はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

弔電の送り方、手順や文例を知っておこう

円滑な社会生活を送っていく上で、冠婚葬祭は避けて通れないものです。様々な儀式・儀礼が存在しますが、中でも『弔電』と聞いてぴんとくる方はそう多くないかもしれません。

お世話になった先生や上司や近所の方など大切な方が亡くなられた時、どのようにすればきちんとお悔やみの気持ちを伝えられるでしょうか。ここでは実際の葬儀で使われている弔電の文例をもとに、弔電を送る手順や注意点などについて詳しく解説をしていきます。いざという時にご遺族の方にご迷惑をかけないためにも、この機会に学んでおきましょう。

 

弔電とは

大切な方が亡くなったという知らせを聞いた時、貴方がとるべき行動は何でしょうか。もっともふさわしいのは通夜や葬儀に駆けつけ、直接お悔やみの気持ちを伝えることかもしれませんが、仕事や家庭の都合など様々な事情があってそうもいかない場合もあるでしょう。

弔電とはそういう時に喪主や遺族の方々に対してお悔やみの気持ちを込めた電報を送ることを指します。当然の話ですが、弔電は葬儀に使われるものなので遅くとも告別式に間に合うように前もって手配を行う必要があります。

 

弔電を送る手順

では実際に弔電を送る際の手順を、実際の動きをもとに解説していきます。まず弔電として実際に送りたい文章を考え、送り先の住所・名前を調べるところから始まります。住所と名前が確認できたら局番なしの115に電話しましょう。次に担当オペレーターに自分の電話番号と名前を告げ、送り先の住所と名前を正確に伝えます。ここで台紙を選ぶようにという指示があったらそちらに従います。

々な台紙が提示されるので、ふさわしいものを選びましょう。電報に記す文章をゆっくりと読み上げ、自身の役職と名前を告げ、オペレーターから文字数と料金案内を聞いたところで終了です。

 

お悔やみを電報で送る際の注意点とは

どうしても葬儀などに参列出来ない場合、お悔やみの弔電を送ります。

弔電を送る時の注意点は以下の通りです。

宛て先は喪主宛てに送るのが望ましいです。

この時、誰が喪主を引き受けるのか確認しておかないと、葬儀の準備などで疲れている遺族の方々に負担をかけてしまう恐れがあります。

また、弔電の送り先を故人や喪主の自宅にしても良いのですが、葬儀が完全に終わるその時まで遺族が葬儀場にいる可能性があるので、事前に葬儀場の住所や電話番号を教えてもらい、そちらに送りましょう。

送る時期ですが、葬儀に間に合うように弔電の手配を済ませておきましょう。

 

パソコンをする人

 

ウェブサービスから手軽に送れる弔電サービス

わざわざ弔電の手書きを送ったり、電話で申し込んだりしなくても、ネットで手軽に弔電を申し込めます。

さまざまな会社が弔電サービスを提供しており、文面が分からない人のために定型文を数百種類も用意している会社もあれば、24時間いつでも申し込みを受け付けている会社などもあります。

特に時間がない人にとって数分で弔電を送ることが出来るサービスは、とても利便性が高いです。

料金は、安い物であれ1,000円くらいからあり、高いものだと1万円を超えるものもあります。

プリザーブドフラワーやお線香などセットの弔電は値段が高くなるようです。

 

弔電で使う敬称

弔電では、以下のような敬称を使います。

  • 実父・義父=「御尊父」
  • 実母・義母=「御母堂」
  • 実の祖父・義理の祖父=「御祖父」
  • 実の祖母・義理の祖母=「御祖母」
  • 夫=「御主人」
  • 妻=「御令室」
  • 息子(血縁でなくても)=「御子息」
  • 娘(血縁でなくても)=「御令嬢」
  • 兄(血縁でなくても)=「御令兄」
  • 姉(血縁でなくても)=「御令姉」
  • 弟(血縁でなくても)=「御令弟」
  • 妹(血縁でなくても)=「御令妹」
  • 孫(血縁でなくても)=「御令孫」

 

弔電の文例

一般的な弔電の文例だと「ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます」といったお悔やみの言葉が基本です。

お父様に対してなら「御尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします」となり、お母様に対してなら「御母堂様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします」という文例が一般的です。

この時、文面にその人がどんな人であったかを伝えるのも良いでしょう。

基本的に、一般的な文面なら「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈りいたします」という二つの文は必要です。

 

弔電のマナーを知り失礼のないように注意しよう

これまで弔電について様々な観点から述べてきましたが、いかがだったでしょうか。一見、馴染みがないように思える弔電というシステムも「宛て先を喪主にする」「送り先を葬儀場にする」「葬儀に間に合うように手配する」といったいくつかの点を守れば特に気負う必要はありません。仕事や家庭の都合で時間がないという方も便利なwebサービスを利用するという方法もあります。大切な方を失い、ただでさえ気落ちしている遺族の方々にできるだけ負担をかけないよう、注意して葬儀に臨みましょう。

弔電の文例についてはいい葬儀でも紹介をしていますので、こちらも合わせてご覧ください。


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4.5/5 (4)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す