親の孤独死を防ぐ一手は「電球」にあり!?凄絶体験談に見る孤独死対策とは

孤独死のイメージ。孤独死対策ツールの解説
Adsense(SYASOH_PJ-195)

身近にあり得る孤独死ーあなたは、あなたの親はどう考える?

2019年に内閣府が発表した結果によると、日本における65歳以上の高齢者の数は、3,515万人と過去最高の数字を記録。今や日本は全人口の27.7%が高齢者なのです。

さらに、一人暮らしをしている高齢者の数は年々増加の一途をたどっています。

「平成30年版高齢社会白書」では、2016年時点で約656万人の高齢者が一人暮らしだと判明しています。男女別に見ると、65歳以上の高齢者のうち男性で5人に1人、女性で4人に1人が一人暮らしをしています。

一人暮らし高齢者の死亡者数は年々増加

独居老人の増加が引き起こす社会問題は、孤独死です。

少子化、未婚率の上昇などさまざまな事情から家族と世帯をともにしない高齢者が増えているなか、多くの高齢者がこの危険にさらされています。

以下のグラフからわかるように、東京23区内で孤独死した高齢者は年々増え、2015年には3,000人を超え、さらに増加を辿っているのです。

平成30年版高齢社会白書が公表している「東京23区内における1人暮らしで65歳以上の人の自宅での死亡者数」を示したグラフ。2016年には3179人となっている。
出典:内閣府「平成30年版高齢社会白書」

高齢者自身が孤独死を身近に感じ始めている!?

そんな中、高齢者自身は孤独死をどのように考えているか?という調査結果も発表されています。

その結果として注目したいのが、「一人暮らしの高齢者ほど、孤独死を身近な問題として捉えている」という点。実に約半数の高齢者が、孤独死を“自分ごと”として捉えているのです。

そしてまた、この割合は年を経るごとに高くなってきている。つまり年々、孤独死を不安に思っている一人暮らし高齢者が増えてきているのです。

この結果を見て、高齢の親が一人暮らしをしている、という読者の皆さんはどう思いますか?何を考えますか?

令和2年版高齢社会白書が公表している「孤独死を身近な問題と考えている高齢者の割合」を示したグラフ。一人暮らし高齢者の半数以上が孤独死を身近な問題と捉えている
出典:内閣府「令和2年版高齢社会白書」

「親を孤独死させたー」。60代男性の凄絶体験・後悔談

「我が親を孤独死させてしまった」。5年前のこととはいえ、今もおりにつけて自責の念にかられているという酒井茂さん(仮名/68歳)に、お話を伺うことができました。

―お父様を亡くされたときの状況を教えていただけますか?

酒井さん:
父が孤独死をしたのは5年前。私は63歳、父は90歳でした。

実家は和歌山県の山間部で、私が大学入学を機に上京して以来ですから、もう40年以上、離れて暮らしていました。

独身時代や子どもが小さかった頃は年に数回は帰郷していたのですが、息子が成人してからは多くて年に1回程度で。父が亡くなった5年前は数ヶ月に一度、電話をすれば良い方で、それ以前の3年間は帰郷もしていませんでした。

―その程度だと、日常の些細な出来事や体調面の変化などに気づくのは難しそうですね…

酒井さん:
父はずっとガラケーでしたし、パソコンも持ってはいたようですが使っていたかどうかもわかりません。父の顔を見るツールもないですし、日々、何をして過ごしているかなんてこともわかりませんでしたね。

どの家庭もそうだと思うんですが、親は子どもに心配や迷惑をかけたくないと思っているはずなんですよね。父からも体調が悪いなんてことは一言も聞いてませんでしたし、亡くなるような病気にかかっていたなんて、露ほども想像していなかったんです。

90歳にもなれば、どこかに悪いところがあって当然なのに、それを想像もしなかったなんて…本当に不肖の息子です、私は。

―辛いことを思い出させてしまいますが…お父様が亡くなったその現場に立ち会われたそうですね。

酒井さん:
父と連絡が取れないと親戚から連絡があり、急いで実家に戻ったら、寝室の布団の上で亡くなっている父を発見しました。死後半月ほど経っていたようで、腐敗が進み、虫もたかっていましたね。9月の終わり、涼しくなってきた頃ではあるんですが、とにかく匂いがきつかったことを覚えています。

布団の脇に湯呑みが倒れていて「これで水かお茶かを飲もうとしていたんだろうな」とか、お薬手帳が出ていたので「薬局には行こうとしていたんだな」とか、いろいろ想像が膨らんで涙が止まりませんでした。

