はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【どうしても置けない】仏壇の処分どうしたらいい?知りたい!ルールや廃棄方法【閉眼法要・魂抜き】

自宅に仏壇がありますか?

近年、核家族化が進んだことで自宅に仏壇がないという家庭も増えてきましたが、今は手元に仏壇がなくても、いつか自分が仏壇を守らなければいけなくなる時がくるかもしれません。

また生活のスタイルやさまざまな事情から、仏壇を処分せざるを得ないケースも増えているようです。

仏壇を処分することは、自分の大切な人が宿っているのですから、簡単に決断できず迷いが出るのは当然です。

そこで、処分する場合、何に注意しなければならないのか、どのような方法があるのかを知っておくことはとても大切です。

仏壇を処分しなければならない事情とは

仏壇処分を検討される事情は、大きく2つに分けられます。

1つは住宅環境の問題です。

物理的に仏壇を置くスペースがないのです。

昔ながらの仏間にあるような大きな仏壇をマンションに置くことが難しい、もしくはそこまで大きなものでなくても、和室がない住宅も増えており、簡単にいかないケースが多いようです。

もう1つは、承継者がいないという問題です。

子どもがいない、子どもはいるが嫁(婿)に行ってしまったなど、仏壇を承継してくれる人がいなければ、自分の代で処分しなければ先祖を困らせてしまいます。

親族の中には、事情は理解をしても仏壇の処分に拒否感を示される方もいるでしょう。

そんな時は、正しい処分の方法をしっかりと説明をすることで納得してもらう努力をしましょう。
和室

処分の前に確認しておくべきこと(開眼法要とは)

まず仏壇を処分する前に確認ずべきは、「開眼法要が行われているかどうか」です。

自分ではわからない場合は、菩提寺に確認しましょう。

故人の魂は何もしなくても自然に仏壇に宿ります。

その霊位を呼び覚ますという意味で「開眼」を行うことを「開眼法要」と言います。

「魂入れ」とも言われ、これを行った仏壇は、故人の魂が定住する状態になります。

そこで、「開眼法要」を行った仏壇である場合は、処分を始める前に「閉眼法要」「魂抜き」を行うことが必要です。

これは故人の魂を鎮め、仏壇から離すための法要で、「閉眼法要」「魂抜き」を行うことで仏壇をただの木の入れ物へ戻すことになります。

故人の魂ごと処分してしまっては大変ですから、必ず事前に確認して法要を執り行うようにしてください。

仏壇の引き取り先を調べておこう

「閉眼法要」後、ただの木の入れ物となった仏壇の引き取り先は3つあります。

1つめはお寺です。

「閉眼法要」後、そのまま「菩提寺に引き取ってもらえる場合もありますので確認をしてみましょう。

2つめは仏具店です。

仏具店は販売だけでなく、処分サービスを行っているところがほとんどです。

「閉眼供養」から含めて請け負っているお店もあります。

3つめは自治体です。粗大ごみとして引き取ってもらうことになります。

お寺、お店、自治体、仏壇のサイズにより料金もさまざまですので、問い合わせをして検討されることをおすすめします。

仏壇の処分についてはいい葬儀の姉妹サイト「いい仏壇」でも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

【2019年秋のお彼岸特別企画(いい仏壇)】購入金額に応じて最大30万円分ギフトカード、さらに抽選で現金10万円プレゼント

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (1)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す