例文

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

孫代表として弔辞を読む!文章の構成と書き方(例文つき)

弔辞とは、故人への手紙のことを指します。故人を心安らかに送り出し、ご遺族の慰めとなるような内容の弔辞を書きたいものです。弔辞は故人と縁が深い方が読むことが多く、孫も例外ではありません。孫が大好きだった祖父母のために、孫に弔辞をお願いするこ...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

献杯の挨拶を正しい方法とは?挨拶の文例3つあり

献杯とは、葬儀や法要の際に開かれる会食の冒頭で行うもので、故人に敬意を示して杯を差し出すことを言います。その際に短い挨拶をするのもしきたりです。献杯の音頭は、あらかじめ打診されることもありますが、場合によっては急に頼まれることもあります。...
お葬式の参列マナー

お香典を送る郵送する時の正しいマナー〜一緒に添える手紙の例文あり〜

香典とは、本来は葬儀の際に持参するものです。しかし外せない用事や仕事があったり、遠方にいたりする場合、参列できないこともあるでしょう。そうした場合、香典を郵便で送ることでお悔やみの気持ちを伝えられます。 この記事では、香典の郵送方法...
お葬式用語解説

葬儀の場で使う「参列」と「列席」の違い

葬儀の場で使う「参列」と「列席」。どちらの言葉も「故人の葬儀に出席する」という点では同じです。大元の意味も大きな違いはありませんが、現在では使用する人の立場によって使いわけがされていることが多いようです。今回は、そんな2つの言葉の違いや使い...
お葬式の参列マナー

弔電(送り方、書き方などのマナーと文例)

訃報を受けたとき、すぐに弔問できない場合には、代理を立てたり、お悔やみ状を書いたり、さまざまな方法で速やかに弔意を伝えます。弔電を打つことも、その中の一つです。 また、葬儀に出席できない場合にも弔電を打ちます。電話でのお悔やみは避け...

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント!

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。 葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。
資料請求
お葬式の参列マナー

社葬の弔電の書き方と文例、供花・供物の送り方

弔電とは、故人や遺族に対するお悔やみの電報です。一般的には通夜や葬儀に参列してお悔やみを伝えますが、参列できない場合には弔電を送ります。弔電は、故人の遺族に送るものもあれば施主である会社に送るものもあります。 これまでに個人で弔電を...
法事・法要・仏事の知識

喪中の年賀状への返信「寒中見舞い」の書き方

寒中見舞いとは、寒さが厳しい時期に、相手の健康を思い遣って出す手紙を指します。また、喪中のために年賀状が出せない場合のやりとりにも使われます。年始の挨拶は年賀状で行うことが多いので、寒中見舞いをやりとりする機会は、それほど多くない、とい...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

喪主の挨拶・書状の文例集。通夜・葬儀の挨拶、死亡通知、会葬御礼、喪中はがきまでの文例をご紹介します

人が亡くなると、喪主はお葬式の準備の段階から、お葬式の後、さらに年末の喪中はがきまで、さまざまな文章を書く必要があります。さらに通夜や葬儀・告別式でも、喪主の挨拶など、人前で話さなければならない場面がいくつもあります。 今回は、臨終のとき...
法事・法要・仏事の知識

【喪中の過ごし方】年末年始、喪中はがき、初詣、お墓参り、お歳暮は?

家族など身内が亡くなった際、遺族が一定期間、喪に服することを忌服(きふく)、または服忌(ぶっき)ともいいます。この忌服の期間を喪中といい、この期間は故人の冥福を祈り、お祝い事など派手なことは控えて、つつましやかな生活を送るのが習わしです。...
法事・法要・仏事の知識

心遣いが重要!法事・法要における参列者への挨拶

規模の大小に関わらず、法事・法要における参列者への挨拶に頭を悩ませる方は多いのではないでしょうか。 文例を見ても普通過ぎてこれで良いのかと自問自答する施主の方も多いようです。 そこで、参列者への心遣いや故人の思いを伝えられる挨...
お葬式の参列マナー

お悔やみメールの文例集:気をつけたいマナー・ポイントなど

遺族の方々に対し、故人の死を悼む気持ちと励ましの意味を込めて述べるお悔やみの言葉は、基本的に直接会って伝えるものです。一方で、電子メールやSNSなどのより迅速で簡便な伝達手段が発達した現代においては、関係性や状況によってはメールでお悔やみ...
お葬式の後で必要なこと

香典返しの礼状について

お葬式の準備で必要なこと

死亡通知状について。送るタイミングと内容、注意点

法事・法要・仏事の知識

喪中はがきのマナー。投函する時期と送る範囲、受け取った時の対応

喪中はがきとは、正式には年賀欠礼状といいます。近親者が亡くなり喪に服している間に年が明ける場合、新年の挨拶を遠慮するという旨を伝えるものです。故人との血縁関係などによって喪に服する期間は異なりますが、現在では、亡くなってから1年間という方が多いようです。また喪中はがきを受け取った側は、その差出人には年賀状を送らないなどの配慮をします。
お葬式の参列マナー

【香典マナー】不祝儀袋の選び方、表書きの書き方

お葬式の準備で必要なこと

訃報連絡の方法と書き方・文例

訃報の連絡手段として、以前は新聞や電話、電報などが一般的でした。また、近隣住民に知らせる場合は、回覧板なども使われていました。最近ではメールやSNSなどで連絡する人もいます。訃報を伝える手段に決まりはありません。日ごろ連絡を取りやすい方法で伝えるのが効率的ですが、一方でメールやSNSでの訃報に抵抗を感じる方もいますので、充分に配慮し失礼にあたらないように気をつけましょう。

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

喪主の挨拶。失敗しないルールとコツとは?

喪主の挨拶は、喪主を務める人が一般の参列者に対して行うものです。時間を作って参列してくれたことに対するお礼、生前故人と親しく付き合ってくれたことへの感謝の気持ちを込めて行います。親族の代表としてだけでなく、故人の代理として謝辞を伝えるという意味もあります。喪主が挨拶をするタイミングは大きく通夜の終わり、または通夜振る舞いのとき、告別式のとき、そして精進落としのときです。

お葬式の参列マナー

マナーが大切!思いを綴るお悔やみの手紙

お悔やみの手紙は、突然の訃報を受け、葬儀に参列できない時に送るものです。 いざ書こうと思ったが、溢れる思いや気持ちはあっても、なかなか文章として形にできない、そんな経験がある方もいるのではないでしょうか。 お悔やみの手紙にふさわ...
法事・法要・仏事の知識

ポイントを押さえよう!法事・法要での案内状の出し方

身近な人が亡くなった時にまず考えるのは、葬儀・お葬式のことです。 しかし、葬儀を無事に終えても、そこで供養が終わるわけではありません。 葬儀の後に、遺族が次に迎える大きな行事が「法事・法要」です。 お寺(菩提寺)の住職などと相談して予定...

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

葬儀・お葬式を地域から探す