はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

女性

終活

独身女性の終活。自分でできる準備とは

生活スタイルも多様化していく現代では、生涯結婚をしないという女性も増えています。また既婚者でも、離婚や配偶者と死別し、将来独身となることもあります。老後の心配はもとより、自分の葬儀をどうするかといったことを考えて備える必要がでてきます。 この記事では、独身女性が終活を行う際に、どのようなものがあるかをご紹介します。
基礎知識

入れ替えもできる?喪服の家紋の意味とは?

喪服には、白抜きで5ヵ所に家紋を入れるのが一般的です。それぞれの家紋には、ご先祖様、両親、親族といった意味が込められています。女性の喪服に入れる家紋は、実家の家紋であったり、嫁ぎ先の家紋であったり、女紋であったり、地域によっても異なります。代々喪服を受け継ぎたい時などには、家紋を入れ替えることも可能です。
参列のマナー

喪服のスカート丈は膝からこぶし1つ分上?下?

お葬式の喪服は、皆同じような服装のはずなのにもかかわらず、いや、似たような服装だからこそかえってちょっとした違いが目立ってしまう。そのあげく、「あの人、スカートの丈ちょっと短すぎるんじゃない?」などと、意外とじっくり観察されてしまうのが、喪服の怖いところです。喪服のスカートの丈はどのくらいがベストなのか?喪服の種類などについてご説明しています。
参列のマナー

【身だしなみ】実は非常識!?葬儀・葬式に適した鞄(バッグ)に関する豆知識

葬儀・葬式に参列するときは、故人を偲ぶ思いとともに、マナー違反をしないように心がけることが大切です。 特に気を付けたいことの一つが、男性・女性ともに、どんな鞄(バッグ)を持つべきか……という問題です。 ブラックフォーマルなどの礼服とセッ...
参列のマナー

【お通夜のマナー】女性の服装にスーツはOK?インナーは?【身だしなみ】

通夜は「服装にかまわず、駆けつけました」との意味で、地味な平服でかまわないとされています。 むしろ、喪服で参列すると、死期を予期してあらかじめ用意していたかのように思われる場合がありますので注意が必要です。 最近は通夜だけに参列し、葬儀...
参列のマナー

葬儀に参列する際につけていくアクセサリー、真珠について

葬儀に参列する際にいつも困る服装のマナー。特に女性は、アクセサリーで悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。 この記事では、葬儀で身につける真珠のマナーについて詳しく解説しています。また、真珠以外につけられるジュエリーについても合わせてご紹介します。
参列のマナー

【参列のマナー】女性の喪服にふさわしい小物、化粧について

いざという時のために知っておきたい、通夜や葬儀で女性が着用する喪服に合わせるのにふさわしい靴・カバンなどの小物とは。失礼にならないよう気をつけたいアクセサリーの使い方やヘアスタイル・化粧・ネイルについてのマナーやアドバイスもご紹介します。
参列のマナー

【参列のマナー】女性の喪服マナーについて

女性の喪服にはさまざまな種類があります。正しい喪服や着用してはいけない小物、通夜や告別式などそれぞれの場にあった喪服とはどのようなものか紹介します。いざという時に慌てず安心して参列できるよう、喪服の基本的な知識やマナーを身に付けておきましょう。
葬儀

女性だからこそ、遺せた言葉【辞世の句ー女性編】

死に直面したとき、あなたはどんな言葉を遺しますか? 最期の言葉として自分の死後も伝えられる「辞世の句」。 たくさんの歴史上の人物や有名人が、辞世の句を遺しています。今回はその中でも「女性編」として、歴史に名を残した女性たちの最期の言葉...
葬儀

告別式にふさわしい服装・女性編

告別式に参列することになった場合、大切な式であるため、どのような服装をしたらよいのか戸惑うことがありますよね。女性の場合、着物にするか洋服にするかということから、タイツは着用してもよいのか、ストッキングの色、身につけるアクセサリーやバッグのことまで、細かいところまで気を使う必要があります。
これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す