【45,000円でお盆のお坊さんをご紹介】初盆・新盆法要サービス


お葬式のあと、初めてのお盆を初盆、または新盆といいます。
故人のために、お坊さんをお招きして法要を執り行うのが一般的ですが、中には菩提寺がなくて誰に頼めばいいかお困りの方もいらっしゃいます。
そんなお悩みにお応えして、葬儀社紹介サイト「いい葬儀」を運営する株式会社鎌倉新書では、「初盆・新盆の僧侶(お坊さん)ご紹介サービス」を開始しました。

 

初盆・新盆の僧侶(お坊さん)ご紹介サービスとは

亡くなって四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆を初盆、または新盆といいます。
故人がはじめて戻ってくるお盆ということもあり、喪家ではお坊さんをお招きして故人のために法要を営むのが一般的です。

この時、菩提寺がある場合には菩提寺にお願いをしますが、困ってしまうのが、菩提寺がない場合です。
お葬式の時には葬儀社にお坊さんを紹介してもらうということもありますが、お盆となるとなかなか頼みにくいという声もあるようです。

「初盆・新盆の僧侶(お坊さん)ご紹介サービス」では、菩提寺がなく、初めてのお盆でお坊さんへの依頼の仕方がわからないという方に、「いい葬儀」が代わってお坊さんへ依頼、ご紹介します。

* 首都圏を中心とした関東、また関西地域でのご紹介となります。詳しくはお問い合わせください。
お問い合わせ:「いい葬儀」お客様センター(0120-961-804)

 

初盆・新盆法要のお布施からお車代まで全部含めて定額45,000円

 

また、はじめてのお盆法要のばあい、お布施の相場がわからないという方も多数いらっしゃいます。本来、お布施はお気持ちであって、金額が定められるものではありません。故人や喪家と菩提寺との関係によってお渡しするものです。

しかし、最近では「菩提寺がない」または、菩提寺はあっても「実家を離れてから何年も菩提寺と連絡を取っていない」というように、お寺との関係が希薄になってしまっているケースも、特に都市部を中心に数多く見受けられます。お布施にいくら包めばいいのか、経験もなく、周りに教えてくれる人もいません。

このようなお悩みから、「初盆・新盆の僧侶(お坊さん)ご紹介サービス」では、お坊さんへのお布施は一律45,000円です。それ以外、お車代、ご膳料、お心づけなどの費用は一切かかりません。

ご興味のある方は、「いい葬儀」お客様センター(0120-961-804)まで、お気軽にお知らせください。

 

 


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。