことは当然ながら、何よりもその場にふさわしいものか、ということが非常に重要なアイテムといえます。

 

では、葬儀・葬式の場ではどのような靴がふさわしいのでしょうか?

油断していると意外としっかり見られている……それが靴。足元にこそ、気配りが表れるものです。

そこで今回はフォーマルな靴の中でも、特に女性がお葬式に参列する場面にふさわしい靴(パンプス)の選び方をご紹介します。

なお、男性向けには葬儀・葬式にはどんな靴を履いていったらいいの!?【男性編】で、ふさわしい靴の選び方をご紹介しています。

 

【初級編】 葬儀・葬式に参列するときは、どんな靴を履くの?

葬儀・葬式に履いていく靴は、女性の場合、黒のプレーンパンプスが基本です。

深すぎず、浅すぎず、強いて言えば「指が隠れる程度」のものが望ましいようです。

おしゃれ系パンプスやミュール、バックストラップのサンダルなど、つま先が出たものは夏場の暑いときであってもNG!つま先とかかとはしっかり隠せるものを選びましょう。

デザインについては装飾などのないシンプルなものがよいです。

ストラップは付いていてもかまいませんが、留め具(金具)には気を付けましょう。

留め具などで金や銀などといった「光り物(ひかりもの)」が付いた靴は避けるのがマナーです。

 

【中級編】 葬儀・葬式に参列するときの靴で、避けるべき素材は?

靴(パンプス)の素材については、以下の点に注意してください。

 

まず、葬儀・葬式で履いてはいけない(避けるべき)靴として、「エナメル」素材のものがあります。

そして、ワニ革・ヘビ革など、爬虫類の「革」でできている靴は避けるべきとされています。

布や合成皮革、本革のものは問題ありませんが、艶(つや)のないものを選ぶようにしましょう。

子供用の靴は選択肢が少ないので多少の光り物があってもOK。

なお、本来ブラックフォーマルには布製の靴がベストと言われています。

ただし実際には、時代とともに少しずつ身だしなみも略式化されており、現在では革製のパンプスが主流となりつつあるようです。

 

【上級編】 葬儀・葬式に参列するときの靴(パンプス)、ヒールの高さは?

パンプスなどのヒールの高さについては、今回は歴史のある靴屋さんにアドバイスいただきました。

結論としては、それほど気にしなくてもいいでしょう…とのこと。

ヒールは高すぎず低すぎず、歩きやすいものを選んでおけば問題ないようです。

 

ただし、ここで注意したいことがあります。それは、「ヒールの音」です。

昨今では、専用の式場・斎場や葬儀会館などで葬儀・葬式を行うことが主流となっています。その場合、式場・斎場の床は大理石やフローリングのところが多いです。

そのため、お焼香のときなど、厳かな空気の中でヒールの音は意外と響いてしまいます。

ヒールの音が出やすいピンヒールは避け、太めのものを選ぶのが、遺族やほかの参列者への心配りともいえます。

……そうは言っても、さすがにウェッジソールは避けたほうがよいです。

 

【応用編】 葬儀・葬式に参列するときの靴、着物のときはどうするの?

和服のときの正式な履物は「草履」です。

そのため、葬儀・葬式に参列する際には、「黒い草履を和服に合わせる」のがマナーです。

そこで用いられる黒い草履は、「喪履き草履」と呼ばれるもので、台も鼻緒も黒くなっています。

女性の喪服に合わせる『喪履き草履』

ただし、日本で喪服が「黒」になったのは明治時代以降のこと。それまでの時代の喪服は「白」だったと言われています。

そのため、黒い着物と合わせて黒い草履を履くようになったのは比較的新しい慣習・しきたりともいえます。

 

最後に、お通夜や法事・法要に参列するときの靴については、もちろんフォーマルなものであれば問題ありませんが、葬儀・葬式の時ほど細かく気を付ける必要はないようです。

 

ちなみに、靴だけでなく、スカートの丈についても気になった方は、「【はずすと怖い、喪服の話】スカート丈は膝からこぶし1つ分」をご覧ください。

 

参列のマナーに関する記事はこちら

【はずすと怖い、喪服の話】スカート丈は膝からこぶし1つ分

【ママのための参列マナー】キッズの喪服コーデ、何を着せればいいの?

【参列のマナー】プロに聞いた! お通夜・お葬式で好印象を狙えるメガネの選び方

これってマナー違反!?葬儀・葬式に適した鞄(バッグ)に関する豆知識

【今さら聞けない】葬儀(通夜、告別式)の挨拶に禁句ってあるの?

ヤバイ!お葬式に出られない……どうしたらいい?【通夜・告別式に参列できないときのマナー】

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。

また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

4.93/5 (92)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。