お悔やみメールの文例集:気をつけたいマナー・ポイントなど


遺族の方々に対し、故人の死を悼む気持ちと励ましの意味を込めて述べるお悔やみの言葉は、基本的に直接会って伝えるものです。一方で、電子メールやSNSなどのより迅速で簡便な伝達手段が発達した現代においては、関係性や状況によってはメールでお悔やみの言葉を伝えても問題ないとされています。

そこで、お悔やみを伝えるに際して、送る時に気をつけたいマナーや、実際に使える例文などを交えてご紹介致します。

お悔やみをメールで伝えることはマナー違反にならない?

「お悔やみをメールで伝えるのは失礼に当たらないだろうか?」というのは気になる点だと思います。

実際、お悔やみの言葉をメールで伝えるのは略式であり、正式な形ではありません。

一方で、受け取り手にとっては「そっとしておいてほしい」という気持ちがあるのも確か。必ずしも正式な形でなくても、励ます言葉を届けるだけであれば、メールでも一向に構いません。

ただし、相手があまりメールをご覧になられない方は届くタイミングがお葬式などが全て終わった後になることもあります。そういった場合には、メールは避けて弔電などのほうがタイムリーに届けられるでしょう。

お悔やみをメールで伝える際の注意点

お悔やみのメールを送る際は、通常のメールに比べ、少しだけマナーに気を配ったほうが良いです。

件名は、お悔やみのメールであると分かるように、かつ簡潔に書くようにしてください。

おそらく、たくさんのメールがご本人に届けられていると思います。件名に自分の名前を記載することは相手にとって見やすくなる気遣いといえます。

本文も、件名と同じく簡潔さを意識し、時候の挨拶などの前置きは書かず、相手に時間を取らせないようお悔やみの言葉を手短に伝えるようにします。

数行ずつで区切ったり、空白行を入れるなど読みやすさも意識しましょう。

加えて、弔意を示す文書なので、故人や遺族の方への敬称も、普段よりすこし丁寧な言葉遣いを心がけましょう。例えば、「夫」ではなく「ご主人様」、「ママ」ではなく「お母様」など。

 

通常、弔電ではお父さん、お母さんのことは「御尊父様」「御母堂様」といった尊称で記載します。メールにおいても同じ表現を使うことは全く問題ありません。関係性によってちょっと硬すぎると思う場合は、「お父様」「お母様」といった呼び名で書いても差し支えありません。

 

丸で囲んだ英数字やローマ字、単位や数学記号といった機種依存文字、および絵文字は文字化けの原因になるので使用は控えましょう。

また、通常のお悔やみの言葉を述べる際と同様、忌み言葉を使わないようにしてください。

・「重ね重ね」「まだまだ」「いよいよ」のような重ね言葉

・「これからも」「この先も」「追って」といった言葉は不幸が繰り返すことを連想させる言葉

・「死亡」「亡くなった」や、「ご存命」「生きていた頃」などの生死に関する直接的な言い回し

には注意が必要です。

さらに、「死」「苦しみ」を想起させる言葉や数字の「4」「9」、「消える」「大変なことになる」といった不吉と捉えられかねない表現は控えましょう。

どのような文面で送ればいいか分からない!例文をチェック

以上のような注意点を意識して、実際に例文を紹介します。

友人などの場合

件名:遠野より、お悔やみ申し上げます。本文:

このたびはご主人様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。

遠方のため、駆けつけてあげられず申し訳ありません。

今は突然のことで何も考えられないこととは思いますが、

どうか気を落とさず、お身体に気をつけてください。

私に何かできることがあればいつでも連絡くださいね。

取引先・仕事関係の場合

相手が取引先の場合、件名には所属も一緒に記載します。シンプルな文面を意識し、相手に負担をかけないよう注意してください。

件名:【AA株式会社・営業部の佐藤より】お悔やみを申し上げます本文:

B株式会社 営業部 山田様

ご身内にご不幸がおありだったと伺い、大変驚いています。

都合でご葬儀に伺うことができず、申し訳ありません。

メールにて甚だ失礼ながら、お悔やみ申し上げます。

心から哀悼の意を表します。

訃報をメールで受け取った時の返信はどうすればいい?

訃報連絡の返信をメールでする際には、簡潔な文章の中で故人の死を悼み、遺族を励ますことが必要不可欠です。

大切な人を亡くされた遺族の方の気持ちに寄り添い、丁寧な言葉遣いを意識してください。忌み言葉の使用だけでなく、だらだらとした長文や同じ言い回しを繰り返すのも印象を悪くするので注意が必要です。

また、メールを受け取った際の状況によっては、注意するポイントが異なることもあるので気を付けてください。

病死の場合、死因について詳しく尋ねることは遺族の心を傷つけることになるため、絶対に避けるようにしましょう。

事故死や急死の場合は、急に大切な人がいなくなってしまった遺族の心を気遣うことが大切です。故人が友人であれば、自分も同じように悲しんでいることを伝え、遺族の方と悲しみを共有することが心を気遣うことにもなります。メールの送り主と特に親しい間柄であれば、多少砕けた文章でも問題はありません。

読み返した際に味気ない印象だったのならば、サポートの申し出などで相手を思いやったり、遺族の心に共感していることが伝わるような文章を加えるのも良いでしょう。

お悔やみの言葉はシチュエーションに応じて選ぼう

お悔やみの言葉は、あなたと故人や遺族、および故人と遺族の関係性やシチュエーションに応じて、自分の言葉で端的に伝える必要があります。

これに対し、メールを用いれば自身の気持ちや想いをすぐに伝えることができ、相手も都合の良い時に読めるという利点があります。形式を重視することも大切ですが、素直な気持ちを伝えることが何より肝心なので、自身の立場をしっかりと見極めた上で、こういった手段を活用するのも良いでしょう。

 

5/5 (1)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。