はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

生花祭壇がさらに進化?バルーンアート祭壇

「子どもらしく送りたい」「できることはしてあげたい」。

小さな子どもを亡くした親御さんの思いに応えた、「バルーンアート祭壇」が登場しました。

葬祭業を営むディーエスエス(DSS 東京都町田市)が、生花祭壇とバルーンアートを組み合わせた葬儀用祭壇専門サービスブランド「ふうか―楓花」を立ち上げ、提供しています。

 

できることは、してあげたい…

「I’m always yourside(できることは、してあげたい…)」をコンセプトに、小さい子ども向けに開発した祭壇です。

「お子さんを亡くしたご両親から何度となく『子どもらしく送りたい』」と、要望を受けていたという大作健・代表取締役。

「バルーンを専門に取り扱っている葬儀社がなかったことから、1年前に企画し、昨年(2016年)8月にサービスを開始した」そうです。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f2

 

多種多彩な造形で新しいお葬式を演出

大手バルーンイベント製作会社などとコラボレーションすることで実現。

基本のラインアップは全32種類で、カスタマイズにも対応します。

バルーンを使用することで、配色を含めた細かなニーズに対応し、多種多彩な造形演出が可能。若年層から年配者まで利用できる、新しいお葬式の形を提案します。

%e7%94%bb%e5%83%8f3

 

バルーンは土に還る素材を採用

使用したバルーンは、お別れ時に「バルーンリリース」としても使用できるなど、新たなセレモニーイベントも合わせて提案します。

バルーンには土に還る素材を採用し、環境にも配慮しています。

%e7%94%bb%e5%83%8f4

 

お葬式の形は日々、変化しています。

生花祭壇との組み合わせにバルーン。お別れ会と組み合わせたり、アイデア次第でいろいろなお別れが形にできそうです。

(田沢理恵)

 

[blogcard url=”http://www.balloon-sougi.com/?gclid=CMaPybGd89ECFRZwvAods2oKNA” rel=”nofollow”][/blogcard]

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (3)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す