キリスト教の葬儀とは

日本では仏式で葬儀を行う家が多いですが、故人や遺族がキリスト教を信仰している場合には、葬儀もキリスト教式で行います。葬儀そのものに対する考え方や趣旨が仏式とは異なり、マナーも仏式とは違います。ここでは、キリスト教の概要や、葬儀の内容について紹介します。

2018年3月21日

家族葬の費用相場は?

家族葬という言葉もすっかりと定着し、今では都市部だけでなく全国的に家族葬を依頼する人も増加しています。ここでは費用の面を中心に家族葬の相場やメリット、デメリットについてご説明します。

2018年3月21日

生きてるのにお葬式をした有名人は?生前葬のメリット・デメリット、注意点を解説!

生前葬というのは、その言葉の通り生前、つまりまだ生きているうちに行う葬儀です。著名人たちの生前葬はしばしば、ニュースなどでも報道されますが、一般の方の行う生前葬は、まだ十分に認知されていないというのが実情ではないでしょうか。
生前葬のメリットやデメリット、生前葬を行う際の注意点。さらに生前葬とお別れ会の違いなどについて解説します。

2018年3月21日

葬儀の流れ・手順

近年、葬儀は家族葬をはじめ、一日葬や直葬など、限られた参列者のみで行われる小規模な葬儀の種類が増えました。ここでは、近親者や友人だけでなく、近所の人や故人の会社関係者などに告知して、多くの人に参列してもらう一般葬を例にして、臨終からの流れを見てみましょう。

2018年3月21日

死亡届の提出方法とタイミング

人が亡くなった際には必ず届けなければならないのが、死亡届です。記入する内容や記入方法などについてご説明します。葬儀社の担当者が説明してくれますし、場合によっては役所への提出の代行もしてもらえます。しかし、あらかじめ知識として知っておくことで、もしもの時にも落ち着いた行動をとることができます。

また、死亡届以外の各種手続きについては、状況によって必要なもの、必要でないものがあります。中には、申請しなければ支給されないものもありますので、確認しましょう。

2018年3月20日

密葬 – 特徴・費用相場

密葬とは、本葬を行うことを前提とし、ごく近しい身内のみで内々に行われる葬儀や、葬儀があることを広く知らせずに行う葬儀を言います。
一方、本葬とは、密葬に対して、多くの参列者を見込んだ葬儀・告別式やお別れ会といった儀式や式典のことです。社葬や団体葬など、かつて本葬といえば、著名人を中心に行われてきたという印象も強いかもしれません。しかし、近年では本葬の有無にかかわらず、葬儀があることを広く知らせず、ごく近しい身内だけで行う葬儀を密葬と呼ぶことも増えています。

2018年3月20日

喪主の役割や挨拶例

葬儀を執り行う際、その葬儀の責任者が喪主です。打ち合わせや準備
の段階から葬儀後まで、さまざまな「やらなければならないこと」が
あります。実際に手を動かさなければならないことの多くは葬儀社が
行ってくれますが、喪主が判断しなければならないことは多岐にわた
ります。

2018年3月20日

告別式の一般常識/流れやマナーについて

告別式とは、亡くなった人に別れを告げる儀式です。
葬儀と混同されることが多いですが、葬儀は僧侶が中心となって執り行う故人を弔う儀式なのに対し、告別式は喪主が中心となって行われます。
地域によって通夜や葬儀の後、火葬前に行われる、または先に火葬をし、後から葬儀式、告別式を行うところに分かれます。

2018年3月19日

直葬・火葬式について。費用の相場、直葬を選ぶ理由とは?

直葬とは、通夜や告別式を行わず、僧侶をはじめとした宗教者による、読経などの宗教儀式を省いたお別れのかたちです。

「ちょくそう」または「じきそう」と読みます。通夜や告別式を行わないため、亡くなるとすぐに火葬となることから、火葬式と呼ばれる場合もあります。

2018年3月9日