はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

「はじめてのお葬式ガイド」では、終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

葬儀

葬儀

【インタビュー】遺族がつくった、遺族のための安置施設「想送庵カノン」が誕生(PR)

人が亡くなると、通夜や葬儀、火葬までの期間ご遺体を安置しておく場所が必要になります。病院の霊安室では長時間ご遺体を安置しておくことができないため、ご遺体の安置場所は葬儀の詳細より前に決めなければなりません。しかし、日本ではこれまで安置室が注...
葬儀

お葬式をしないで直葬(火葬式)のみを行う際の流れ

大切な方を亡くした際のお見送りには、さまざまなスタイルがありますが、お葬式をせずに「火葬式(直葬)」という形でお見送りすることもできます。身内の方だけで静かに見送りたい方々に適した方法の一つです。火葬式の場合は送る側の費用の負担が減ることもあり、故人が自ら遺言として選択されるケースも増えてきています。今回は、お葬式をしない「火葬式(直葬)」を行う際の流れについて詳しく解説します。
葬儀

葬儀を執り行ううえで起こりやすいトラブル

近しい人の旅立ちに際して、自分が葬儀を執り行う立場におかれるという機会は、多くの人にとって、そう頻繁に訪れることではありません。しかし、突然そのようなことが身に起きてしまったとき、思いがけないトラブルに大変な思いをしたという話も少なからず耳にします。 そこでここでは、葬儀に際して無用なトラブルを防ぎ、心穏やかなお見送りを行うために気を付けたいことを見ていきましょう。
葬儀

急な葬儀の知らせに、スマホで弔電!供花・供物の発信も簡単。「tsunagoo(つなぐ)」

遺影写真の作成・加工サービスの株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、福田幸雄社長)は、スマホで訃報を知らせる新サービス「tsunagoo(つなぐ)」を開始しました。 訃報のお知らせから、弔電送付、さらに供花や供物の発注までをスマホで簡...
葬儀

“新幹線”の駅チカで葬儀ができる斎場を探してみた

縁もゆかりもない遺族からの葬儀依頼 先日、ある地方の葬儀社さんに次のようなお話を伺いました。 首都圏で暮らしているご遺族から、「親を家族葬で送りたい」という依頼があったそうです。 ところが、依頼を受けたその葬儀社は、喪主の住んでいるとこ...
葬儀

遺言書のよくある間違い

最近では、生前対策の一つとして遺言書を作成する方が増えてきています。遺言書の作成方法として、自筆証書遺言・公正証書遺言が中心になりますが、中でも自筆証書遺言は手軽に作成できるため、内容に間違いがあるケースも少なくありません。せっかく作成して...
葬儀

老衰、自殺、または処刑前……。最期に何を言った?【辞世の句ー海外編】

死に直面したとき、あなたはどんな言葉を遺しますか? 最期の言葉として自分の死後も伝えられる「辞世の句」。  たくさんの歴史上の人物や有名人が、辞世の句を遺しています。今回はその中でも「海外編」として、海外の人物が遺した「最期の言葉」を...
葬儀

日本の姿はどう見えた?【辞世の句ー総理大臣経験者編】

死に直面したとき、あなたはどんな言葉を遺しますか? 最期の言葉として自分の死後も伝えられる「辞世の句」。 たくさんの歴史上の人物や有名人が、辞世の句を遺しています。今回はその中でも「総理大臣経験者編」として、国のために身を粉にして働い...
葬儀

喪章を付けるのはいつどんな時?お通夜だけ?知ってるようでしらない喪服と喪章

現代では黒が一般的な喪服の色ですが、これまでの歴史ではいろいろな変遷がありました。なぜそれが黒に統一されたのか、いつごろから黒になったのか、喪服の歴史について解説します。 また、喪服の変遷に伴って、喪章が使われるようになりましたが、ど...
葬儀

密葬で行う葬儀の流れとお別れ会の必要性

新聞のお悔やみ欄の中で「通夜・葬儀ともに近親者で執り行いました」という記載を時々見かけます。このように家族や近親者で行う葬儀は、密葬と呼ばれています。本来密葬とは、有名人や著名人が亡くなった時に大規模な本葬の前に行われていたもので、身内や親...
これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す