はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

お墓参りの供花、造花でも問題ない?

故人への感謝の思いや懐かしさや偲び、命日をはじめ、お彼岸などにお墓参りをしますが、その際にお供えする花は、近年造花も多く見られるようになってきました。

造花を供えることのメリットや選び方、注意すべきマナーにはどのようなものがあるのでしょうか。

また、最近は半永久的に咲き続けるように加工されているプリザーブドフラワーの供花も人気があります。

その魅力についても詳しく見ていきましょう。

 

お墓参りの供花に関する基本的なルールとは

一般的に、お墓には左右両側に供花を活ける場所があります。

供花を用意する場合には、両方にお供えできるように2対同じ花束を用意するのが通常です。

花の種類は、偶数ではなく必ず奇数本にするのがルールとされています。

偶数は死を分けることを意味するのであまり縁起が良いとは言えないからです。

奇数本の場合でも、7本などあまりにも数が多くなると、花が溢れてしまい、隙間がないと湿気が溜まりやすく虫が付いたり枯れたりしやすくなるので注意しましょう。

適度に通気がある本数を活けるといいでしょう。

また、四十九日までは、供花の色はあまり派手なものではなく、白を基調としているものを選びましょう。

 

供花を造花にする際のマナーとNG例

ずっと綺麗な花を活けておきたいのであれば、造花を活けるのもひとつの方法ですが、その際にもマナーを知っておくことが大切です。

まず、造花であっても、茎にトゲのある花は避けるようにしましょう。

トゲのあるバラは、供花としてふさわしくないので、生花でも造花でも避けるのが無難です。

色においては、四十九日以降であれば鮮やかな色の造花も喜ばれるでしょう。

また、造花を活けるにあたって、その地域の風習や宗教的な問題などで好まれないケースも見られます。

供花を造花にするのが不安であれば、お墓がある寺や遺族に確認すると良いかもしれません。

造花は軽いので、風がきついと飛んでしまう可能性もありますので、重りを入れるなどの工夫をすると良いでしょう。

 

花

 

最近人気のブリザードフラワーと造花の違い

近年では、供花としてプリザーブドフラワーを供えるのもトレンドとなっています。

プリザーブドフラワーは見た目が生花と同じに見えるのですが、特殊な加工により半永久的に咲き続けます。

また、生花と違って水をやる必要がありません。

一方、造花はシルクなどの素材を使って作られた花であり、これも枯れることはありません。

生花をお供えした場合、定期的にお墓を訪れて花を入れ替えなければ枯れてしまい、そのままにしておくと、見た目だけではなく、衛生面でもあまり良いとはいえないでしょう。

しかし、造花やプリザーブドフラワーであれば、お墓が遠方で頻繁に行けない場合などでも、ずっと枯れずに美しく咲き続けるので、近年人気を呼んでいます。

日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (3)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す