はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

法事・法要

法事・法要

【秋彼岸】2019年秋彼岸の日程は?お彼岸の意味~すること、お供え、お布施の目安まで総まとめ!

お彼岸とは、春分の日、秋分の日を中日とする前後7日間のことです。この時期、仏教では極楽浄土に想いをはせ善行を積むべき、大切な時期とされています。一般的には、お寺の法要に参加したり、お墓参りに行ったりして、先祖や故人を偲び供養します。また四十九日後はじめてのお彼岸は初彼岸といいます。*この記事は2018年8月16日に投稿した記事に新たな情報を加えてリライトしたものです。

喪主の心得

偽経とされる盂蘭盆経は、偽のお経?その内容とお盆との関係について

「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」は夏の仏教行事である盂蘭盆会(うらぼんえ)、通称「お盆」の由来にあたる偽経です。盂蘭盆経は、お釈迦様の高弟による亡き母への供養について説いています。今回は、盂蘭盆経が説く教えの内容、盂蘭盆会との関係などについてご紹介します。
法事・法要

法要の御膳料はどんな時に渡すもの?目安や表書き、渡し方

法要でお食事を省略する場合、または僧侶が席を辞退した時なと、御膳料を渡し代わりとします。僧侶が食事をした場合には御膳料は必要ありません。また、お布施と一緒にお渡しする時は、お布施が一番上になるようにしてお渡しします。
法事・法要

【法事の知識】十七回忌法要の意味。服装や香典のマナー

法事の基本的な知識やマナーを知っておくと、法事に呼ばれたときや自分が執り行うときに慌てずに済みます。ここでは十七回忌の法事の意味やふさわしい服装、香典やお供えの相場やマナー、僧侶へのお布施の相場などについてご紹介します。
法事・法要

お盆の時期はいつ?盆飾りとお供え、新盆、盆提灯、香典の目安などお盆の迎え方を総まとめ

お盆の時期はいつ?お盆が7月と8月にある理由や、精霊棚や提灯などお盆に必要なお供え、いつ何をすればいいのかというスケジュール、新盆の迎え方、さらに現代にも受け継がれているお盆由来のさまざまな風習など、お盆に関するいろいろについてご説明します(この記事は2018年8月23日に投稿した記事に新たな情報を加えてリライトしたものです)。
法事・法要

法事法要でお供えする精進料理。陰膳(かげぜん)とは?

法事の段取りのひとつに、「陰膳(かげぜん)」があります。陰膳は、故人が道に迷うことなく極楽浄土への旅を終えられるようにとの願いが込められた霊膳のひとつです。法事のあとの会席では、大切な法要の節目として親族と同じ精進料理をご仏前に供えるのが慣習となっています。宗派によっても違いがあるため、思わぬ失敗をしないよう注意しましょう。ここでは、陰膳の意味や押さえておきたい陰膳のマナーなどの注意点をまとめて紹介しています。

法事・法要

命日の基本マナー。お供え物の正しい選び方と注意点

命日とは亡くなった日に当たる、毎月または毎年のその日のことです。一般的に、命日には遺族や近しい人々が故人を偲び、お墓参りや仏壇に手を合わせます。その際、お供え物をして供養するのがマナーとされています。そこで今回は命日のお供え物を選ぶ際の注意点や、のしの書き方などについて解説します。
法事・法要

先祖供養の意味と、いろいろな供養の仕方

毎日きちんと仏壇に手を合わせる先祖供養はとても大切な習慣ですが、正しい作法とはどのようなものかご存知ですか。また、先祖供養を行うことでどのようなメリットが考えられるでしょうか。この記事ではそれらの疑問にお答えできるよう、先祖供養の仕方や意味などについてまとめています。ぜひ、この機会に先祖供養への理解を深めてください。
法事・法要

盆提灯の種類と産地

お盆の提灯は、故人の霊が自宅へ戻る目印となるものです。提灯には多くの種類があり、地域によっても風習が異なります。この記事では、提灯の種類と意味、産地、飾る時期など、お盆を迎えるにあたって知っておきたいことをまとめてご紹介します。
法事・法要

【法事のマナー】十三回忌に正しいお香典とお供え物

十三回忌の法要は、四十九日や一周忌などの法要に比べると次第に規模も小さくなり、親族のみで行うことが一般的です。この記事では十三回忌法要の作法として注意すべきことや香典、お供え物の選び方、お返しについてお伝えします。
これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す