はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

葬儀

【体験】自然に還る散骨クルーズ

海洋散骨についてご説明しています。散骨だけでなく船の上から供養する新しいお別れの形も。厳かに、緊張感の漂う中で行われる儀式的な供養方法とは一線を画します。海が好きだった方、自然が好きだった方、従来のお墓に違和感を持っている方、いろいろな方の想いに応える海洋散骨。葬儀の“今”がわかる「いい葬儀マガジン」
葬儀

【行ってきました】駅から歩いて約5分。 ティア相模大塚オープン

株式会社ティアの関東では初となるFC会館、ティア相模大塚に行って来ました。最寄りの相模大塚駅から徒歩約5分。駅近葬儀会館には一般葬用のホールのほか、家族葬用ホールもあります。葬儀会館の中で遺族が一番過ごす時間の長い控室は心落ち着く和室。でも腰かけもあるので星座が苦手な人も安心。畳の葬儀の今がわかる「いい葬儀マガジン」
介護

高齢者住宅に入る~親と子のそれぞれの思い~

高齢者施設に入る親と、それを見守る子供。近いからこそ難しい、親の介護についてご説明します。親が施設に入居するのは心理的な抵抗も大きいかもしれません。中には、子供に迷惑をかけたくないと自ら施設を選んで入居する親も。最近の介護事情について、月刊『仏事』の記者が伝えます。葬儀だけでなく介護の“今”もわかる「いい葬儀マガジン」
葬儀

【仰天】富山に新しい葬儀の風習が生まれた? 火葬研大会開催

2015年11月11日に開催された一般社団法人火葬研(東京都千代田区、八木澤壯一会長)の研究発表会の取材記事です。最新の火葬場の模様から、富山発の新しい葬儀の風習まで、興味深い発表が多数行われました。シンガポールやベトナムなど、海外の火葬事情も報告がありました。葬儀の“今”がわかる「いい葬儀マガジン」
有名人のお葬式・お別れ会

川島なお美さんのお葬式。青山葬儀所でワインとケーキを飾った生花祭壇

2015年9月24日に胆管がんでご逝去された川島なお美さんのお葬式が、10月2日、東京・港区にある青山葬儀所で開かれました。 当日は関係者やファンら大勢の人が集まり、別れを惜しみました。 ワインやぬいぐるみ、そしてケ...
有名人のお葬式・お別れ会

森光子さん、中村勘三郎さんのお葬式【お葬式あらかると】

2012年に亡くなった森光子さんと中村勘三郎さん。日本を代表する名優、お二人のご葬儀の様子を、プロの目でお伝えします。吉川美津子の”お葬式あらかると”
喪主の心得

年末年始の訃報。連絡は?お葬式はどうする?【お葬式あらかると】

悲しいことに、人の死は年末年始といえども訪れます。訃報連絡をすることは失礼にあたるか、連絡をしないと逆に「お別れがしたかった」と悔やまれるのではないか、葬儀はどうしたらいいか……など、家族はどう対応すれば良いのか悩むところでしょう。 ...
お葬式の後から必要なこと

年賀欠礼状「喪中につき」と書いてはいけない場合とは?【お葬式あらかると】

「新年のご挨拶にかえて」という言葉で始まった年賀欠礼状が届きました。差出人は数年前より親しくさせていただいているプロテスタント系の牧師さん。 キリスト教では死はケガレではなく、喪に服すという考え方がないため、喪中という概念はありませ...
喪主の心得

副葬品に込められたさまざまな思い【お葬式あらかると】

故人と一緒に埋葬されるものを副葬品といいます。昔はあの世での生活に困らないように納められたり、または死後の復活を信じて納められたり、権力者の場合はその地位に相応しいとされる金銀財宝が埋葬されたものでした。 副葬品は考古学的にみても埋...
お葬式の後から必要なこと

1月7日を過ぎたら寒中見舞い【お葬式あらかると】

寒中見舞いといえば、正月モードから日常モードににスイッチが切り替わってしばらく、そう、だいたい10日前後くらいに届く、「喪中のため年始のご挨拶を控えさせていただきました」という一文が書かれたハガキを思い浮かべる人が多いでしょう。 私...
これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す