はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

法事・法要・仏事の知識

法事・法要・仏事の知識

日蓮聖人ってどんな人?その生涯と教え

日蓮宗を開いた宗祖、日蓮聖人について。2度にわたる島流しに遭いながらも法華経の教えを広めました。また処刑を中止させた不思議な出来事や、内乱や元寇を予測していたとも伝えられています。ここでは日蓮聖人の生涯を追いながら、その教えについてご説明しています。
法事・法要・仏事の知識

道元ってどんな人?道元の生い立ちとその教え

曹洞宗の開祖、道元禅師。ここでは、道元の生い立ちや、現代に生きる私たちも実践できる道元の教えについて、ご紹介します
法事・法要・仏事の知識

お釈迦様の誕生日に甘茶をかける意味は?

「灌仏会(かんぶつえ)」とは、お釈迦様の誕生日とされる4月8日に執り行われる仏教行事のことで、一般的には「花まつり」として知られています。この行事では、お釈迦様の像に甘茶をかける慣習がありますが、その行為の意味合いとはどういうものなのでしょ...
法事・法要・仏事の知識

法然ってどんな人?浄土宗の開祖の生涯と「専修念仏」

法然(1133-1212)は平安時代末期から鎌倉時代の僧侶です。「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば救われるという「専修念仏」の教えを説き、日本の仏教の宗派のひとつ、浄土宗を開きました。しかし、その人生は父を殺害された幼少期から、理想の教えに...
法事・法要・仏事の知識

空海(弘法大師)ってどんな人?真言宗開祖の生涯とゆかりの地

弘法大師の名でも知られる空海は、平安時代初期に中国から日本に真言密教をもたらし、真言宗を開きました。今でも「お大師様」「お大師さん」として、多くの人から崇敬を集めています。今回は、その空海の生い立ちから入定までの生涯をゆかりの地やエピソードとともにご紹介します。

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合カタログをプレゼント!

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。
葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。
資料請求
法事・法要・仏事の知識

「ぼたもち」と「おはぎ」の違いって何?季節?材料?実は「同じモノ」という説も!

お彼岸の悩みと言えば、「ぼたもち」と「おはぎ」。一体、どっちを食べればいいのでしょう。 両者の違いを論じた記事は多数ありますが、ありすぎてよくわからないという状況に陥っていませんか? そこで、今回は、「ぼたもち」と「おはぎ」の見分け方に...
法事・法要・仏事の知識

世界と比較しても日本はおおらか!?仏教の戒律とその変化

仏教には戒律と呼ばれる信者が守るべきルールがあります。これを破ることは許されないとされていますが、日本ではやや事情が異なります。ここでは、日本における仏教の戒律の特殊性や、戒律の内容、働きなどについてご紹介します。

法事・法要・仏事の知識

【除夜の鐘】人間の「煩悩の数」が108個といわれる由来

煩悩とは人間を苦しませる心のことです。108個という数にはちゃんと意味がありました。それを複数の説に分けてまとめています。煩悩を幸福へと変える考えについても触れています。生きにくさを感じたら参考にしてみてください。

法事・法要・仏事の知識

魔除けの矢「破魔矢」の意味と飾り方・処分の仕方

破魔矢は、神社やお寺で授与してもらい、お札などと合わせて家に飾ることで知られる魔除けの道具です。お正月のほか、端午の節句や上棟式でも用いられます。飾る場所は神棚や床の間、玄関などです。先端は下に向けるか、寝かせてその年の凶の方位に向けるとよいとされます。この記事では、破魔矢についてその意味や飾り方、古くなった破魔矢の処分の仕方などをご紹介しています。
法事・法要・仏事の知識

絶世の美女、木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)の神話と祀られている神社

限りある命だからこそ美しい。儚い美しさの代名詞でもある桜。その花の名は、「木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」からきているといわれています。ここでは、日本神話で美女と誉れ高い、コノハナサクヤヒメの登場する神話やご利益・ご神徳、祀られている神社について紹介します。
法事・法要・仏事の知識

