喪中はがき

お葬式の参列マナー

喪中のはがきが届いたら送る喪中見舞いとは

喪中見舞いとは喪中はがきを送ってくれた相手に対して、お悔やみと励ましの気持ちをこめてはがきや手紙、品物を送ることです。意味合いを踏まえると、喪中はがきを受け取ってからできるだけ早いタイミングで返すのがマナーです。喪中見舞いは、はがきや手紙を...
お葬式の後で必要なこと

喪中となる範囲・続柄は?喪中はがきのマナー

喪中はがきは11月下旬から12月上旬、遅くとも中旬と、受け取り手が年賀状を用意する前に届くよう送るのがマナーです。 この時、頭を悩ますのが、喪中はがきをお送りする範囲です。義理の親や離れて暮らす親せきなどが他界した場合、喪中はがきを...
法事・法要・仏事の知識

【喪中の過ごし方】年末年始、喪中はがき、初詣、お墓参り、お歳暮は?

家族など身内が亡くなった際、遺族が一定期間、喪に服することを忌服(きふく)、または服忌(ぶっき)ともいいます。この忌服の期間を喪中といい、この期間は故人の冥福を祈り、お祝い事など派手なことは控えて、つつましやかな生活を送るのが習わしです。...
法事・法要・仏事の知識

喪中はがきのマナー。投函する時期と送る範囲、受け取った時の対応

喪中はがきとは、正式には年賀欠礼状といいます。近親者が亡くなり喪に服している間に年が明ける場合、新年の挨拶を遠慮するという旨を伝えるものです。故人との血縁関係などによって喪に服する期間は異なりますが、現在では、亡くなってから1年間という方が多いようです。また喪中はがきを受け取った側は、その差出人には年賀状を送らないなどの配慮をします。
木野島光美の「女性のためのお葬式のマナー」【特集】

喪中ハガキが届いたら……のマナー

突然、喪中はがきが届いたら? 近年、家族を中心に行われるお葬式「家族葬」が一般化するとともに知り合いの訃報を喪中ハガキで初めて知った……というケースが非常に増えています。訃報を知らずに年賀状を送ってしまった! という方も中にはいらっ...

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント!

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。
葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。
資料請求
お葬式の後で必要なこと

年賀欠礼状「喪中につき」と書いてはいけない場合とは?【お葬式あらかると】

「新年のご挨拶にかえて」という言葉で始まった年賀欠礼状が届きました。差出人は数年前より親しくさせていただいているプロテスタント系の牧師さん。 キリスト教では死はケガレではなく、喪に服すという考え方がないため、喪中という概念はありませ...
  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す