初盆の準備を教えます。迎えるにあたって覚えておきたいこととは?


初盆、という言葉を知っていますか。これは、故人が亡くなって49日を終えた後に初めて迎えるお盆のことを言います。故人はお盆になると里帰りをすると考えられているために、亡くなって初めてのお盆では華やかに飾り付けをして迎えるというのが一般的になっています。
しかし初盆といっても何をすればいいのか、どんな準備が必要なのかわからない方のほうが多いと思います。今回は、初盆の準備や迎え方、香典などについて詳しく見ていきたいと思います。

初盆って普通のお盆と何が違うの?

お盆の供養は毎年行われますが、初盆と普通のお盆では何が違うのでしょうか。
初盆は故人が亡くなって初めてのお盆ですので、盆棚と呼ばれる祭壇や盆提灯などで華やかに飾り付けてお迎えするのが一般的です。それに加えて、初盆では白提灯を玄関先や仏壇の前に飾ります。これは初めて里帰りする故人が迷わず帰ってこられるようにということと、白提灯の白木が清浄無垢を表し、初めてお迎えするのにふさわしいと考えられているためです。
また、宗派や地域によって違いますが、僧侶を自宅に招き読経をあげてもらい供養するのが一般的になっています。

新盆って何のこと?

新盆には2つの意味があります。
まず1つめは、初盆の別名をいう意味です。地域によっては「あらぼん」「にいぼん」などと呼び、初盆と同じく亡くなってから初めてのお盆のことを言います。
もう1つは、7月15日を中心に行われる供養のことを新盆といいます。新暦と旧暦で時期が異なりますが、この場合7月に行われる供養を新盆といい8月に行われる供養を旧盆と分けて考えています。現在では、一部の地域を除いてほとんどが8月のお盆、旧盆で供養を行っています。

49日の時期で初盆は翌年に!

初盆は通常49日後に初めて迎えるお盆になりますが、亡くなった時期によっては49日よりも先にお盆がきてしまうこともあると思います。その場合は一般的に、初盆は翌年のお盆に行うことになります。
これは、人が亡くなった場合49日間はあの世とこの世を彷徨いながら新たな生へと生まれ変わる準備をしていて、49日の法要で仏として極楽浄土に旅立つことができるという考えからきています。初盆は、仏になった故人が初めて里帰りをするお盆のことだとされているので、49日が終わった後に初盆を行うということになっているのです。
ただ、地域や宗派によっても考え方が変わってくるため、どのようにするのがいいのか供養をしてもらう寺などに相談するといいでしょう。

初盆の香典はどうしたらいい?

初盆に参列することになったけれど、香典はいくら包めばいいのか、表書きはどうするのか、悩んでしまうものだと思います
初盆の香典は一般的には、5千円~1万円が相場だと言われています。ただ、故人との関係によってその金額は増減します。たとえば、実の祖父母でしたら約5千円~1万円、実の親や兄弟であれば1万円~3万円程度になります。わからない時は他の親族や友人と相談して、金額を合わせるのが安心です。また、親族であれば提灯代などを出すこともありますので、準備しておくといいでしょう。
香典の表書きは「御供物料」「御仏前」「御佛前」を使います。提灯代の表書きには「御提灯料」と書きましょう。また、果物やお菓子などをお供えする場合は「御供物」「御供」と書いてください。水引は双銀・黒白・藍銀で結び切りが一般的です。
香典を渡すタイミングは、葬式のように受付があるわけではない場合が多いので、訪問時のあいさつの時に施主に渡すのがベストなタイミングです。

初盆に参列する際の服装は?

初盆は夏の暑い時期に行われますから、平服でと言われるパターンが多いと思います。平服と言っても普段着で良いわけではありません。その場にあった略礼服や黒を基調とした地味な服装がいいでしょう。男性ならばスーツや、シャツにベスト・ズボンを合わせたもの、女性ならばスーツやワンピースなどで訪問するのが礼儀になっています。
ただし、地域によって違いがありますので、あらかじめどんな服でいけばいいか確認するか、親族や友人などと相談して服装を合わせた方が無難です。

お供えへのお返しは?

初盆に参列していただいた方には、その後会食を用意しおもてなしするというのが一般的です。また、参列した方は香典や提灯代を持参してくることが多いので、引き出物も準備する必要があります。
引き出物の金額は、一般的には香典の半分から3分の1の金額だと言われています。2千円~3千円程度の引き出物を準備しておくといいでしょう。品物は食品(調味料やお菓子)や洗剤などの消えものが一般的です。定番で人気の品物としては、海苔・お茶・夏場によく食べるそうめんなどがあげられます。他に高価なお供え物や、香典の金額が高額だった場合は後日引き出物とは別にお返しをするといいでしょう。こちらも香典の金額の半分から3分の1程度の品物で大丈夫です。参列はされずに香典だけ送ってくださる方もいますので、そちらにはお礼状も添えて引き出物を送るのがマナーとなっています。
このように初盆には様々な準備やマナーがあります。故人が亡くなって初めてのお盆ですから、きちんと準備してお迎えをしましょう。それが故人への感謝を伝える機会にもなりますし、最大の供養にもなります。

5/5 (1)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。