はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

「はじめてのお葬式ガイド」では、終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【急な不幸でも慌てない】会社帰りのお通夜、どんな服装で行ったらいいの?【大人のマナー】

不幸はいつ訪れるかわからないものです。

勤務中に訃報を聞いて、会社の帰りにお通夜に向かわなければならない場合もあるかもしれません。

きちんとした服装を整える余裕がない場合、どのような服装を心がけたらよいのでしょうか。

男性・女性それぞれの対処法をご紹介します。

急な不幸があると、気が動転してしまうこともあるかもしれませんが、過度にあわてないためにも、この知識を頭の隅にとどめておくと役に立つはずです。

 

喪服がない場合はスーツでOK?

本来、お通夜や葬儀の場ではブラックのスーツなどを身につけます。

しかし急な不幸の場合は平服(地味な色彩・模様の服)でもかまいません。

スーツの場合は、濃紺やダークグレーでも問題ありません。

シャツは可能であれば白いものが適切です。

女性の場合は、男性と同様に濃紺かダークグレーのスーツやワンピースでかまいません。

できるだけ肌の露出を控えるのが基本です。メイクも薄くしてください。

男女ともに、なるべく金属類は身につけないようにします。

指輪は結婚指輪のみ、ネクタイピンは必要ありません。パールの指輪やネックレスは例外として認められます。

 

ネクタイやストッキングがない!どうする?

男性の場合、急な訃報であっても派手なネクタイで弔問に出向くのはマナー違反です。

駅の売店やコンビニエンスストアでは黒のネクタイが販売されていることも多いので、探してみてください。

もしも途中で買えなかった場合は、ネクタイを外した状態で出向くのもやむを得ません。

女性の場合も男性と同様に、駅の売店やコンビニエンスストアで黒(またはベージュ)のストッキングを探してください。

肌の露出をできるだけ控えることがマナーであるため、スカートやワンピースの場合は黒やベージュのストッキングは必須といえます。

急な訃報に対応できるように、会社などに用意しておくとよいかもしれません。。

 

黒のストッキング

 

急な訃報だった旨を必ず伝える

急な訃報を受けて弔問に出かけることになると、どうしてもマナーに沿った服装が難しくなります。

ある程度は途中で買いそろえることも可能ですが、万全にはできないこともあります。

そのようなときは、「突然のことだったので、このような服装で申し訳ありません」などと遺族に伝えましょう。

マナーに合わない服装で葬祭の場に現れると、遺族や他の参列者から「失礼な人だ」と認識されてしまう可能性があるからです。

一言説明をしておくことで、「それならば仕方がない」と理解してもらえます。

最低限の説明を伝えたあとは、堂々とお焼香などを行ってください。

本来、葬祭の場で一番大切なことは故人をしのぶ気持ちです。

故人との関係がごく近い人をのぞけば、訃報は急に知らされることが多いため、喪服に不備があったとしても気にしすぎる必要はありません。

 

【関連記事】

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す