はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

看取り

喪主の心得

臨終後の儀式「末期の水」とは?正しいやり方とタイミング

末期の水とは、死に水をとるとも呼ばれ、臨終に立ち会った人たちが故人の口に水を含ませる儀式のことをいいます。由来は、お釈迦様が最後に水を含んで安らかにあの世に旅立ったという故事にあります。現代では医師から臨終の宣告を受けてから行う最初の葬送儀式です。箸や筆の先端に脱脂綿などを固定して水を含ませ、その場にいる遺族が、故人の唇を濡らしていきます。
終活

在宅で看取りをするための準備について

近年、高齢者の5割以上が自宅での最期を望んでいます。住み慣れた家で、大切な家族と一緒に最期を迎えられることは、在宅死の大きなメリットです。しかしその半面、家族にとっては精神的にも肉体的に大きな負担が伴います。ここでは、在宅で看取りをしたい人のために、準備や心構えについて紹介していきます。
終活

在宅での看取りについて知っておきたいこと

病院ではなく住み慣れた我が家で最期を迎えたいと願う人は数多くいます。在宅で家族を看取りたい時にはどのような問題点があるのか、自宅以外の選択肢である施設での看取りはどのようなメリットがあるか、在宅での看取りを実行する場合に準備しておくべきことは何かについてお伝えします。
終活

訪問看護とは?依頼までの流れと利用料金の目安

基礎知識

解剖の種類について。正常解剖・司法解剖・行政解剖・病理解剖その目的と特徴は?

人体の解剖には、大きく分けて正常解剖・司法解剖・行政解剖・病理解剖の4種類があります。それぞれ目的や法律上の扱いが異なり、実施に遺族の承諾が必要かなど、あらかじめ知っておくべき点もいくつかあります。この記事では、4種類の解剖の特徴や違いについて解説します。
終活

“自宅で最期”が理想!在宅看取りにおける臨終までの変化

在宅看取りを希望される方が増えており、介護をする家族の不安や負担は少なくありません。最期のときに近づくと、本人に「どこが痛いのか」「どうして欲しいのか」と聞いても答えられないこともあり、家族は不安がつのります。そこでこの記事では、少しでも家族の心配をなくして看取りまでの心構えができるよう、臨終までに起こりうる症状の変化について具体的にご紹介しています。
基礎知識

自宅で臨終を迎えた場合どうすればいい?在宅看取りの注意点

自宅で亡くなった場合は主治医に連絡して死亡診断書を取るなど、病院で亡くなった場合とは異なる手続きや対応が必要です。また、主治医の到着まで遺体に不用意に触れてはいけないといった注意点もあります。そこで、自宅で亡くなった場合に必要な手続きや注意点について紹介しています。
基礎知識

検死とは?検視・検案・解剖の違い。自宅で亡くなった時の対応は?

自宅で家族が亡くなった場合、警察や監察医などによる検死が必要になることがあります。そんなときに慌てないように、「検死とは何か」「検視や検案との違いは」「自宅で家族が亡くなったときはどのように対応するのか」など、検死について詳しくご紹介します。
介護

自分たちに合った看取りを!介護施設の選び方

自宅ではなく、介護施設で最期を看取ることになった場合、何を基準に選べばいいのでしょうか?
終活

在宅で看取りを行う!訪問看護支援体制

人生最期の時間をいかに幸せで自然に迎えられるかを考える人が増えています。
これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す