忌明け

法事・法要・仏事の知識

神葬祭での忌明け法要「五十日祭」。意味や流れ、四十九日法要との違い

神道では、亡くなった人の魂は家と遺族を守る守護神となるとされています。葬儀に続く一連の儀礼は、故人を守護神として定め祀ることが目的となり、五十日祭を通じて家庭を守る守護神として自宅の祖霊舎(神棚)に迎え入れます。五十日祭を終えると、遺族は忌明けとなります。
お葬式の後で必要なこと

忌引き明けの挨拶。上司や同僚には何て挨拶するの?菓子折りは必要?

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す