一粒万倍日

法事・法要・仏事の知識

縁起のいい日「一粒万倍日」をカレンダーで解説

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は、一粒の籾(もみ)が一万倍に実るという意味で、仕事や引っ越し、財布の新調や高額商品の購入など、何かを始めるのに良い日、開運日とされています。また、こよみの上で縁起が良いとされる天赦日(てんしゃにち)などほかの吉日と重なると、さらに効果が大きくなるとも言われており、結婚式の日取りでも重視されることがあります。この記事では、一粒万倍日の意味や由来、2019年、2020年のカレンダーについてご紹介しています。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

葬儀・お葬式を地域から探す