はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

葬儀費用

喪主の心得

葬儀費用の相場を徹底比較|お葬式の形態で異なる通夜/火葬/お布施等の費用を12のポイントでチェック

葬儀費用の相場を、葬儀の形態別(家族葬/一日葬/火葬式/一般葬など)に最新のデータを基に「いい葬儀」のベテランスタッフがその内容と費用(お通夜、告別式、火葬、会食の料金、お坊さんへお布施等)を解説します。

終活

【家族に費用負担はかけない!】葬儀保険の概要と保険料

自分の葬儀費用について、遺された家族にできるだけ経済的な負担をかけたくないという方も多いのではないでしょうか。 日本消費者協会が2014年に実施したお葬式についてのアンケート調査によると、お葬式には平均で188万9千円ものお金がかかること...
お葬式の準備に必要なこと

【初めての喪主】どうする?!葬儀場の宿泊施設と費用負担【遠方の親族への配慮】

遠方から親族が葬儀に参列する場合、それに伴う宿泊にかかる費用は誰が負担すれば良いのでしょうか。 また、葬儀場の宿泊施設と一般のホテルではどちらを選べば良いのでしょうか。 親族同士であってもお金に関する問題は後々大きくなることもあります。故人...
基礎知識

葬儀費用を押さえたい。追加料金を断るにはどうしたら?葬儀を安く済ませる方法を教えます

お葬式は突然必要になるものです。葬儀会社にお任せすることもできますが、何も分からないまま任せきりにしていると、不必要に盛大なプランを提案されて高額になってしまったり、オプションを次々追加されて費用が膨らむといったトラブルに見舞われることがあ...
通夜・お葬式で必要なこと

葬儀のための積立について

葬儀とは、故人の死を弔うために行われる式のことです。その内容については宗旨宗派や地域性、また故人の遺志や遺族の考え方によっても大きく異なります。 ひと昔前までは葬儀費用は不明瞭といわれていた時代もありましたが、近年では見積もりを出す...

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合カタログをプレゼント!

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。
葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。
資料請求
通夜・お葬式で必要なこと

葬儀費用の支払い方法について

基礎知識

満足できる直葬とは?後悔しないお葬式をするために押さえておきたいポイント

直葬とは、通夜や葬儀告別式など、お葬式の儀礼に関わることを省いた、火葬をメインとしたお別れです。ごく近い親族のみで送るのが一般的です。宗教的な儀式も行われないため、僧侶をはじめ宗教者も呼びません。ほかの葬儀を比べ費用を安く抑えることができる...
終活

故人の銀行口座の凍結 ~死亡後に口座が凍結されたら?~

基礎知識

JA(農業協同組合・農協)の葬儀とは?特徴・費用・流れ

通夜・お葬式で必要なこと

【格安の葬儀プランに要注意】 納得した葬儀にするために気をつけること

最近では、低価格で葬儀をする人が増えています。 葬儀は決して安いものではないので、費用を抑えるのは決して悪いことではありません。 しかし、中には格安で葬儀を行ったために後悔してしまった人もいます。 ここでは、納得した葬儀にする...
お葬式の準備に必要なこと

葬儀社の見積りのとり方と確認すべき注意点

葬儀の見積りとは、お葬式にかかる費用の中でも、特に葬儀社に依頼する部分について見積りを指すのが一般的です。斎場使用料や祭壇、棺など葬儀に必要な備品にかかる費用、故人を搬送する際の車両代、また葬儀スタッフの人件費、飲食・返礼品の費用などです...
基礎知識

病院から紹介された葬儀社には注意!困った時の上手な断り方とは?