「厄落とし」と「厄除け」「厄払い」。違いと厄の落とし方

厄落としには、厄を払うという意味がありますが、細かく見ると厄除けや厄払いとは違うニュアンスの意味も持っています。ここでは、それぞれの意味の違いや厄年についてまとめました。

法事・法要・仏事の知識

平安時代の葬儀はどんなものだった?現代の葬儀の違いとは

1200年ほど前に始まった平安時代は、さまざまな宗派の仏教が広がると同時に、文学、服飾、建築など文化的な発展も目覚ましい時代でした。そんな平安時代の葬儀について、現代の葬儀との違いも交えてご説明します。
法事・法要・仏事の知識

「高天原」は地上にあった?近畿、関東、九州、そして海外説まで

神々が暮らしていたとされる世界のことを高天原と呼びます。日本神話にも登場しますが、この高天原はいったいどこにあったのでしょうか。ここでは、高天原があったとされる場所や読み方、意味などについてまとめてみました。
法事・法要・仏事の知識

瀬織津姫の謎。封印された龍神・弁財天など伝説の神様

瀬織津姫は、弁財天や龍神とも言われており、実に多くの謎につつまれた神様でもあります。ここでは、そんな瀬織津姫の正体についてのさまざまな説や、そのご利益、祀られている神社などについてまとめてみました。
法事・法要・仏事の知識

神社で祈祷してもらうには?祈祷の意味や流れなど

祈祷とは、神様に願いを祈り捧げるための儀式です。七五三やお宮参り、商売繫盛などさまざまな場面で行われます。ここでは、そんな祈祷の意味やどんな流れで行われるのか、また祈祷料についてもまとめています。

法事・法要・仏事の知識

縁起のいい日「一粒万倍日」をカレンダーで解説

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は、一粒の籾(もみ)が一万倍に実るという意味で、仕事や引っ越し、財布の新調や高額商品の購入など、何かを始めるのに良い日、開運日とされています。また、こよみの上で縁起が良いとされる天赦日(てんしゃにち)などほかの吉日と重なると、さらに効果が大きくなるとも言われており、結婚式の日取りでも重視されることがあります。この記事では、一粒万倍日の意味や由来、2019年、2020年のカレンダーについてご紹介しています。

法事・法要・仏事の知識

出家とは?「家」の意味や出家する方法

出家の意味などについてご説明しています。また、出家が周りに与える影響、どのようにして出家するのかについてもご紹介します。

法事・法要・仏事の知識

カトリックのミサとお葬式の流れ

キリスト教、カトリック教会で行われる大切な儀式のひとつに「ミサ」があります。世界で約13億人の信徒を持つカトリック教会のミサとは何か、ご葬儀やお見送りに際して行われる儀式の内容とはどういったものかなどについて、解説します。

法事・法要・仏事の知識

大文字焼きはいつ!?お盆の風物詩、京都五山の送り火の時期と由来について

京都の夏の夜を彩る伝統行事である「京都五山送り火」とは、俗に「大文字焼き」としても知られ、葵祭・祇園祭・時代祭と並んで、京都四大行事のひとつに数えられています。京都にある5つの山を使って大きな送り火を灯し、ご先祖の霊をお送りする精霊送りの行事で、京都市登録無形民俗文化財に指定されています。
法事・法要・仏事の知識

山号とは?お寺の名称の前に「〇〇山」とつく理由。有名寺院の山号も紹介

山号とは、仏教の寺院についている称号のことを指します。お寺の名前は「〇〇寺」や「〇〇院」としているところが多いですが、その前に「〇〇山」とついているのを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?これが山号と呼ばれるものです。ここ...
法事・法要・仏事の知識

一膳飯と茶碗割り。現代にも伝わるお葬式のしきたり

一膳飯というのは、故人にお供えするご飯のことです。枕飯ともいい、逝去後、安置している故人の枕元にお供えします。箸の立て方や本数など、地域の習わしやしきたり、宗旨宗派の考え方などによっても異なります。
法事・法要・仏事の知識

