火葬

全国各地のお葬式事情

青森県のお葬式入門/お通夜の前に火葬?初めてでもあわてない

青森県のお葬式について、火葬、通夜、葬儀の流れや、お葬式の後の取り越し法要、納骨の方法、位牌段など地域の習わしを解説しています。青森県の葬儀費用の平均など参考資料も掲載しています。
お葬式用語解説

骨葬とは?特徴や流れなどについて解説

法事・法要・仏事の知識

日本の火葬の歴史について

火葬とは、故人の遺体を焼却し、残った遺骨を葬る方法で、現在の日本では主流となっています。今や当たり前のように行われている火葬ですが、古くは土葬が主流でした。 火葬が日本でいつから広がり始めたのか、どのように普及していったのかを時代を...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

火葬後の骨上げの方法

骨上げとは、火葬後に箸で遺骨を拾い上げ、骨壺に収める儀式のことです。納骨と混同されますが全く別の儀式です。一般的に親族で執り行うもので、故人と縁の深かった順で遺骨を拾い上げます。 骨上げにはどのようないわれがあるのか、その意味や手順...
お葬式の準備で必要なこと

遺骨の引き取りの権利は誰にある?法律上の観点から徹底解説

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント!

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。
葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。
資料請求
お葬式の準備で必要なこと

葬儀費用の相場を徹底比較|お葬式の種類で異なる通夜/火葬/お布施等の費用を12のポイントでチェック

葬儀費用の相場を、葬儀の形態別(家族葬/一日葬/火葬式/一般葬など)に最新のデータを基に「いい葬儀」のベテランスタッフがその内容と費用(お通夜、告別式、火葬、会食の料金、お坊さんへお布施等)を解説します。

お葬式の後で必要なこと

収骨の方法

お葬式用語解説

環骨勤行とは

お葬式ニュース&コラム

【火葬研の男】プロに聞いた! 火葬のとき、棺に入れちゃうと“まずい”もの

お葬式の出棺の際には、お花とともに、故人が愛用していた品々、副葬品を棺の中に入れます。しかし火葬をするということを考えると、棺の中に「入れてはいけないもの」と「入れない方が良いもの」があります。火葬炉の設備にもよりますが、溶けてしまうもの、燃えにくいものなどは避けた方が無難です。
お葬式用語解説

野辺送りについて

お葬式の準備で必要なこと

友引にお葬式は避けるべき?お通夜・告別式・火葬の日程について

友引とは六曜の一つで、本来は引き分けという意味ですが、友を引くと書くことから「故人が友を引いていく」「不幸が連鎖する」といった印象を持つ方もいるようです。そのため、この日には葬儀を行わないという習わしがありましたが、最近ではあまり友引にこだわることも少なくなっているようです。

お葬式ニュース&コラム

自分に“もしも”のことがあった時には、一緒に火葬してもらえる納骨ペンダント

故人の遺骨を少し身近に遺して、日々の生活の中で大切な人を偲ぶ手元供養。 最近では、部屋にも飾れるデザイン性の高いミニ骨壺や、日ごろ身に着けることができるペンダントなど、さまざまなタイプのものがあります。 でも、将来、あなた自身が...
お葬式ニュース&コラム

【仰天】富山に新しい葬儀の風習が生まれた? 火葬研大会開催

一般社団法人火葬研(東京都千代田区、八木澤壯一会長)は2015年11月11日、東京・千代田区の公益社団法人神田法人会会議室にて、火葬研大会――研究発表会2015――を開催しました。 火葬研というとあまりなじみの薄いものかもしれませんが、火...
お葬式ニュース&コラム

副葬品に込められたさまざまな思い【お葬式あらかると】

故人と一緒に埋葬されるものを副葬品といいます。昔はあの世での生活に困らないように納められたり、または死後の復活を信じて納められたり、権力者の場合はその地位に相応しいとされる金銀財宝が埋葬されたものでした。 副葬品は考古学的にみても埋...
  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す