はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

「はじめてのお葬式ガイド」では、終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

終活

終活

【終活映画】エンディングノートの意味がジワリと分かる映画『四十九日のレシピ』

なかなか映画館に出かけることができない時に、レンタルビデオでも終活を感じることができる映画を紹介いたします。 終活、エンディングノートが生まれた理由が腑に落ちる作品 物語は岐阜県のとある町でのこと。妻、乙美を失い何もやる気が起...
終活

遺された配偶者も安心!老後の住居と生活費の両面が安定する法改正

相続法が実に約40年ぶりに改正され、2019年7月1日から施行されます。 「相続」が「争続」に、そんな2019年からこういった相続トラブルが少なからず回避できそうな朗報があります! また、口座の凍結に苦慮することも多かった故人名義の預金...
終活

【終活映画】受け入れることから始めてみよう『グリーンブック』

2019年のアカデミー賞作品賞を受賞した映画でもあり、劇場で予告編を見て受賞前から公開が待ち遠しい作品の一つでもありました。物語は事実に基づいた作品として、脚本は主役の一人トニー・リップの息子の手によるものという事、一人の男の生き様が子供...
終活

【終活映画】「家族に迷惑をかけたくない」だけでは足りない終活に気が付く『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

今、終活を考えようとしている方がいて、その考えが「家族に迷惑をかけないように」といったいわゆる終い支度を中心に考えている方がいたら、先ず映画館に出かけてみていただきたい映画です。そして、近親者との死別により悲しみとその痛みから苦しんでいる...
終活

終活年賀状とは

新年の挨拶として出す年賀状に、今変化が起きています。それが「終活年賀状」です。ご高齢の方だけでなく、40代でも出す人が増えてきています。この記事では、終活年賀状とはどういうものかというところから、書き方のポイント、受け取った場合の対応などについて解説しています。
終活

【終活映画】終活とはどう生きるかを知ることがジワリとわかる 「天才作家の妻」

主演女優グレン クローズのみせる表情、この微妙な変化に翻弄され魅了され続ける作品でした。 映画は、ノーベル文学賞の受賞を知らせる電話から始まりました。その知らせを二つの受話器で同時に聞く老夫婦二人、ベッドの上ではねて喜ぶほどの念願の...
終活

終活の相談はどこでできる?その費用は?

最近では、人生の最期を自分の望んだように安心して迎えたいと考える方が増えてきました。それに従い、終活を行う方も増加しています。終活をはじめる場合、何からはじめればいいのでしょうか。相談できる場所や内容、費用についてご説明します。
終活

【終活映画】『洗骨(せんこつ)』習わしに見える、核家族時代に迫るグリーフ

10年位前に、沖縄の遺骨供養として洗骨という風習があることを教わったことがあります。遺体は風葬にして自然のまま朽ちてゆく時間を待ち、遺族がその朽ちた骸遺を墓から出してきれいに洗い清めて改めて遺骨として埋葬するという儀式です。 後に沖...
終活

在宅で看取りをするための準備について

近年、高齢者の5割以上が自宅での最期を望んでいます。住み慣れた家で、大切な家族と一緒に最期を迎えられることは、在宅死の大きなメリットです。しかしその半面、家族にとっては精神的にも肉体的に大きな負担が伴います。ここでは、在宅で看取りをしたい人のために、準備や心構えについて紹介していきます。
終活

介護を家族だけの問題にしない『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

筋ジストロフィーを患い、それでも前向きに生涯を全うした実在の人物、鹿野靖明さんが主人公。要介護者と介護ボランティアという関係から映画は構成されているこの作品。超高齢化社会におけるこれら2つの視点からも、実在された方の記録としても、ご覧になら...
これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す