そう、寝室の電気は点いたままでした。雨戸がしまっていたので明かりが外に漏れず、それで発見が遅くなったのか、と。同時に、今回の取材の話を聞いて、電球で生活の様子を推測できてさえいれば父を一人で逝かせることもなかったのに、と後悔しています。

孤独死対策としての見守りサービスの“今”

酒井さんのように、離れて暮らす親がいるという方から「親の見守りをしたい」というニーズが多く聞かれるようになった昨今。「見守りサービス」というジャンルの商品・サービスがますます多様化しています。

それらは「接触型」「非接触型」「対面型」とに分けることができます。では、それぞれの特徴を簡単に見ていきましょう。

接触型見守りサービス

  • 押しボタン式
  • ペンダント式
  • センサーマット
  • ナースコール

テレビCMなどで見かけるのは、ポットのお湯を押したことが子どものスマホに通知されるというもの。日常生活のワンシーンで手軽に親の安否確認ができると好評のようです。

ただしこれらは、文字通り接触しないと反応しないツールのため、本人が触らないことには安否確認する術にならない、という難点があることも事実です。

非接触型見守りサービス

  • カメラ
  • 人感センサー
  • ドア開閉センサー
  • GPS機能付き携帯電話
  • ウェアラブル機器

見守り用のカメラは浸透しだしていますよね。高齢者宅にカメラを設置して、生活の様子をリアルタイムでも見られるというツールです。

ただ、一般的なカメラだと設置された家庭に“見られている”という感覚が生じるなど、プライバシーの問題がデメリットとなることも。見る側・見られる側の認識や感情の共有が必要ではあります。

対面型見守りサービス

実際に高齢者宅を訪問して安否確認を行ったり、定期的に電話で話をしたり…といったものも、見守りサービスのひとつです。

これらは人が介在するサービスということもあり、コストが高くなりがちなのがネックとして挙げられます。

いずれの種類のサービスも、まだまだ改良の余地はあり。今後のさらなるサービス内容の拡充、また低コスト化の実現に期待したいところ…という現状において、「いい葬儀」も注目しているのが以下でご紹介する「goo of thingsでんきゅう」です。

電球の点灯・消灯で高齢者を見守る「goo of thingsでんきゅう」

「goo of things でんきゅう」は、離れて暮らす両親、一人暮らしの高齢者の生活を、電球のオン/オフによって見守ることができるサービスです。

高齢者宅の電球を「goo of things でんきゅう」に取り替えるだけでOK。見守る家族のスマートフォンに「点いた」「消えた」のサインが送られることで生活を見守ることができる、というわけです。

点灯・消灯情報から生活リズムの変化に気づける

専用の電球による点灯・消灯情報から生活リズムの変化に気づき、緊急時や異常があった場合の対処をいち早く行うことができます。

「異常時」「正常時」の判別が可能で、安否確認ができる

過去の通知履歴から「異常時」「正常時」を確認することができ、日々の生活リズムを把握することにもつながります。

「goo of thingsでんきゅう」の3つのメリット

設置が手軽で簡単

使用方法は、普段、使っている電球を「goo of things でんきゅう」に取り換えるだけと、とても簡単。電源の設置やインターネットへの接続など、面倒な設定はありません。
※ご利用時は、スマートフォンの電波が入るエリアである必要があります。

LED電球だから長持ちする、というのも嬉しいポイントです。

他サービスに比べて安い

1ヵ月にかかる費用は638円(税込み)という安価な設定も大きな特徴。1日に換算すると約21円…と考えると、すごくおトクに感じられますよね。

プライバシーに配慮されている

例えば見守り用カメラを高齢者宅に設置すると、生活の一部始終を“見られている”という感覚に。たとえ親子といえど、プライベートを見られているのは気持ちの良いものではないですよね。

その点、「goo of things でんきゅう」は電球のオン/オフが見守りの動因となるので、「プライベートを見られている」という感覚はないはず。安心して利用できるのが良いですよね。

「でんきゅうAI」ならさらに!日常生活機能の低下レベルを“推定”できる!

「goo of thingsでんきゅう」の上位バージョンとして「goo of thingsでんきゅうAI」があります。

商品名の通りAIを搭載したモデルで、電球の点灯情報から抽出した高齢者の行動パターンの変化を基に、独自のAIで高齢者の日常生活機能の低下のリスクを推定する機能を搭載しているというスグレモノです。

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す