はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

告別式が夏にある場合の服装はどうするべき?半袖でも大丈夫?

告別式の知らせは、季節を問わず、いつやってくるか分かりません。

特に厳しい暑さが続く夏は、人が亡くなりやすい季節でもあります。

参列する側にとっても、真っ黒な喪服を着るのは暑苦しくてつらいですね。

そうは言っても、厳粛な場で自分勝手なことをするわけにはいきません。

夏の告別式は、一体どんな服装をすれば良いのでしょうか。

また、周りへのマナーを配慮しながら、少しでも涼しく過ごすための工夫はあるのでしょうか。

 

軽装はダメ?葬儀にクールビズは無し

近年では、夏の職場でクールビズスタイルで過ごすのが定着してきています。

告別式でも、「白い半袖シャツに黒いネクタイを締めていればOKなのでは?」と思うかもしれません。

しかし、告別式に軽装で参加するのはNGです。

たとえ暑い夏場でも、男性は黒い上下のスーツと黒いネクタイが基本の服装です。

ジャケットは必ず着用してください。女性の場合でも同様です。

ノースリーブや半袖ワンピースの礼服もありますが、その場合は上からジャケットを羽織りましょう。

ストッキングの色はベージュではなく黒を着用して、シンプルな黒いパンプスを履きます。

 

サラリーマン

 

暑さをしのぐ工夫をしよう

軽装がダメだと言っても、汗がダラダラした状態で告別式に参加するのも見苦しいものです。

少しでも涼しく過ごせる工夫をご紹介します。

真っ黒の礼服は、夏の太陽の光を吸収して熱がこもりやすくなります。

熱を吸収しにくい特殊な生地や、ひんやりとした冷感素材で作られた礼服もありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

厚手の冬用と、風通しのいい薄手の夏用の礼服、2着そろえておくと安心です。

また、ジャケットの中に着るのは半袖シャツでもかまいません。

式場に向かうときはジャケットを脱いで持ち運び、式場の近くで着用すると良いでしょう。

 

季節に関係なくマナーを守ろう

告別式は、故人の冥福を心からお祈りして、最後のお別れをする大切な式です。

暑かろうと寒かろうと、季節に関係なくマナーを守ることが大切です。

参列者は、「暑い」という自分の感情を優先して、勝手なことをするのはつつしみたいものです。

また、悲しみくれる遺族に対しても、きちんとしたマナーや服装で接することにより、故人を尊重する気持ちが伝わることでしょう。

周りから明らかに浮いた服装をすると、「やってしまった…」と式中も上の空になってしまいます。

きちんと故人に向き合うためにも、恥ずかしくない服装で出席したいものです。

急な訃報に慌てないよう、礼服やネクタイなどを事前にそろえておくと安心でしょう。

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す