葬儀社が決まっていない時には、病院が葬儀社を紹介してくれることがあります。病室から霊安室までの移動や、死後の簡単な処置を行う中で、搬送や安置、葬儀の説明をします。病院に入っている葬儀社は必ずしも1社とは限りません。複数の葬儀社が病院と提携し、ローテーションを組み、順番に待機しているということもあります。
お葬式の準備に必要なこと

【安価なだけで決めないで】葬儀の比較・選び方のポイント

葬儀後に見積額を上回る追加料金を請求されたといったトラブルの背景には、お葬式の変動費があります。参列者の人数によって変化するため、見積りと請求書の間に差が生じたり、お布施など葬儀社の見積りには記載されない費用も発生します。打合せの際に、見積りに書かれた金額以外に必要なものは何があるのかを、確認しましょう。葬儀社とのコミュニケーションの不足から、後々のトラブルにつながってしまうケースもあります。打合せの後でも、気になる点は葬儀社に確認を取ることが大切です。
基礎知識

市民葬・区民葬とは – メリットとデメリット

市民葬・区民葬とは、自治体が住民へのサービスの一環として行っている葬儀プランです。葬儀の一部分について自治体と協力する葬儀社とで協定料金を定めているため、葬儀費用は比較的安く抑えられます。一方、市民葬・区民葬のプランに含まれないものはすべて追加での発注となるため、最終的な葬儀費用はまちまちです。
お葬式の準備に必要なこと

危篤状態とは?親や家族が危篤のときの心構えや連絡範囲、準備すべきこと

家族や親族が危篤という連絡を受けた場合、多くの人は非常に大きなショックを受けるものです。しかしまずは落ち着いて回復し持ち直す事を祈りつつ、必要な方への連絡方法や配慮するべきことや残念ながらお亡くなりになってしまった際に必要なこと、出きることをご紹介します。
通夜・お葬式で必要なこと

葬儀費用を安く抑える方法

「葬儀ってなんとなく高そう」という程度の認識しか持っていない人もいるかもしれませんが、実際いくらくらいかかるものなのでしょうか? この記事では、葬儀費用を抑えるポイントや、葬儀費用の相場、費用を抑えた場合の注意点などをご紹介していきます。
通夜・お葬式で必要なこと

家族葬の費用相場は?

家族葬という言葉もすっかりと定着し、今では都市部だけでなく全国的に家族葬を依頼する人も増加しています。ここでは費用の面を中心に家族葬の相場やメリット、デメリットについてご説明します。
基礎知識

密葬 – 特徴・費用相場

密葬とは、本葬を行うことを前提とし、ごく近しい身内のみで内々に行われる葬儀や、葬儀があることを広く知らせずに行う葬儀を言います。 一方、本葬とは、密葬に対して、多くの参列者を見込んだ葬儀・告別式やお別れ会といった儀式や式典のことです。社葬や団体葬など、かつて本葬といえば、著名人を中心に行われてきたという印象も強いかもしれません。しかし、近年では本葬の有無にかかわらず、葬儀があることを広く知らせず、ごく近しい身内だけで行う葬儀を密葬と呼ぶことも増えています。
基礎知識

直葬・火葬式について。費用の相場、直葬を選ぶ理由とは?

直葬とは、通夜や告別式を行わず、僧侶をはじめとした宗教者による、読経などの宗教儀式を省いたお別れのかたちです。 「ちょくそう」または「じきそう」と読みます。通夜や告別式を行わないため、亡くなるとすぐに火葬となることから、火葬式と呼ばれる場合もあります。
葬儀

通夜、葬儀・告別式の後はいったいどうなる?生花祭壇の花の行方

お葬式と言えば、まず思い浮かぶのが、きれいな花で飾られた祭壇。 以前は日本全国、どこでも白木祭壇が当たり前という時代もありましたが、1990年代以降、葬儀会館でお葬式が行われるようになるにつれて、花祭壇、生花祭壇というように、花で飾っ...
葬儀

葬式代を払うのは、だれ?

お葬式にかかる費用、鎌倉新書が行なった「第2回お葬式に関する全国調査」では、全国平均で約119万円くらいです。 でもこのお金、一体誰が支払うものなのでしょうか? 今回はお葬式のお金と、「喪主(もしゅ)」と「施主(せしゅ)」の関係...
葬儀

【第一回お葬式に関する全国調査】葬儀の飲食にかかった費用

「(お葬式の)飲食にかかった費用」(地域別平均) 「第一回お葬式に関する全国調査」より お葬式の費用の中でも、変動費と呼ばれるのが、飲食と返礼品にかかる費用で、会葬者の人数によっても大きく変わるものです。 お葬式の...
  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す