はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

平幹二朗さんのお通夜。10月27日、東京・青山葬儀所で

10月22日に亡くなった俳優、平幹二朗さんのお通夜が2016年10月27日、東京・港区の青山葬儀所で営まれました。

蜷川幸雄作品をはじめ、数々の舞台、映画、テレビドラマなどで活躍。現在、フジテレビで放映中の『カインとアベル』が遺作となりました。

18時から始まったお通夜には、関係者らが訪れ、名優の突然の死を悼みました。喪主は息子で俳優の平岳大さん。施行は株式会社公益社(燦ホールディングス株式会社)。

 

白を基調にシンプルなデザインの祭壇

1p1040118_fotor

祭壇は白を基調に、段々が美しい落ち着いた印象です。シンプルなデザインで、中央の遺影の周囲にはグリーンのカーネーションを配しています。

使用されている花は、コチョウラン20本、バラ1,200本、スプレーマム200本、カーネーション500本、トルコキキョウ400本、カーネーション300本、ブプレリューム200本、そのほかレザーファン、ロベです。

遺影はプロフィール写真で、3年ほど前に撮影されたそうです。

お通夜は真宗大谷派の僧侶の読経によって営まれました。

 

蜷川幸雄さんのお葬式で、再会を約束してた?

p1040505

平幹二朗さんは、2016年5月12日に亡くなった演出家、蜷川幸雄さんの舞台にも多数出演していて、5月16日、同じく青山葬儀所で開かれた蜷川幸雄さんの合同葬では、蜷川さんのために弔辞も奉読していました。

その弔辞の締めくくりは、『タンゴ・冬の終わりに』の中の一節から、「僕らはまた近いうちに再会する」という言葉を捧げています。

もしかしたら、この日が訪れることをどこかで感じていたのかもしれません。

 

元妻、佐久間良子さんもお別れに

お通夜の会場には、女優の三田佳子さんや、狂言師の和泉元彌さんら、多くの関係者らが集まりました。

また、女優で平幹二朗さんの元妻、佐久間良子さんも駆けつけました。喪主を務めた平岳大さんのことについて「ご立派でしたね」という報道陣の言葉に「ありがとうございます」と一礼されていました。

 

1dsc_0043_fotor

三田佳子さん

 

p1040348_fotor

高橋恵子さん

女優の高橋惠子さんは、「舞台を拝見した時、『(身体の)中身はボロボロだよ』とおっしゃっていましたが、舞台では(そのようなことは)全く感じさせませんでした」とコメントしていました。

 

p1040245_fotor_fotor

内野聖陽さん

 

dsc_0061_fotor

和泉元彌さん

数年前に平幹二朗さんと「共演させていただいた」という和泉元彌さん。

「本当に勉強させていただくことが多くて。あのご年齢で、若者を引っ張って体現してくださる方でした」と故人を偲びました。

1dsc_0096_fotor

佐久間良子さん

 

会場にはファンのためのお別れの場も

p1040141_fotor

会場には、ファンの方のために特設の祭壇も用意されました。

平幹二朗さんは広島県広島市出身で、1956年に俳優座から舞台デビュー。

俳優座を退団した後も、浅利慶太さん演出の『ハムレット』で主役を演じるなど数々の舞台で活躍。1970年代以降は、蜷川幸雄さん演出の作品でも長い年月にわたって主役を演じ、国内外で高い評価を得てきました。

映画やテレビドラマなど映像の分野でも幅広い活躍を続け、フジテレビで現在放映中の『カインとアベル』では、高田宗一郎役を演じていました。

 

(取材:草川一、小林憲行)

 

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す