はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

訃報

基礎知識

SNSでの訃報連絡・書き方について

近年、SNSが普及し、SNSで訃報の投稿や連絡をする人が増えてきています。すぐに多くの人に拡散できるので、素早く知らせたい訃報に適した面もあります。しかし、SNSでの連絡はまだまだ賛否があるのが現状です。そこで今回は、SNSで訃報を知らせる...
参列のマナー

今さら聞けない!お悔やみの知らせに対するメールでの返信方法

友人や知人の訃報がメールで届く場合があります。 マナー上では正式なものではありませんが、関係性や状況によってはメールで返信しても問題ありません。 いざお悔やみのメールを受け取った場合、返信するのは意外と難しいものです。 人が亡くなっているの...
基礎知識

死亡通知状について。送るタイミングと内容、注意点

お葬式の準備に必要なこと

新聞の訃報広告。出し方と広告料

新聞に掲載される訃報広告ですが、いざ自分で依頼するとなると、意外と知らないことがあるものです。今回は、訃報広告の申し込み方や注意点、料金の目安や例文などをご紹介します。訃報広告の特徴は地域によって異なります。広告掲載を検討する際の参考にしてみてください。
お葬式の準備に必要なこと

訃報連絡の方法と書き方・文例

訃報の連絡手段として、以前は新聞や電話、電報などが一般的でした。また、近隣住民に知らせる場合は、回覧板なども使われていました。最近ではメールやSNSなどで連絡する人もいます。訃報を伝える手段に決まりはありません。日ごろ連絡を取りやすい方法で伝えるのが効率的ですが、一方でメールやSNSでの訃報に抵抗を感じる方もいますので、充分に配慮し失礼にあたらないように気をつけましょう。

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合カタログをプレゼント!

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。
葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。
資料請求
葬儀

急な葬儀の知らせに、スマホで弔電!供花・供物の発信も簡単。「tsunagoo(つなぐ)」

遺影写真の作成・加工サービスの株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、福田幸雄社長)は、スマホで訃報を知らせる新サービス「tsunagoo(つなぐ)」を開始しました。 訃報のお知らせから、弔電送付、さらに供花や供物の発注までをスマホで簡...
お葬式の準備に必要なこと

家族が余命宣告を受けたら、かけてあげたい言葉や準備すべき7つのこと

家族が余命宣告を受けた時、どんな言葉をかけるべきなのか迷う方も多いのではないでしょうか?残りの時間をよりよく過ごしてもらうために家族としてできる準備やどのような心構えで過ごせばいいのかなどを考えていきます。
お葬式の準備に必要なこと

危篤状態とは?親や家族が危篤のときの心構えや連絡範囲、準備すべきこと

家族や親族が危篤という連絡を受けた場合、多くの人は非常に大きなショックを受けるものです。しかしまずは落ち着いて回復し持ち直す事を祈りつつ、必要な方への連絡方法や配慮するべきことや残念ながらお亡くなりになってしまった際に必要なこと、出きることをご紹介します。
基礎知識

訃報が届いたら… 弔問の手順とマナー。服装は?ご挨拶の言葉は?

思いもかけない訃報を受けた時にはどうしても動転してしまうものです。そのため、お悔やみの言葉を述べたくともなかなか言葉が出てこないこともあります。しかしそんな時でも、相手に対する思いやりは忘れないようにしたいものです。弔問に際しては失礼のない...
葬儀

蜷川さん、鳩山さん、プリンスさんなど。2016年に亡くなられた方【まとめ】

2016年にご逝去、またはご逝去が報じられた方々をまとめました。 リンクはWikipediaです。 2016年1月 2016/1/1 文芸評論家 佐伯彰一さん 2016/1/2 米作曲家 ブラッド・フラーさん ...
  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す