はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

介護の仕事を始めるために〜いい履歴書の書き方〜

今回は、介護の仕事を始めるために、履歴書の書き方についてお話ししたいと思います。

まず職種を選びます

前回の質問を、自分自身に対して質問をして、まずはサービス種類、職種を選びます。

1)あなたは、どんなご利用者を介護したいですか?
2)夜勤をしたいですか?
3)在宅ケアと施設ケアどちらをしたいですか?
4)介護系の資格がありますか?
5)数年ごとに、職種や職場を変えたいですか?
6)通勤時間は、自宅から何分までを希望しますか?

次に事業所を探しましょう

厚生労働省に、日本全国の介護事業所・生活関連情報を検索出来るサイトがあります。
こちらから、自分の通勤圏内に、働いてみたい介護サービス事業者の候補を見つけてください。

http://www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/

このサイトは、あくまでも、介護サービスを利用する高齢者が、自分に合った介護事業所を探すために作られていますが、これからサービス事業所に就職したいと思っている、みなさんにも有効な情報を提供してくれます。

この事業所が、求人を出しているかどうかは、このサイトだけではわかりません。求人に関しては、HP、電話で事業所に確認をすることになります。

気になった事業所のHPをチェック

気になった事業所のHPに行き(先ほどの厚生労働省のサイトから、リンクがたどれます)、ケアの内容や、みなさんが希望する労働条件などが載っているかを確認します。

また、現在求人をしているかどうかは?

検索ワードに、「事業所名+求人」と入れると、現在、過去の求人が出てきます。

事業所見学はどうやったらいいの?

さて、ここまで準備が整ったら、事業所の見学に行きましょう

見学?見学なんてしたことありません!という人も居ると思いますが、なるべく早く就職したい!のであれば、事業所を見学した方が、採用される履歴書を作成することが出来ます(具体的には、しっかりとした志望動機を記入出来るから)。おすすめです。

一般的には、ハローワークを通して、見学・面接となりますが、

ご近所であれば、直接アポイントメントをとって、見学に行っても良いと思います。

「現在、介護の仕事を探しています、貴社を見学させて頂けないでしょうか?」と電話をすれば、担当者が対応出来る時間を教えてくれると思います(時間は、夕方~夜間かも)。

中には、求人は出していませんと回答する事業所もあります。ただ、みなさんの頭の何処かに、ひっかかった事業所ですから、「自分の両親を利用させたいので、見学させてください」と言ってみても良いのではないでしょうか?

面接ではなく見学ですから、みなさんの聴きたいことを失礼の無いように、確認してください。

しっかりした履歴書を書くポイント

いくつか、施設を見学すると、みなさんの気持ちも高まってくると思います。
求人を出しているところでしたら、求人票を取り寄せ、ハローワーク(もしくは仲介業者)を通じて、履歴書送付、面接の手続きをしましょう。

最近は、一次選考の書類審査を省き、そのまま面接になるところも多いように感じます。
面接時には、履歴書を持参してください(履歴書の写真を忘れないように)。

履歴書のキモは、「志望動機」です。この志望動機は、会社への「ラブレター」になります。

特に、書類選考の場合、人事担当が判断する材料は、この書類のみとなりますので、人事担当は、想像力を働かせて、この人は、こんな性格かな?と判断していきます。
最終的に、この人は、うちの会社にマッチするかな、しないかな?を選考しています。

→ 写真や切手が曲がって貼っている ・・ いいかげんな性格かな?
→ 他業種でも使える志望動機    ・・ 仕事で手を抜く人かな?
→ 履歴書の見本例と同じ文章    ・・ クリエイティブな仕事が出来るのかしら?

履歴書の作成に手を抜くこと=不採用の確率が高くなります。

面接で、人事が、求職者に確認したいことは、以下の4つのポイントです。

A)当社への志望動機を詳しく
B)入社したら、自分がやってみたいこと
C)将来の目標は?
D)あなたのセールスポイント(自己アピール)は?

志望動機を書く時は、上記A~Dの質問に答えて記入します。

求人票に記載されている職種に対しての動機については、「B志望動機」を記載し、

会社に入ったら貢献できる能力、好きな仕事については、「D自己アピール」に区別して記載します。

ここを分けずに、ごちゃ混ぜにすると、志望動機がぼやけてしまいます。

事業所としては、今欲しいと思っている職種や、対応して欲しい業務がありますので、
それに対して、私は対応出来ます!とアピールをするのが「志望動機」

今までのキャリアから得てきた能力に関して、「こういう仕事も得意です!」と別のセールスポイントを挙げるのが「自己アピール」です。
履歴書に記入しておくと、後々の人事異動などで考慮されます(実は、履歴書は、節目節目で、上層部に確認されますので、しっかりと記載しておくと良いですよ)。

志望動機は大きく分けて3つあり(業界、職種、会社)、
特に重要なのは「会社への志望動機」になります。

業界志望、職種志望だけを書いている志望動機が、本当に多いのですが、
人事担当が読みたいのは、「なぜ、私達の会社を志望したのか!」の会社志望です。
それが納得出来れば、「一緒に働きましょう!」と言いやすいのです。

□ 医療介護業界で働きたい!(業界志望)
理由)自分の祖父が半年前に転倒し、大腿骨を骨折しました。入院時、その後のリハビリで病院や介護施設のみなさんに、大変お世話になりました。私も、そのような人の役に立つような仕事をしたいと思いました。

□ ケアスタッフとして働きたい!(職種志望)
理由)今年の3月から、一念発起し、介護職員初任者研修を3ヶ月受講して、先月無事に資格を取得しました。私も、御社のデイサービスで介護職員として、元気に働きたいと思っています。

□ ○○会社で働きたい!(会社志望)
理由)・・・・・・・・(書いていない!)
家から近いから
福利厚生が充実していそうだから
御社の成長性に期待して

上記の会社志望は、動機になっていません。書いていないということは、うちをあっさり辞めて、他の事業所に入社する可能性を考えてしまうのです。決め手に欠けるのです。

この会社志望を、記入するために、見学をして、その会社の良さ、私が惹かれたポイントを記入して欲しいと思います。この会社志望があるだけで、採用される確率は上がります。

次回は、面接のポイントについてお話しします。

みなさんの希望の職場が見つかることを祈っています。

この記事を書いた人

橋谷創(橋谷社会保険労務士事務所代表、株式会社ヴェリタ/社会保険労務士・介護福祉士)

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (1)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す