はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

香典袋の種類はひとつじゃない!どんなものがあるの?


Warning: Illegal string offset 'post_id' in /var/www/le2-wordpress/guide/wp-content/plugins/multi-rating/includes/class-api.php on line 733

急な不幸の知らせを受けてまず用意するものの一つに香典があります。

喪服や数珠は自宅にあっても、一般的に不祝儀の熨斗袋をストックしているケースは少なく、コンビニやスーパーへ駆け込むことも多いのではないでしょうか。

しかし近年ではコンビニで取り扱う香典袋にも幾つか種類があり、表書きや水引がそれぞれ異なる商品を目にします。

お悔やみのマナーは宗教ごとに違いがあるなどややこしいものですが、慌てて間違えないためにも香典袋の種類について知っておきましょう。

 

御霊前と御香典の違い

香典袋を買う際に、間違え易いのが「御霊前」と「御香典」です。

「御霊前」と「御香典」は仏教で使用される表書きで、この他には「御仏前」もあります。

一般的に葬儀や四十九日法要で用いる不祝儀袋(香典袋)は「御霊前」と表書きされている物で、四十九日法要が過ぎたら「御仏前」を使用します。

ただし、仏教の宗派で異なる場合もあり、真宗の葬儀では「御仏前」を用いるのが正しい選択です。

「御香典」は故人へ花や線香など供物の代わりとして香典(金品)を供える意味を持つ言葉で、「御霊前」と同じく四十九日法要までに使用する香典の表書きです。

 

御霊前

 

神道とキリスト教の場合はどうなる?

宗教によって用途が異なる香典袋の種類ですが、仏教の葬儀にも使用される「御霊前」は、神道やキリスト教の葬儀に持参する不祝儀袋に書かれる表書きにも適します。

神道には、故人は御霊になりやがて神となるとの考え方があり、キリスト教の場合は、個人は霊魂となり神へと召されるとの考え方があるためです。

ただし、「御霊前」と表書きされた香典袋のデザインにハスの花が用いられている商品は、仏教のみに利用してください。

また「御霊前」の他に、神道では「御神前」や「御玉串料」の表書きが、キリスト教の場合は「お花料」と書かれた不祝儀袋を使用します。

 

水引の種類で中身が違う?

香典袋には水引がプリントされている商品や、袋本体と水引が離れるスタイルの物などがいろいろ売られています。

一般的に水引きがプリントされている商品は値段が安く、水引に施される装飾が複雑な商品や、袋本体に高級和紙を採用したものなどはグレードが高いです。

値段には幅がありますが、香典を持参する際には香典袋のグレードと釣り合う金額を包みます。

目安としては、五千円以下の場合は水引がプリントされた香典袋、三万円程であれば水引が黒白か双銀のものでプリントされていない香典袋、三万円以上の香典には高級素材が使用されている双銀の香典袋と、中身とそれを包む香典袋はバランスが大切です。

各香典袋には用途の説明書きが付属していることが一般的ですので、必ず確認してから使用しましょう。


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す