お見舞いののし袋はどう書けばいい?行ってはいけないい時期とは?知ってるようでしらない、お見舞いのマナー。


親戚や友人、仕事関係者など病気やケガをしてしまった方のお見舞いをするというときがあります。突然のことに急いで何かしてあげたい気持ちが先走ってしまうものですが、一旦落ち着いて相手の気持ちになってお見舞いについて考えてみることも大切です。マナーを見直して、相手に負担をかけずに励ましてあげる方法を探しましょう。慣れていないことだと、気付かずにやってしまいがちなNGマナーも多いものです。
お見舞いの際は、病気やケガの治療中であるということを理解して、慎重になりましょう。

お見舞いに行っていいとき・悪いとき

お見舞いしたいという気持ちがあっても、入院中の方を思いやってお見舞いを控えた方が良い場合もあります。
お見舞いに適しているのは、病状が安定して、回復期に向かっているころがベストな時期でしょう。また、長期入院中であれば、暇で話し相手が来てくれると嬉しい場合もあります。この場合も、入院中の方の体調を把握してからが望ましいでしょう。
一方、お見舞いを控えるべき時期もあります。集中治療室などに入っていて面会制限があるときや入院直後や手術直後の急性期など、本人に面会によって負担がかかる時期は控えましょう。また短期入院のときも、検査や治療で本人も忙しいので、この場合は退院祝いをしてあげると喜ばれます。
また、小さな子ども連れのお見舞いは周囲の迷惑となることがあります。お孫さんなど入院している方が会いたがっている場合や会わせてあげたいと思う場合は例外ですが、通常は控えた方が好ましいでしょう。

いきなりのお見舞いはNG

患者さんに喜んでもらおうという気持ちから、いきなりお見舞いに行くのはあまり良くありません。事前にメールで病状の様子を聞いたり、ご家族に状態を聞いて、お見舞いに行ってもよいか確認しておくと良いでしょう。
お見舞いされる側も神経をつかうものなので、できるだけ相手の気持ちに配慮することが大切です。
入院中は検査や診察があったり、透析などが必要な方は半日ほど病室をはなれるケースもあります。病院によって面会時間はことなりますが、治療の多い午前中は避け、食事時間も避けた方が落ち着いた時間に会うことができます。
人によっては体が弱っているところを見られたくないという方もいらっしゃいます。女性の方だと、ノーメイクの姿を見せたくないという方も。そのため、事前連絡をしてから行くのがマナーです。

お見舞いのNGマナー

お見舞いの際、大勢で押しかけたりすることは、相手に負担をかけ疲れさせてしまうことになります。また病室に長時間いることも、回復期の患者さんの体力をうばってしまうので、長くても20分くらいの時間が望ましいでしょう。自分から帰るタイミングを切り出して、早めに退出すると良いでしょう。
大きい声で会話するのも他の入院患者さんに迷惑になります。子ども連れも騒がしくなってしまうため、できるだけ避けるのが好ましいです。
お見舞いに行く方の派手な服装や香水もNGです。基本的なことですが、携帯電話の電源をOFFにすることも忘れてはいけないマナーなので、病院についたら忘れずに携帯電話の確認をしましょう。
突然病室に入るのではなく、ナースステーションで受付を済ませると良いでしょう。

お見舞いの品物は何がいい?

お見舞いの際の品も何が良いか悩むところですが、お金を包むなら、一般でしたら3,000円~10,000円、親戚は5,000円~10,000円、友人は5,000円、会社関係は3,000円という額が相場です。4や9の入る金額は避けましょう。目上の方にお金を渡すのは失礼になることもありますので、他の品物へ変えるなどの工夫も必要です。商品券などにして対応することもできます。お見舞金を渡すなら、帰りがけのタイミングの方がスムーズに渡せるでしょう。
のし袋はお見舞い専用封筒が販売されていますが、白い封筒でも良いでしょう。表書きは「お見舞」や「祈御全快」。目上の方の場合「御伺い」と書きます。のしをつける場合は、蝶結びの「水引き」はマナー違反です。「結び切り」を使用します。
品物で贈る場合は、入院中に使える生活必需品が喜ばれるでしょう。また本や雑誌など、ベッドで無理なく気分転換できるものも喜ばれます。
食べ物などの贈り物は、病気や治療薬の関係で食べられない場合があるので、確認してから持っていくと良いでしょう。
お花の贈り物も喜ばれますが、注意点がいくつかあります。まず、鉢植えの花は避けましょう。「根付く」ものはお見舞いには適しません。フラワーアレンジメントは大丈夫です。
また香りが強い花も刺激があるものになるので控えるようにします。赤いバラやシクラメン、椿や菊といったお花も負のイメージを持つのでやめましょう。

会話の内容にも気を配って

お見舞いのときには会話の内容に気をつけましょう。相手の症状について深入りしたり、不安な気持ちになることにはなるべく触れずに、現状の様子や入院中の困った話などを聞いてあげましょう。また、「頑張って」など無理に励まさないのも大切です。
同室の患者さんがいる場合は会話の内容にも気をつける必要があります。後で居心地の悪い空間をつくらないようにお見舞いされる方の気持ちになってお話をしましょう。
大変な状態を見て泣いたりするのも相手を悲しくさせます。相手が元気になるよう、明るい気持ちでポジティブな内容の話をするように心がけます。
時と場合を見極め、患者さんの気持ちに配慮しマナーのあるお見舞いをすれば、患者さんもうれしい気持ちになり、元気になろうという力が湧いてきます。回復してもらうためにもマナーのある対応と心配りをしましょう。


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。