はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

法事・法要

法事・法要

法事法要でお供えする精進料理。陰膳(かげぜん)とは?

法事の段取りのひとつに、「陰膳(かげぜん)」があります。陰膳は、故人が道に迷うことなく極楽浄土への旅を終えられるようにとの願いが込められた霊膳のひとつです。法事のあとの会席では、大切な法要の節目として親族と同じ精進料理をご仏前に供えるのが慣習となっています。宗派によっても違いがあるため、思わぬ失敗をしないよう注意しましょう。ここでは、陰膳の意味や押さえておきたい陰膳のマナーなどの注意点をまとめて紹介しています。

法事・法要

命日の基本マナー。お供え物の正しい選び方と注意点

命日とは亡くなった日に当たる、毎月または毎年のその日のことです。一般的に、命日には遺族や近しい人々が故人を偲び、お墓参りや仏壇に手を合わせます。その際、お供え物をして供養するのがマナーとされています。そこで今回は命日のお供え物を選ぶ際の注意点や、のしの書き方などについて解説します。
法事・法要

先祖供養の意味と、いろいろな供養の仕方

毎日きちんと仏壇に手を合わせる先祖供養はとても大切な習慣ですが、正しい作法とはどのようなものかご存知ですか。また、先祖供養を行うことでどのようなメリットが考えられるでしょうか。この記事ではそれらの疑問にお答えできるよう、先祖供養の仕方や意味などについてまとめています。ぜひ、この機会に先祖供養への理解を深めてください。
法事・法要

盆提灯の種類と産地

お盆の提灯は、故人の霊が自宅へ戻る目印となるものです。提灯には多くの種類があり、地域によっても風習が異なります。この記事では、提灯の種類と意味、産地、飾る時期など、お盆を迎えるにあたって知っておきたいことをまとめてご紹介します。
法事・法要

【法事のマナー】十三回忌に正しいお香典とお供え物

十三回忌の法要は、四十九日や一周忌などの法要に比べると次第に規模も小さくなり、親族のみで行うことが一般的です。この記事では十三回忌法要の作法として注意すべきことや香典、お供え物の選び方、お返しについてお伝えします。
法事・法要

年忌法要から考える!法事はいつまで行うべきか?

年忌法要は一周忌から百回忌までありますが、区切りのつけ方に迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。この記事では、法要に食事を含めた法事を故人の死後いつまで行うべきなのか、宗派による考え方と家庭事情をふまえながら考えていきます。
法事・法要

【浄土真宗】法事の作法や準備の仕方について

浄土真宗における法事の特徴についてご紹介しています。浄土真宗は仏教のなかでも一風変わっており、宗派も多いので作法も多様です。この記事では年忌法要・法事の作法・準備の仕方など、主催する側、参列する側の両方に役立つ情報をまとめているので、ぜひご覧ください。
法事・法要

法事のお供え・手土産を持参する場合に最適な品物とマナーを解説

法事へ持参する手土産やお供えは何が最適か、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。失礼にあたらない品物を選びたいものですが、法事のような宗教的な場面では、普段あまりなじみのないルールも多くあります。この記事では、そういった不安を感じている方のために、手土産やお供えにお薦めの品物をご紹介します。渡す際のマナーなども併せて解説していますので、参考にしてください。
法事・法要

四十九日のお供え物のマナー〜選び方や持参する際の注意点〜

四十九日の法要に参列する場合、香典は相場に合わせて用意するものです。そこで、迷うのがお供え物。お供え物を持参するかどうかは地域や親族の慣習にもよります。この記事では、お供え物の最適な選び方や、渡し方のマナーについてご紹介します。
法事・法要

2019年、春のお彼岸はいつ?正しい準備と迎え方

お彼岸とは、春と秋の年2回ご先祖様の供養を行う、日本独自の行事です。太陽が真東から昇って真西へ沈む「春分の日」と「秋分の日」は、仏教で彼岸(極楽浄土)にもっとも近くなる日とされています。仏教では、この日に仏様の供養をすることで極楽浄土へ行...
これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す