はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【いざという時】スナップ写真は使える?遺影に向いている写真とは?


Warning: Illegal string offset 'post_id' in /var/www/le2-wordpress/guide/wp-content/plugins/multi-rating/includes/class-api.php on line 733

遺影は葬儀屋、または専門業者に依頼できますが、どのような写真に仕上がるのか、気になるところです。

遺影は、背景によって、印象が変わることをご存知でしょうか?

それでは、背景色はどのようにして決めるのでしょうか。

単に好きな色を……と思うかもしれませんが、一概にそうとはいえないようです。

遺影について事前に知っておくと、いざというときに、いろいろ悩まなくて済みます。

人生の最後を飾る遺影ですから、故人らしさを引き立たせ、最高の写真となるようにしたいものですね。

 

スナップ写真で大丈夫?遺影の背景は修正できる

遺影に使う写真は、決まった形でないといけないようなイメージもありますが、故人が生前お気に入りだった写真や、遺族が好きな写真を使う人も増えてきました。

証明写真のようにかしこまっていなくても、スナップ写真でもまったく問題はありません。

姿はそのままで背景を加工することが可能です。

カジュアルな服装のままでも構いませんが、正装を希望する場合は、スーツや着物などと合成することで、好きな服装にすることが可能です。

きちんと正装をして背景色を落ち着いた色、または明るい色にするだけで、スナップ写真が、すてきな遺影にでき上がります。

また、色だけではなく、背景に花や景色を加えることもできます。

 

カラーチップ

 

みんなはどうしてる?人気の背景色は?

一般的に加工する際は、背景色はモノトーン系やブルー系が多いようです。

特にブルーやグレーは日本人の肌の色と相性がよく好まれます。

少し暗めなグレーよりもブルーの方が明るい印象です。

肌の色、服の色、背景色を同系色にすると一見、相性がよさそうに思えますが、顔だけが浮いたような印象になってしまうので、注意が必要です。

背景色を選ぶときは色見本がありますので、全体をイメージしながら選びましょう。

どの色が合うのか分からない場合は、いくつかの希望を伝えてみると、希望の遺影になるよう、細かく相談に乗ってくれます。

 

自然な姿でもOK!背景を変えなくても問題ありません

最近はスナップ写真をそのままに、背景も変えず遺影として使う方も増えてきています。

なるべく自然な姿で残したいという気持ちが込められているようです。

写真を撮った場所が思い出の地だったり、旅行先の美しい景色を入れたいなどの希望も多いです。

外出時の写真は、帽子を被っていたり、横顔、他の人物が写っていたりと、一見、遺影に不向きと思われがちですが、いずれも遺影として使用できます。

ただし、写真に写りこんでいる不要な部分は取り除く処理が必要です。

色の調整や明暗でも、写真の印象が変わるため、とても重要です。

ピンボケせずにはっきり写っているものであれば、プロに頼めばどんな写真でも自然な形に仕上げてくれます。

 

【関連記事】

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す