はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【大人の常識】知りたい!初盆の服装やマナー【喪服?平服?エプロン?!】

お通夜やお葬式が終わってほっとしたのもつかの間、次は夏に行われる、新盆(お盆)という法要があります。

その際にも、マナーを守った節度ある服装を心がけましょう。

では、いったい新盆(お盆)には、どのような服装が礼にかなっているのでしょうか。

夏の暑さ対策や手伝いをする時の気遣いにも触れながら、くわしく見ていきましょう。

身内の場合でも、知人の場合でも、基本的に同じと考えるといいでしょう。

 

新盆の服装は喪服で参加しましょう

新盆は葬儀ではありませんが、故人が亡くなって初めてのお盆ですので、基本的に喪服で参加するのが良しとされています。

葬儀を終えて間もない時期ですし、お寺のお坊さんを呼んでの法要ですので、できる限り礼装に近い服装での参加が望ましいでしょう。

喪服がない場合は、男性であればダーク系のスーツに身を包み、女性であれば黒のブラウスに黒のスカートといった服装の方が良いでしょう。

靴やバッグやアクセサリーなどの小物類についても、服装に合わせた地味なものを選びましょう。

 

汗

 

暑い夏!暑さ対策も重要

新盆は夏真っ盛りの時期に行われますので、非常に暑い中での法事です。

その際に無理をして倒れてしまっては、かえって迷惑をかけますので、暑さ対策は万全にしておきましょう。

一つ目として、喪服の生地は夏仕様のものにするということです。

春夏と秋冬では生地が異なりますので間違えないようにしましょう。

日傘や帽子などで日光を遮りたい場合には、できる限り地味な色目のものを選ぶようにしてください。

そして墓前にたどり着いた際には、必ず身から外すようにしましょう。

そうしなければ失礼に当たります。

 

手伝いするならエプロンを持参しよう!

新盆にただ参加するだけでなくお手伝いをする予定であれば、必ずエプロンを用意するようにしましょう。

食事の支度から子どものお世話、お膳の準備や後片付けなどをしている最中に、喪服が汚れてしまうことが多々あります。

女性のマナーとして、エプロンは持参しておいた方が良いでしょう。

色味は喪服に合わせたダークカラーが望ましいでしょう。華美なものでなければ白一色のものでも構いません。

あくまでもシンプルで、レースなどは付いていない方が良いでしょう。

地方によってはかっぽう着が良しとされている場合もありますので、風習のある地域の場合は、事前にどのようなものが最適なのかを聞いておいた方が良いかもしれません。

 

【関連記事】

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

3.5/5 (4)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す