はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【みんなはどうしてる?】葬儀後の遺影

葬儀後の遺影をどのようにしたら良いか多くの人が悩むことでしょう。

葬儀のときに飾る場合、大きなサイズが多いので、その後の日常生活でこれを飾る場所や保管する場所を決めるのはなかなか難しいことです。

さらにこれを処分しようと思ったときは、その方法やどこに頼めば良いかということも考えなくてはなりません。

遺影は仏具ではないので基本的には処分の仕方は自由ですが、普通のゴミとして出すのに抵抗のある人は多いでしょう。

そんな人のために、ここではいくつかの方法をご紹介したいと思います。

 

初盆や法事で必要なら保管する

葬儀で使った遺影が初盆などで必要があると思われる場合は保管しておく方が良いでしょう。

ただ初盆や法事などはそれぞれの宗派や家庭によって規模や方法が異なります。

自分たちが行う場合はどんなものになるのか、あらかじめ良く考えておくことが大切です。

また遺影そのものには宗教的な意味はないので、遺影に敬意を持つことは大切ですが、その取扱いについては位牌などと同じようには考る必要はありません。

さらに他の儀式などで故人の写真が必要な場合も、手間や費用はいくらかかかりますが、葬儀のときとは別の写真を使っても問題ありませんので、遺影にこだわりすぎる必要はないと言えます。

 

部屋の女性

 

おすすめ!サイズを小さくして飾る

遺影のその後について、おすすめの方法は写真のサイズを小さくすることです。

現代は核家族が多く、仏間のない家もたくさんあるので、大きな遺影を飾るスペースがない場合があります。

その点、小さいサイズにしてもらえば飾る場所の選択肢が増えるので、これは現代に合った方法だと言えるでしょう。

また地震対策を考えた場合も、額に入った大きな写真が落ちてくる危険性を考えると、小さなサイズにしておくというのは望ましいことかもしれません。

その他、遺影をデータ化してパソコンなどで保存する方法も考えられます。

故人に対する敬意を忘れなければ、後はそれぞれの生活や時代に合ったやり方を考えていくのが良いと言えるでしょう。

 

保存に困ったら寺や神社で供養する

遺影を飾ったり保存するのがどうしても困難になった場合、お寺や神社で供養をお願いすることの可能です。

この場合はある程度の費用がかかりますが、それを払っても気分的にはすっきりすることでしょう。

ただ遺影の処分の場合は、どうしてもこのような供養を行う必要があるわけではありません。

例えば自宅の庭で祈りながら自分で焼却することも可能です。

遺影の場合はそれを処分する人の気持ちが大切になってきますので、どのような処分の仕方が一番後悔や心配が残らないですむかということを考えながら選ぶといいでしょう。

なお、お寺での供養を考える場合はどうしても菩提寺でなければならないわけではありません。

その場合のお寺の選び方はネットで調べたり、葬儀社に相談してみると良いでしょう。


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4/5 (1)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す