新盆

お葬式の後で必要なこと

お盆の時期はいつ?盆飾りとお供え、新盆、盆提灯、香典の目安などお盆の迎え方を総まとめ

お盆の時期はいつ?お盆が7月と8月にある理由や、精霊棚や提灯などお盆に必要なお供え、いつ何をすればいいのかというスケジュール、新盆の迎え方、さらに現代にも受け継がれているお盆由来のさまざまな風習など、お盆に関するいろいろについてご説明します(この記事は2018年8月23日に投稿した記事に新たな情報を加えてリライトしたものです)。

法事・法要・仏事の知識

新盆、初盆の準備と手順

新盆、初盆とは、故人が亡くなってから四十九日の忌明けを過ぎ、初めて迎えるお盆のことです。地域によって読み方も異なり、「はつぼん」や「にいぼん」「あらぼん」「しんぼん」とも呼ばれています。昔からお盆には故人や先祖の霊が帰ってくると考えられてきました。毎年7月、8月のお盆の時期は先祖の霊を祀って一緒に過ごす時期とされ、は全国各地で盆供養が行われています。

法事・法要・仏事の知識

45,000円~お盆のお坊さんをご紹介/初盆・新盆法要サービス

亡くなって四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆を初盆、または新盆といいます。故人がはじめて戻ってくるお盆ということもあり、喪家ではお坊さんをお招きして故人のために法要を営むのが一般的です。この時、菩提寺がある場合には菩提寺にお願いをしますが、困ってしまうのが、菩提寺がない場合です。お葬式の時には葬儀社にお坊さんを紹介してもらうということもありますが、お盆となるとなかなか頼みにくいという声もあるようです。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す