居宅介護支援サービスってどんなサービス?


今回は、居宅介護支援サービスについて話をしたいと思います。

「居宅介護支援って何?」という声が聞こえてきそうですね。

ケアマネジャーとケアプランのサービスと言ったら、おわかりになるでしょうか?

 

介護保険のサービスを使用する場合は、このケアマネジャーに仕事を依頼し、ケアプランを作成してもらわないといけません。ただ、これが絶対かというと、実はそうではなく、セルフケアプランという、利用者さん自身がケアプランを立てるやり方もあります。

原則的には、ケアマネジャーが作成するケースが圧倒的に多いですが。

 

 

居宅介護支援サービスってどんなサービス?

誰が) 介護支援専門員(ケアマネジャー)と呼ばれる専門職が

 

誰に) 要介護者の利用者さんに対して

 

どこ) 利用者宅を訪問し

 

内容) 介護保険の在宅サービス(施設サービス)を利用出来るように、利用者の心身の状況・環境・本人や家族の希望などを聞き取り(この業務をアセスメントという)、その解決策、改善策を介護サービス計画(ケアプラン)としてまとめます。

その後、本人が計画に同意すると、そのプランにそって介護サービスが始まります(事業者との調整、介護保険施設への紹介等を行います)。

 

いつ) 介護保険のサービスを開始する前、そこから毎月訪問します。

 

 

居宅介護支援サービスに資格は必要?

居宅介護支援で働く介護支援専門員(ケアマネジャー)は、資格が必要です。

医療・介護での国家資格を取得後(介護福祉士、社会福祉士、看護師等)、介護現場での実務経験が5年以上必要になります。

秋頃に行われる、介護支援専門員実務研修受講試験に合格すると(合格率は10%台前半くらい)、実務研修を受講することが出来ます。その研修を修了すると、都道府県の介護支援専門員名簿に登録され、介護支援専門員証が交付されます。

 

介護の世界で働く人は、いつかケアマネジャーを取りたいと思っている人が多いように思います。

2017年までは、介護職員の受験特別枠があったのですが、今は無くなっています。

 

 

居宅介護支援サービスの対象者は?

要介護1~5と認定された利用者です。

 

要支援1・2・事業対象者は、ケママネジャーではなく、地域包括支援センターの職員が管轄しています。ただ、地域包括からケアマネジャーにプランの作成を委託されているケースもあります(要介護から要支援に移動した利用者さんなど)。

 

居宅介護支援サービスのサービス内容は?

ケアプランは、利用者のケアの方向性や、方針を明確にするものです。

利用者がこれからの人生をどのように過ごしたいか?そのために、何が必要か?という視点で、課題をいくつか設定し、その課題の解決策の方向性を、本人、家族と一緒に考え、計画にまとめます。

 

その計画を、1つずつ実行していくために、介護サービス事業所と連絡を取り、利用者さんと事業者が契約を結び、実際のサービスがどのように行われているかを確認します。

事業所側は、このケアプランの方向性に対して、個別サービス計画という課題への解決策を提案します。

 

例)

現状:Aさんは、片麻痺があるため、自宅での入浴が出来ていない

長期目標:自宅のお風呂に入りたい

短期目標(最初の3ヶ月):デイサービスのお風呂に入る(入浴できていないので、身体を清潔にする)

短期目標(次の3ヶ月):デイサービスでお風呂に入りながら、自宅のお風呂に入るための機能訓練を行う

短期目標(次の3ヶ月):ホームヘルパーの入浴介助にて、自宅のお風呂に入る

短期目標(次の3ヶ月):ホームヘルパーの介助を減らし、1人で自宅のお風呂に入る

 

ケアマネジャーは、現状の困りごとから、課題を設定し、それを1段1段上りながら、最終目標に到達するように、ステップ目標を作ります。

この方針に沿って、デイサービス事業者は、

  • どうすればこの方がデイサービスのお風呂に入れるか?
  • それに慣れてきたら、どうやって、自宅のお風呂には入れるようになるか?
  • 入浴するために、どんな機能訓練が必要か?

ということについて、具体的な解決策を考え(解決策は、目標とプログラムで構成されます)、それを計画にして、本人の同意を得て、実行していきます(この個別サービス計画は、ケアマネジャーにも送付します)。

 

ホームヘルプ事業所は、

  • どうやって、自宅でのお風呂に安全に入れるか?
  • どうやって、1人(もしくは家族の力を借りて)でお風呂に入れるようになるか?

の具体的な解決策を考えます。それを実行することで、利用者さん1人で入浴出来るようになります。

そして毎月、モニタリングと呼ばれる、自宅への訪問を行い、計画の進捗状況などを確認します(必要があれば修正します)。

 

この例では、トントン拍子に目標をクリアしていきますが、どのように目標を達成していくかについては、個人差が大きいです。

そのあたりを見極めて、その人にあった計画を作っていきます。

 

利用料の目安(1回あたり)

1単位=10円と計算、自己負担はありません(利用者本人は無料)。

□ 要介護1又は要介護2       10,530円

□ 要介護3、要介護4又は要介護5  13,680円

 

※上記が基本単価です。

※また、事業所の所在場所、人員体制・研修体制が整備されている、医療との連携会議に参加する、初めての訪問などの加算に応じて利用料が追加されます。

 

利用者は無料なので、上記の金額が事業所に入ってきます。

だいたい、ケアマネジャーの時給は、1200円~1600円ぐらいでしょうか。

 

 

居宅介護支援で働く人達はどんな人?

居宅介護支援で働く方は以下の通りです。

 

管理者(介護支援専門員資格が必要)

介護支援専門員

事務員(レセプト請求業務、総務)

 

今後は、管理者が、主任介護支援専門員の資格が必要になります(介護支援専門員の実務経験5年以上必要で研修を受講する)。上司が、同じ資格を持っているので、新人ケアマネジャーは相談しやすいかと思います。

 

今回は、居宅介護支援について、お話をしました。

 

5/5 (1)


The following two tabs change content below.
橋谷創(スクナクリエイト代表/社会保険労務士・介護福祉士)

橋谷創(スクナクリエイト代表/社会保険労務士・介護福祉士)

医療法人で人事・総務・行政対応等、総務人事全般を経験。実地指導や監査対応も場数をこなし、対応策などについては独自の視点も交えながら的確なアドバイスに定評あり。また、ディマティーニ・メソッドの導入により、介護現場のモチベーションアップを後方支援。マネジメント研究に日々取り組んでいる。