はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

喪主の心得

喪主の心得

葬式の日取りに関係する「六曜」とは?〜葬儀の基礎知識〜

大安や仏滅など、日本人にとって馴染みが深く、さまざまな行事の日取りにも影響を与える六曜ですが、葬式に関しては、それほど気にする必要はありません。

この記事では、それぞれの六曜の意味や、葬儀の日取りとの関係性などをご紹介します。

喪主の心得

【動画】1分でわかるお布施の渡し方

お葬式のお布施の渡し方を動画でまとめています。お布施を渡すタイミングはお通夜の後や葬儀の前、または葬儀後など、 僧侶に挨拶やお礼を伝える際に渡すのが一般的です。導師控室などで喪主が直接お渡しします。
喪主の心得

【動画】1分でわかる喪主の挨拶 流れ・内容 ・例文読み上げ

通夜や葬儀の場での喪主の挨拶を動画にまとめました。日ごろ人前で話し慣れていない方にとっては負担に感じる場合もあるかもしれませんが、事前に用意しておいたものを読み上げても問題はありません。参列者へ参列してくれたことへのお礼や、故人と生前親しく付き合ってくれたことへの感謝の気持ちを込めて挨拶します。
喪主の心得

【動画】1分でわかるご焼香の作法・流れ・やり方(喪主編)

喪主のための焼香のマナーについて動画でまとめました。お葬式の準備など喪主はさまざまな事柄を決断する必要があります。慌ただしい中、短時間でお焼香のマナーを確認したいときにご活用ください。
喪主の心得

臨終後の儀式「末期の水」とは?正しいやり方とタイミング

末期の水とは、死に水をとるとも呼ばれ、臨終に立ち会った人たちが故人の口に水を含ませる儀式のことをいいます。由来は、お釈迦様が最後に水を含んで安らかにあの世に旅立ったという故事にあります。現代では医師から臨終の宣告を受けてから行う最初の葬送儀式です。箸や筆の先端に脱脂綿などを固定して水を含ませ、その場にいる遺族が、故人の唇を濡らしていきます。
通夜・お葬式で必要なこと

枕経の由来や準備、お布施の渡し方

枕経は、仏式の葬儀における儀式の一つとして行われてきたものです。最近は社会情勢や住宅事情の変化により、あまり立ちあう機会がないかもしれません。この記事では、枕経に関する解説や、お布施の費用相場についてご紹介します。故人をしっかり送り出すためにも、臨終直後に行われる枕経について知っておきましょう。
通夜・お葬式で必要なこと

孫代表として弔辞を読む!文章の構成と書き方(例文つき)

弔辞の内容は過度に堅苦しいものよりも、気持ちをストレートに表したもののほうが真心が伝わります。けれども、避けるべき表現を意識することも大切です。ここでは孫が読むのにふさわしい弔辞を書くときに役立つ内容や構成、避けるべき表現を例文とともに説明しています。
お葬式の後から必要なこと

「親の葬儀費用」は誰が払う?

親が亡くなるのは悲しいことですが、葬儀の申し込みや費用の負担などについては早い段階で決めておいた方がスムーズです。ここでは葬儀費用の負担に関係する法律や明確なルールの有無や、子どもが複数いる場合、きょうだいで話し合っておくとよいことなどについて解説します。
通夜・お葬式で必要なこと

家族葬の際に会社に対してすべき5つのこと~職場への配慮~

家族葬は家族や親族など、故人とごく親しい身内だけで行う葬儀です。家族葬では、故人や遺族が所属する会社の人には参列をいただかないことが基本です。しかしそれだけに、会社への連絡の際は、弔問や香典、供物などが不要であることをしっかり伝えておく必要があります。予期せぬ会社の対応に戸惑わないように、しっかり確認しておきましょう。
お葬式の後から必要なこと

大切な人を亡くした時に心安らぐ映画(「はじめてのお葬式ガイド」編集部選)

大切な人を亡くした時には、周囲の人と共に故人を偲び、悲しみを分かち合う時間と同様、ひとり静かに思い出と向き合い悲しみを癒す時間もまた、必要なのではないでしょうか。ここではそのような時間のパートナーとなるような映画10編をご紹介いたします。
これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す