はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

喪服のスカート丈は膝からこぶし1つ分上?下?

冠婚葬祭の何が困ると言って、「どんな服を着ていくか?」ということが一番悩ましいのではないでしょうか?

ことお葬式になると失敗は許されない気がします。

喪服を着るってことはわかっているけど、何年も前に買ったものだし……。できれば会社の人にはおしゃれに品よく見せたいし、旦那の親せき系には特に負けるわけにはいかないし……。

そこで今回は、大人の女子のための喪服のマナーについてご説明します。

どうして喪服の失敗は目立っちゃうの?

まず、とても悲しいことですが、必ずしもすべての参列者がお葬式の間中ずっと、故人の冥福だけを祈っているわけではありません。

中には長時間にわたる式でちょっと疲れたり、飽きたりしている人もいます。そんな時、つい目がいってしまうのが、ほかの参列者の身だしなみです。

特別な事情の方をのぞいて、お葬式に参列し慣れている人というのはあまりいません。めったにないことだからこそ、自分自身の喪服も「大丈夫かな?」と心のどこかで小さな不安を感じつつ参列している方が大半です。ついついほかの人の服装にもよく気がいてしまうのには、こんなわけがあるのではないでしょうか。

お葬式に関する全国調査で、「お葬式でビックリしたことはなんですか?」という質問の結果を見ると、「一部の参列者の服装が葬儀にはあまりふさわしくないような黒のレース仕立てのスカートやバックバンドパンプスだった」と、参列者の服装に関する回答もいくつか見られます。

皆同じような服装のはずなのにもかかわらず、いや、似たような服装だからこそかえってちょっとした違いが目立ってしまう。そのあげく、「あの人、スカートの丈ちょっと短すぎるんじゃない?」などと、意外とじっくり観察されてしまうのが、喪服の怖いところなのです。

>>喪服のスカート丈を直したい!方法は?費用はどのくらい?

女には3つの喪服がある

23-1

ここで、女性の喪服の基礎知識についておさらいします。

喪服には「正」「準」「略」と3つの種類があります。

故人との関係や、そのお葬式での立場に応じて異なります。

正喪服

喪主や遺族など、故人に近く、式の中ではあらたまった立場にいる人の喪服です。

女性の場合は和装の場合は、黒無地に染め抜きの5つ紋。洋装の場合は黒のスーツ、ワンピース、アンサンブル。装飾がなく体のラインが出ない、シンプルなものが望ましいでしょう。

準喪服

喪主や親族以外の方の参列の装いです。

一般的な喪服と言われるもので、黒のスーツ、ワンピース、アンサンブルを着用すれば問題ないでしょう。

喪家よりも格を下の装いにするのが礼儀とされていますが、最近では喪家が準喪服を着ていることも多いので、その場合は準喪服でも問題はありません。

この正喪服、準喪服までがフォーマルな装いになります。

略喪服

故人の知人という立場の方の装いで、急なお通夜や自宅への弔問時など、お葬式以外の場での服装です。

グレーや紺など、黒以外であっても落ち着いた地味な色であれば良いとされています。ただし肌の露出は避け、また靴は黒いものを用意します。

以前はお通夜は、略喪服で参列するのが一般的でした。「あらかじめ準備をしていた」=「故人の死を待っていた」という誤解を避けるという言われがあったようです。

しかし近年では、葬儀・告別式の代わりにお通夜に参列する人の割合が増えています。そのため、準喪服でお通夜に出るということも一般的になっています。

スカート丈どのくらい?

上着は長袖、ひじが隠れるのが基本です。また、アンサンブルのスタイルであれば、お葬式の間は、ジャケットを必ずはおります。スカートの丈も正座をした時にひざが隠れるくらいの丈と言われています。

最近では、葬儀会館など専用の施設でのお葬式が主流ですので、喪服を着て正座をする機会は減っていますが、イスに腰掛けた時に、ひざが隠れる丈がよいでしょう。ちょうど膝からこぶし1つ分“下”が望ましいでしょう。

喪服にふさわしいストッキングの色

ストッキングは黒が一般的ですが、お通夜や法事の席などでは、肌色のモノを着用してもよいでしょう。

最近では喪服もさまざま。デザインやシルエットなど種類も昔に比べると豊富になっています。身だしなみを整えて、故人と心ゆくまできちんとお別れしたいですね。

ちなみに、うっかりスカートの丈を膝からこぶし1つ分“上”にしてしまうと、「あの人、スカートの丈ちょっと短すぎるんじゃない?」と言われてしまう恐れがあるので、気を付けましょう。

靴についても気になるという方は、「葬儀・葬式にはどんな靴を履いていったらいいの!?【女性編】」をご覧ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (5)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す