はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【知らないと恥をかく!?】香典袋と金額の関係

お葬式には服装、ふるまい、あいさつなど気をつけるべきマナーがありますが、香典にも注意すべきマナーが多く存在します。

例えば、香典に包む金額によって、香典袋の種類に気をつけたり、お金を包む中袋にも記入する内容とそのルールがあります。

さらには香典袋に使用するお金や、入れる際にもやってはいけないマナー等注意すべき点がたくさんあります。

今回は香典に包む金額の相場、そして香典に関して注意すべきマナーをご紹介します。

香典の相場と金額別の袋

香典として包み金額は故人のおつき合いの深さによって異なります。

血縁のある親族や、故人の職場の直属の上司などは包む金額が多くなります。

親、両親、義理の両親であれば20代であれば3万円から10万円、それ以上の年齢になると10万円が相場になっています。

兄弟、姉妹であれば3万円から5万円が、祖父母であれば1万円から3万円が相場です。

また勤務先の上司、同僚、部下や友人であれば5千円から1万円が相場です。

香典袋は包む金額が1万円以下であれば水引が印刷されてシンプルなものを、1万円以上であれば実物の水引がかかっているものを選びましょう。

 

習字

 

香典の中袋の書き方

香典袋には会計係がスムーズに金額を記帳できるように中に包んだ香典の金額を書いておく中袋というものがあります。

中袋のはお金を包んで、裏面に金額と住所氏名を記入します。正式には筆で書くものですが、最近ではペンで書くことも多いです。

数字の表記には漢数字を用います。1,2,3を表したいときは壱、弐、参と書きます。

ただし現在では普通の漢数字で書くことも多くなってきているようです。

具体的な記入例では3万円を書きたい場合は、金三万円、金参萬円、金参萬圓と書きます。

金額の後に也(なり)を書く場合もありますが、これはなくても結構です。

 

お金の入れ方に気を配る

香典に使用するお金に新札を使うのはマナー違反です。

不祝儀のマナーには地域差や宗教による違いがあるもののこの点ではほぼ一致しています。

新札は訃報に前々から準備していたようで失礼にあたると考えられています。

もし新札を使用する場合は一度折って折り目をつけてください。逆に汚れていたりしわしわのお札を用いるのもマナー違反です。

中袋にお札を入れる向きは、顔がある側が最終的に表面に来るように入れるなど諸説ありますが、考え方が地域によって変わりますので、どのように入れても大丈夫でしょう。

ただし、2枚以上入れるときは同じ向きになるように入れるという点はどの地域であれ守るべきマナーですので注意してください。

香典の平均金額に関して詳細を知りたい方はいい葬儀で詳しく説明をしています。香典の金額についてもっと知りたい方は「第2回お葬式に関する全国調査」をご覧ください。


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4.67/5 (3)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す