はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【身だしなみ】実は非常識!?葬儀・葬式に適した鞄(バッグ)に関する豆知識

葬儀・葬式に参列するときは、故人を偲ぶ思いとともに、マナー違反をしないように心がけることが大切です。

特に気を付けたいことの一つが、男性・女性ともに、どんな鞄(バッグ)を持つべきか……という問題です。

ブラックフォーマルなどの礼服とセットで販売していることも多いのですが、バッグだけを別途用意することになるケースも珍しくありません。

「黒なら何でも良いのだろうか」と疑問に思った方は、鞄(バッグ)の柄や素材、金具などについて今一度チェックしてみてください。

実は、大きなマナー違反をしてしまっている可能性があります。

 

ブラックフォーマルに適した鞄(バッグ)とは

喪に服すため、華美な装いは避け、黒一色にすべきと言われるお葬式ですが、バッグについては単純に「色が黒なら大丈夫」と思うのは誤りです。

素材に光沢がある、華やかな柄が入っているものなどは不釣り合いとされるので、仮に色が黒であっても避けたほうが良いでしょう。

特に正式なブラックフォーマルにするのであれば、専用の鞄(バッグ)を合わせて買ったほうが無難でしょう。

原則としては「柄のない黒無地」で「ファスナーや大きな金具のついていないもの」が相応しいと考えられています。

 

 

大きさについての規定はないのですが、一般的にはハンドバッグのように小さなものが主流となっています。

子供がいる場合など荷物が多いのであれば、サブバッグに別途無地の黒バッグを用意し、その中にフォーマルバッグを入れて、葬儀場内などではそちらを持ち歩くようにするとスマートです。

 

ブランド品バッグはOK?それともNG?

葬儀・葬式では、華やかさなどを極力排除することが望ましいとされるので、ブランド品のバッグを持ちたいという場合は、ブランドのロゴや柄などが目立ちすぎないかなど、いくつかの点に注意することが大切です。

仮に、色がついていないシンプルなロゴデザインなどであっても、バッグを手にさげた時にブランドが判別できるようであれば、避けたほうが良いとされています。

一方で、例えば「バッグを開けた時にさり気なくブランド品と分かる」といった程度であれば、問題はありません。

最近では慶弔の両方に対応しているバッグなども人気を呼んでいますので、もしも好きなブランドバッグを使いたいなら、そういったシリーズから選ぶと使い勝手も良く、安心です。

 

バッグの金具にも注意!葬儀に相応しくないスタイルとは

葬儀でマナー違反と言われるものの一つに「光り物」があります。

これは、きらりと光と反射することが慶事を連想させるため、弔事には不適切だという考え方に基づいていると言われます。

そして、鞄(バッグ)などに用いられる「飾りとしての金具」もこの考えに該当し、マナー違反と考えられるため注意が必要です。

 

 

バッグの底に用いられる鋲や、内部のファスナーなどは機能上必要なものなので問題ないとされますが、できればそういった金具も極力目立たないほうが良いと言われるほどです。

なお、慶弔両用の鞄(バッグ)の場合は、飾りとなる金具類は取り外せるようになっているのが一般的です。

 

細かいと感じることもありますが、何よりも「故人を偲ぶ悲しみの場所である」ということを踏まえて考えることが大切です。

 

【関連記事】

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。

また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (1)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す