はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

意味

法事・法要

年忌法要から考える!法事はいつまで行うべきか?

年忌法要は一周忌から百回忌までありますが、区切りのつけ方に迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。この記事では、法要に食事を含めた法事を故人の死後いつまで行うべきなのか、宗派による考え方と家庭事情をふまえながら考えていきます。
基礎知識

【仏滅の正しく理解】仏滅に葬式や通夜を執り行っても大丈夫なの?

この記事では、カレンダーに書かれている「仏滅」の意味についてご紹介しています。 「仏滅の日に、通夜や葬式を執り行っても良いのだろうか?」とお悩みの方、「そもそも仏滅ってどんな意味なの?」と疑問をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。
基礎知識

心を落ち着かせる!写経の意味や効果とは

写経は経典を書き写すことであり、聖武天皇時代に各地への寺院建立に伴い、多くの仏教経典が必要になったことから始まったといわれています。本来は善行を積んで功徳を得るのが目的でしたが、近年では正しい書き方をすることで得られる集中力、文字の上達、さらに脳機能の向上など、健康やストレス解消に効果があるとして人気が高まっています。
基礎知識

神道における戒名はある?諡(おくりな)の付け方や依頼方法

仏教においては受戒後に戒名をもらいます。では神道にも戒名と同様の制度があるのでしょうか? 神道では戒名ではなく、年齢ごとに決まった諡(おくりな)を名前の後に付けます。 この記事では諡の意味や具体的な付け方、誰に依頼する必要があるのかについて解説します。
基礎知識

参拝方法の違いは?合掌と二拝二拍手一拝

日本には、神社や寺院がたくさんあります。その中での作法として有名なものが、合掌と二拝二拍手一拝です。合掌と二拝二拍手一拝はどちらも礼拝する際に用いる作法ですが、普段からお参りする機会が多い方でも、正しい作法を知らない場合があります。そこでこの記事では、正しい参拝方法について詳しくまとめています。ぜひ参考にしてください。
基礎知識

お釈迦様の誕生日に甘茶をかける意味は?

4月8日はお釈迦様の誕生日で、「灌仏会(かんぶつえ)」と呼ばれる仏教行事が執り行われます。ここでは一般的に「花まつり」として親しまれている「灌仏会(かんぶつえ)」とは何かや、この行事でお釈迦様の像に甘茶をかける理由について詳しく解説しています。
基礎知識

仏教と花の深い結びつきについて

私たちがお墓参りをするとき、何気なく花を供えていますが、どういう意味があるのでしょうか。花を供えるという習慣には、仏教的な意味があります。 今回は、仏教と花の深い結びつき、その意味について解説します。ぜひご覧ください。
基礎知識

葬儀の場で使う「参列」と「列席」の違い

葬儀上で使用する言葉は正しい意味を知らないと恥ずかしい思いをするだけでなく、ときに失礼にあたることもあるため、注意しましょう。この記事では混同しがちな「参列」と「列席」という2つの言葉の違いや使い方などについてご紹介します。
基礎知識

楽しい「縁日」!本来の意味は?

縁日と聞いて、何を思い浮かべますか。 まずは、たくさん並んだ出店をイメージする人が多いと思います。さまざまな出店が並んで賑やかな縁日は、いくつになってもワクワクするものです。しかし、縁日の本来の意味は、出店を指すものではありません。ここでは、縁日の本来の意味と、有名な縁日、縁日とお祭りの違いなどをご説明します。
基礎知識

「ご愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」もう迷わない正しい使い方

通夜や葬儀に参列し、お悔やみの言葉を述べるときには、故人や遺族に失礼のないよう十分に注意する必要があります。間違って使われることの多い「ご愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」の意味や正しい使い方、類語との違いについて解説しています。
これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す