「儀」って何!?葬儀の看板の役割について

しばしば街中で見かけるお葬式の看板について、看板の役割やそこに記す内容。また、葬儀式場の前に立つ大きな看板に書かれる「儀」という文字についてご説明します。
法事・法要・仏事の知識

神社の鳥居。役割や由来、色について

神社の入り口で見られる鳥居は、神様の世界と人間世界の境界とされる建造物です。古来日本では赤色は魔除けの色と考えられていたため、神社では赤色の鳥居が多く見られます。鳥居にはいくつかの種類がありますが、代表的なのが神明鳥居と明神鳥居の2種類です。ここでは鳥居の期限や由来のほか、鳥居に関する疑問について紹介します。
法事・法要・仏事の知識

白装束とは?昔は喪服も白かった

仏式の葬儀において、亡くなった方が身に着ける白装束は「死装束」とも呼ばれています。実は白装束の意味は地方によって少し違い、喪主が白装束を着用するケースもあります。そこで今回は、なぜ白装束を身に着けるのか、着せ方や装飾品、宗派・地方による違いなどについて、ご紹介します。

法事・法要・仏事の知識

偽経とされる盂蘭盆経は、偽のお経?その内容とお盆との関係について

「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」は夏の仏教行事である盂蘭盆会(うらぼんえ)、通称「お盆」の由来にあたる偽経です。盂蘭盆経は、お釈迦様の高弟による亡き母への供養について説いています。今回は、盂蘭盆経が説く教えの内容、盂蘭盆会との関係などについてご紹介します。
法事・法要・仏事の知識

子どものためのお盆、地蔵盆。いつ、どの地域で行われてるの?

近畿地方を中心に、毎年8月23日、24日頃に行われる地蔵菩薩の祭りが「地蔵盆」です。地蔵盆にはお地蔵様に感謝の気持ちを込めてお供え物をし、子どもの幸せや健やかな成長を願います。祭りの日には、子どもたちはお地蔵様の前でゲームをしたりお菓子を食べたりして楽しく過ごします。
法事・法要・仏事の知識

【法事の知識】十七回忌法要の意味。服装や香典のマナー

法事の基本的な知識やマナーを知っておくと、法事に呼ばれたときや自分が執り行うときに慌てずに済みます。ここでは十七回忌の法事の意味やふさわしい服装、香典やお供えの相場やマナー、僧侶へのお布施の相場などについてご紹介します。

法事・法要・仏事の知識

いろんな願いを叶えてくれる、身近な神様。稲荷神社の由来とご利益

稲荷神社は711年創建の伏見稲荷大社を総本社とした神社で、もともとは渡来人である秦氏が信仰していた神様です。その名の通り、稲作を中心とした五穀豊穣を司るほか、商売繁盛などにもご利益があるとされています。境内には狛狐がありますが、古来より狐には霊力があるとされ、春に現れ秋に山に戻る行動パターンが稲荷神と同じであることなどから、神の御遣いとされています。
法事・法要・仏事の知識

施餓鬼とは?意味とお布施の目安について

施餓鬼(せがき)は希望する個人やお寺で行う供養の一つです。生前の行いによって餓鬼道に落ちた魂を供養するものです。施餓鬼の時期は決まっていませんが、お盆の時期に行うケースも多く、しばしば盂蘭盆会と混同する方もいるようです。ここでは施餓鬼の意味や、お寺の施餓鬼会などに伺う際のマナーについてご説明します。
法事・法要・仏事の知識

法事法要でお供えする精進料理。陰膳(かげぜん)とは?

法事の段取りのひとつに、「陰膳(かげぜん)」があります。陰膳は、故人が道に迷うことなく極楽浄土への旅を終えられるようにとの願いが込められた霊膳のひとつです。法事のあとの会席では、大切な法要の節目として親族と同じ精進料理をご仏前に供えるのが慣習となっています。宗派によっても違いがあるため、思わぬ失敗をしないよう注意しましょう。ここでは、陰膳の意味や押さえておきたい陰膳のマナーなどの注意点をまとめて紹介しています。

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す