はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

火葬

喪主の心得

骨葬とは?特徴や流れなどについて解説

一般的な葬儀と異なり、葬儀の前に火葬を行う葬儀の形式を骨葬と言います。地域の風習や、遺体の状況に問題がある場合や、故人が有名であり大規模な葬儀を行うのに準備が必要な場合などに行われます。この記事では骨葬について、メリットやデメリットを併せて解説します。
基礎知識

日本の火葬の歴史について

土葬が主流だった日本に火葬が普及した様子を説明しています。特に仏教の普及とともに火葬が広まったこと、平安時代に皇族、貴族、僧侶などに普及し、鎌倉仏教の普及で庶民の間にも火葬が広がったこと、江戸時代には都市部で寺院や墓地に火葬場が設置されるようになったことなど、各時代の背景とともに説明していきます。
基礎知識

遺骨の引き取りの権利は誰にある?法律上の観点から徹底解説

故人の遺骨にも誰が所有をすべきかというある程度の取り決めがあり、それによって所有権が決まります。ここでは法律上の定義から、「遺骨の引き取りの拒否ができるのか・相続放棄した際の遺骨の引き取りの権利はどうなるのか」などの権利について解説いたします。
お葬式の後から必要なこと

環骨勤行とは

環骨勤行は、葬儀の最後に行われる儀式です。火葬が終わり骨上げした遺骨をもちかえり、僧侶による読誦などを行い、用意した後飾り祭壇へ遺骨を安置します。この記事では、環骨勤行とはどのようなものなのか、具体的に詳しく紹介します。
基礎知識

野辺送りについて

野辺送りとは、葬式の後で故人の遺体を火葬場や埋葬地まで送ることをいいます。霊柩車で運ぶことが多くなった今日では聞きなれなくなった言葉ですが、かつては日本の葬儀でもっとも重要な儀式の1つでした。この記事では、野辺送りが持つ伝統的な意味や、葬列の内容、またお現代の葬儀にどのように反映されているかについて説明します。
通夜・お葬式で必要なこと

葬儀の心づけとは?

葬儀における心づけは、いつ、どのように渡せばよいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。「そもそも心づけとはどういうこと?」「相場はあるの?」「目安はどのくらい?」など、心づけに関する疑問や不安について、詳しくお答えします。
基礎知識

友引にお葬式は避けるべき?お通夜・告別式・火葬の日程について

友引とは六曜の一つで、本来は引き分けという意味ですが、友を引くと書くことから「故人が友を引いていく」「不幸が連鎖する」といった印象を持つ方もいるようです。そのため、この日には葬儀を行わないという習わしがありましたが、最近ではあまり友引にこだわることも少なくなっているようです。
葬儀

お通夜に喪服はNG?!お通夜と告別式の違いって?

お葬式というと、お通夜があってその翌日に葬儀・告別式があって、火葬場に行って……という流れをイメージしてしまいますが、地域によってこの流れは全然違います。 お通夜があって、翌朝火葬場に行って、その後葬儀・告別式という流れがあったり、また最近ではお通夜が無かったり、宗教儀礼が無かったり、お葬式のかたちもいろいろなバリエーションがあります。
これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す