はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

返礼品

お葬式の後から必要なこと

香典のお返しはどこで手配するの?返礼品の選び方

最近はネット環境が整備されてきたこともあり、香典返しをネット上で申込・決済までできるデパートやギフト専門店、仏事専門店などが増えています。こうした香典返しは、いちいち店舗まで出向かなくてもよいという利点があります。また、香典返しのカタログギフトも人気があり、何が定番かを知らなくても相手に好きなものを選んでもらえばよいので贈る手間が省けます。ここでは香典返しの品物やタブーについて紹介します。
法事・法要

【喪主の知識】最近のトレンドは?法事・法要の引き物の相場とマナー

一周忌や三回忌といった年忌の法事(年忌法要)では、参列者に対して「引き物」と呼ばれる手土産をお渡しするのが一般的です。 結婚式のような喜ばしい場面ではないため、手元に残る品物は避け、食べたり使ったりして無くなってしまう消耗品や実用品が望ま...
葬儀

【参列者へのお礼】「会葬御礼」と「香典返し」の違い、ご存知ですか?【葬儀の知識】

葬儀に参列する時のマナーには、さまざまなものがあります。その中で特に「お礼」に関してはマスターしておきましょう。
葬儀

香典返しにプラモデル?欲しいモノがもらえるカタログギフトの返礼品

お葬式に参列して、お香典をお渡しして、そのお返しが高級食材だったり、エステだったり、プラモデルだったり……、すごいことになっているようです。そこで今回、参列者の好みにあわせて選べる香典返しのカタログギフトを出す株式会社マイプレシャスに、最新の返礼品事情についてうかがいました。葬儀の"今"がわかる「いい葬儀マガジン」
葬儀

【行ってきました】世田谷発!返礼品にぴったりな新食感の焼き菓子“HOROHORO(ホロホロ)”

東京・世田谷区から、地域と社会福祉法人とが一体になって生まれた、新食感のお菓子「HOROHORO(ホロホロ)」登場。口どけが良くて、小さな子どもから高齢者まで、美味しくいただけて、返礼品にもピッタリ。オリジナルパッケージや、メッセージカードなども自由に組み合わせることができます。葬儀の”今”がわかる「いい葬儀マガジン」
終活

【行ってきました】3.11 チャリティーイベント in セレハウス谷原

東京・練馬区にある葬祭ホール「セレハウス谷原」(株式会社ニチリョク・愛彩花)で、2016年3月11日、東日本大震災復興支援チャリティーイベントを開催しました。自宅のようにくつろげる3階建の「家」のような葬祭ホール。もしもの時には一棟、まるごと借りれるレンタルスペースです。葬儀の“今”がわかる「いい葬儀マガジン」
葬儀

【驚愕】スイーツ人気はここまで来た! 専門家が語るイマドキのお葬式返礼品事情

お葬式の香典返し。一昔前までは、お葬式の返礼品と言えば、「海苔」や「お茶」が代表的格でした。でもこの数年、返礼品の世界に変化が訪れています。百貨店や高級洋菓子店などが扱うスイーツを選ぶ喪家が増えているようです。特に首都圏ではこうしたスイート返礼品が5割を超えると言われています。葬儀の“今”がわかる「いい葬儀マガジン」
葬儀

【香川発】返礼品にお米をどうぞ

すぐに食べれるお米。葬儀の新しい返礼品“OTAKIAGE”をご紹介しています。返礼品をはじめ、お葬式にはさまざな慣習があり、地域ごとでも特徴があります。でもお米は全国共通、古くから日本人を支えてきた大切な主食です。故人からの最後の贈り物としてお米を送る、新しい文化が生まれるかも。葬儀の“今”がわかる「いい葬儀マガジン」
葬儀

【発見】お葬式を安くすませる意外な方法

【お香典で葬儀費用の負担を減らせる?】お金をかけたくないから“とにかく小規模なお葬式”を希望する方がいます。でも、大勢の方に集まってお葬式をした方が、実際の持ち出しが少なくすむ場合もあるようです。お香典の意味、役割について“喪家の費用負担を抑える”、お金の視点からご説明します。葬儀の“今”がわかる「いい葬儀マガジン」
これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す