訪問介護サービスってどんなサービス?


今回は、訪問介護サービスについて話をしたいと思います。

訪問介護(ホームヘルプ)は、介護のサービスの1つです。

 

 

訪問介護はどんなサービス?

 

訪問介護はどんなサービスか?というと、

 

誰が:訪問介護員と呼ばれる(一般的には、ホームヘルパーさん)が、

誰に:要介護者(要支援者)の利用者さんに対して

いつ:ケアプランで決められた日時に行く(緊急の場合を除き他の日には行かない)

どこで:ご自宅を訪問して、

何をする:入浴、排せつ、食事等の介護(→身体介護)や調理、洗濯、掃除等の家事(→生活援助)、本人、家族の相談、助言、その他に病院等への送り迎えを行う、通院等乗降介護(身体介護)もある

 

というサービスです。

 

 

訪問介護に資格は必要?

 

訪問介護は、介護サービスの中で唯一、資格が求められるサービスです。

 

下記の資格を持っていないと、働けません。

現在、新しい介護の資格を含めて、以下のものがあります。

 

1)生活援助支援員、生活援助ボランティア(名称は様々)

2)入門的研修          研修時間21時間

3)生活援助従事者研修      研修時間59時間

4)介護職員初任者研修を受ける  研修時間130時間

5)介護職員実務者研修を受ける  研修時間450時間

6)介護福祉士(国家資格:実務経験3年必要)

 

 

また、資格により、提供出来るサービスが異なるので、ご注意ください。

 

 

総合事業の

生活支援

介護保険の

生活支援

介護保険の

身体介護

0)無資格 × × ×
1)総合事業の生活支援員 × ×
2)入門的研修 × ×
3)生活援助従事者研修 ×
4)介護職員初任者研修
5)介護職員実務者研修
6)介護福祉士

 

 

訪問介護の対象者は?

訪問介護の対象者は、要介護1~5と認定された利用者です。

 

要支援1・2・事業対象者は、総合事業に移行しましたので、

各区市町村によって、サービス内容が異なります。

 

通常、訪問介護事業所は、要介護者と総合事業対象者(要支援1・2、事業対象者)を対象者にしています。

ただ、総合事業は、区市町村によって、サービス内容、報酬が異なります(とはいえ、以前の要支援のサービスに相当する、「訪問介護相当サービス」を行っている区市町村も多いです)。

 

資格によって、提供出来るサービスが異なります。

特に1)、2)の方は、総合事業の生活援助サービスのみ提供出来ます。買物や調理などをお願いされると思います。

 

また、これ以外にも、介護保険を使わない、「保険外サービス(自費)」は、資格が求められませんので、提供することは可能です。

 

サービスの内容は?

訪問介護のサービスの内容は

・入浴、排せつ、食事等の介護(身体介護)

・掃除、洗濯、調理等の家事(生活援助)

・生活等に関する相談及び助言

・その他

 

ご自宅に伺うサービスなので、デイサービスなどの通所するサービスとは雰囲気が異なります。1対1サービスが好きな人には、たまらない職場かと思います。

 

利用料の目安は(1回あたり)?

1単位=10円と計算、自己負担は1割とします。

 

身体介護(利用者の体に直接触って行う介護サービス)

20分未満 165円
20分以上30分未満 248円
30分以上1時間未満 394円
1時間以上 575円
30分増すごとに +83円

 

生活援助(身体介護以外の介護)

20分以上45分未満 181円
45分以上 223円

 

通院等乗降介助(病院等の送り迎え)

1回 98円

 

また、サービス提供事業所の所在場所、サービス提供体制(介護福祉士が何人働いているか?)、サービスの内容、サービス提供の時間帯等(早朝、深夜は割り増し)に応じて利用料が追加されます。

 

上記は、利用者さんが支払う料金ですので、この料金の×10が事業所に報酬として入ってきます。

 

だいたい、みなさんの時給は、

身体介護で1,300~1,700円

生活援助で1,000~1,300円ぐらいでしょうか。

 

 

訪問介護で働く人達は?

 

・管理者

・サービス提供責任者

・ホームへルパー

・事務員(レセプト請求業務、総務)

 

みなさんが、就職すると、直属の上司は、「サービス提供責任者(サ責さん)」になります。

このサービス提供責任者になるには、資格(介護福祉士、実務者研修修了、ヘルパー1級)と経験が必要です。

 

サービス提供責任者は、主に、他と連携を取りながら訪問介護計画書を作成すること、ホームヘルパーへの技術指導・情報の共有、実際の訪問といろいろな業務をしています。

初めて訪問に行くときは、だいたいこのサービス提供責任者が一緒に同行をして、具体的な内容について、話をしてくれると思います。

基本的には、日々の報告や悩みなどは、サービス提供責任者に相談すると良いでしょう。

事業所の頼りになるリーダーです。

 

今回は、ホームヘルプサービスについて、お話をしました。


The following two tabs change content below.
橋谷創(スクナクリエイト代表/社会保険労務士・介護福祉士)

橋谷創(スクナクリエイト代表/社会保険労務士・介護福祉士)

医療法人で人事・総務・行政対応等、総務人事全般を経験。実地指導や監査対応も場数をこなし、対応策などについては独自の視点も交えながら的確なアドバイスに定評あり。また、ディマティーニ・メソッドの導入により、介護現場のモチベーションアップを後方支援。マネジメント研究に日々取り組んでいる。