はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【お墓から納骨堂へ】改葬手続きと費用

永代供養の場として利用されることが多い納骨堂ですが、どこのお寺で納骨改葬とは今あるお墓や遺骨を別の場所に移すことです。

最近では、先祖代々のお墓が遠いなどさまざまな諸事情で自宅に近い納骨堂へ移すケースが増えています。

この時に注意しておきたいのが、別の場所に移す際は費用が発生すること、そして手続きに必要な書類があることです。

この必要な書類や手続きをせずにお墓や遺骨を移してしまうことは法律で禁止されています。

お墓から納骨堂に改葬をする際の手続きや書類についてご紹介します。

 

改葬 その手続きと必要な書類

納骨堂への改葬を行う場合、一番最初に行うのは現在の墓地に改葬したいことを伝えることです。

お寺が管理している墓地から別の場所へ移す場合、お寺側は一つの檀家を失います。

後々トラブルにならないよう、お寺にあるお墓を移す場合は改葬の理由を冷静に伝えて理解してもらうようにしましょう。

改葬する手続きの中で必要になるのが、受入証明書、埋葬証明書、そして改葬許可証です。

自治体や移転先によって必要な書類が違うことがありますが、基本的に埋葬証明書や改葬許可証が発行せずお墓を移すのは法律違反です。

 

閉眼供養と魂抜きをする

納骨堂などへ改葬する場合、お寺に閉眼供養や魂抜きを行ってもらう必要があります。

この閉眼供養は閉眼法要や魂抜きとも呼ばれており、お墓に宿る仏様やご先祖様の魂を抜き取る供養を行うものです。

この閉眼供養を行わずに墓石から遺骨を勝手に持っていくことはできず、必ず僧侶や住職に閉眼供養を行ってもらう必要性があります。

また、墓石の竿石の部分を動かさなければならない場合にも閉眼供養は必要です。

 

お金

 

改葬には、どれくらい費用が必要?

お寺にあるお墓の改葬の手続きを勝手に進めてしまうと、後に高額な離檀料を請求されるケースがあるので注意が必要です。

基本的に改葬を行う場合、現在のお墓の撤去や移転先の墓地の使用料、工事などを合わせると200万円から300万円が目安となっています。

納骨堂へ改葬する場合、墓地の使用料や工事が必要ないので費用がおさえられます。

納骨堂を利用する場合、納骨費用として3万円前後、開眼供養料として3万円から5万円、戒名料などが必要です。

納骨費用や開眼供養料の相場が変動することがあり、これらの費用の他にも新たにお寺の檀家になると入檀料や年会費を請求される可能性があるので、移転先の納骨堂へ問い合わせてみましょう。

納骨堂を探したい方は納骨堂なびをご覧ください。

納骨堂ナビ(姉妹サイト)ではさまざまなタイプの納骨堂をご紹介しています。


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (3)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す