「まじめでトラブルなく」=逮捕の老人ホーム元職員-運営会社


 東京都中野区の老人ホームで居住者の男性=当時(83)=が死亡した事件で、ホームを運営する「ニチイケアパレス」(千代田区)の秋山幸男社長らが14日、同社で記者会見し、殺人容疑で逮捕された元職員皆川久容疑者(25)について「まじめでトラブルもなかった」と説明した。

 秋山社長らは冒頭、「入居者、ご遺族には誠に申し訳ない。深くおわびしたい」と謝罪。皆川容疑者の勤務態度については、「非常にまじめでおとなしかった。欠勤や遅刻もなく、他の職員や施設内でのトラブルも確認されていない」と話した。

 同容疑者は事件翌日、施設側の聞き取りに「非常に大変なことをやってしまった」と泣き崩れたという。約1カ月後に退職した際は「介護に対する自信がなくなった」と話していたと明らかにした。

 同容疑者は警視庁の調べに、死亡した藤沢皖さんが排せつの失敗で何度も布団をよごすなどしたため、殺意が生じたと説明している。秋山社長は「藤沢さんに悪感情を持っていたとは聞いていない。夜間の排せつ失敗はこれまでもあった」と話した。

 事件を防げなかったのは「連絡体制の不備が問題」と指摘。原因を詳しく調査するため、社外の有識者らによる第三者委員会を設置すると表明した。

 皆川容疑者は8月22日未明、中野区白鷺の介護付き有料老人ホーム「ニチイホーム鷺ノ宮」の浴室で、湯を張った浴槽内に藤沢さんの口や鼻をつけるなどして窒息死させた疑いが持たれている。(了)


The following two tabs change content below.
時事通信社

時事通信社

時事通信社は、速報性と専門性を兼ね備えたニュースを新聞社、放送局だけでなく、金融機関、 官公庁、ポータルサイト向けなど、様々な分野に提供しています。