はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

基礎知識

神社の鳥居。役割や由来、色について

神社の入り口で見られる鳥居は、神様の世界と人間世界の境界とされる建造物です。古来日本では赤色は魔除けの色と考えられていたため、神社では赤色の鳥居が多く見られます。鳥居にはいくつかの種類がありますが、代表的なのが神明鳥居と明神鳥居の2種類です。ここでは鳥居の期限や由来のほか、鳥居に関する疑問について紹介します。
喪主の心得

家族葬ホールとは?特徴や費用、選び方など

家族葬ホールは、少人数での葬儀に対応している葬儀場です。さまざまなメリットがあるため利用する方が増えてきています。ここでは家族のみで葬儀を検討している方向けに、家族ホールのメリットや特徴、費用などについて紹介していきます。
ニュース

喪主の負担を軽減!家族葬に取り入れたい「葬儀受付代行サービス」とは?

故人とゆっくりお別れする余裕がほしい。来てくれた方にきちんとお礼がしたい。そのような遺族の希望を叶える「葬儀受付代行サービス」が、東京都でスタートしました。親族や近所の方が行ってきた葬儀の受付や、現金の管理、記録書の作成を専門スタッフが代行してくれるという都内でも珍しいこのサービス。提供するのは株式会社ビットバイビット(本社:神奈川県相模原市)です。

基礎知識

白装束とは?昔は喪服も白かった

仏式の葬儀において、亡くなった方が身に着ける白装束は「死装束」とも呼ばれています。実は白装束の意味は地方によって少し違い、喪主が白装束を着用するケースもあります。そこで今回は、なぜ白装束を身に着けるのか、着せ方や装飾品、宗派・地方による違いなどについて、ご紹介します。

通夜・お葬式で必要なこと

お葬式で忘れてはいけない、喪主の身だしなみと持ち物

喪主はお葬式の主催者であるため、一般の参列者よりも特に服装や持ち物に気を払う必要があります。故人に恥ずかしい思いをさせないように、喪主の服装や持ち物について覚えておきましょう。ここでは、喪主に必要な服装、持ち物などを紹介しています。
ニュース

【インタビュー】ベネフィット・ワンから故人と家族の絆を深めるパブリックメモリアルサービス「logbox」が誕生

企業の福利厚生を運営代行する株式会社ベネフィット・ワンが、このほどWeb上で故人の写真や年表などを記録できるメモリアルサービス「logbox」を開発、β版の提供を開始しました。利用者が故人のプロフィールや思い出の写真、動画などをクラウド上に保存し、専用サイトにアップロードすることで、故人の情報を保管・共有することができるサービスです。
終活

【終活映画】信頼しあいながらもすれ違う時間。「泣くな赤鬼」

【終活映画】『泣くな赤鬼』|同じ時間を過ごした関係でも、その心の中の残像はそれぞれに異なる。それでも懐かしいと思える。同じ思いもすれ違いも、時間を経たからこそ向き合える。死を迎える元生徒とその元教師の関係もまた。信頼しあいながらすれ違う時間を過ごしていました。重松清さんの原作の映画『泣くな赤鬼』を見てきました。
喪主の心得

偽経とされる盂蘭盆経は、偽のお経?その内容とお盆との関係について

「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」は夏の仏教行事である盂蘭盆会(うらぼんえ)、通称「お盆」の由来にあたる偽経です。盂蘭盆経は、お釈迦様の高弟による亡き母への供養について説いています。今回は、盂蘭盆経が説く教えの内容、盂蘭盆会との関係などについてご紹介します。
参列のマナー

焼香は3種類ある?立礼焼香・座礼焼香・回し焼香の手順と作法

仏式の葬儀や法事などでお焼香をする際には、立って行う「立礼(りつれい)焼香」、座って行う「座礼(ざれい)焼香」、自分の席で行う「回し焼香」の3種類があります。ここでは、3種類ある焼香の基本的なやり方と、手順を解説していきます。
基礎知識

子どものためのお盆、地蔵盆。いつ、どの地域で行われてるの?

近畿地方を中心に、毎年8月23日、24日頃に行われる地蔵菩薩の祭りが「地蔵盆」です。地蔵盆にはお地蔵様に感謝の気持ちを込めてお供え物をし、子どもの幸せや健やかな成長を願います。祭りの日には、子どもたちはお地蔵様の前でゲームをしたりお菓子を食べたりして楽しく過ごします。
これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す