はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

四十九日法要はどこでする?場所、日程、お布施など、ご遺族からの質問にお答え!

お葬式が終わると、仏式では初七日、四十九日と法要を執り行い、故人の追善供養を行います。最近では初七日法要はお葬式の当日に、日程を繰り上げて行うことも多く、葬儀後、最初に執り行うのが四十九日法要というご遺族もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、そんな四十九日法要について、「いい葬儀」に寄せられるご遺族からの質問についてお答えします。

四十九日法要の場所は?どこで行えばいいの?

四十九日法要についてご遺族からの問い合わせでも多いのが、四十九日法要を行う場所についての質問です。

結論から言うと、「四十九日法要はここで行わなければならない」という決まりはありませんが、一般的に寺院、ご自宅、葬儀ホールやホテル、料理やなどの施設で行うのが通例です。法要に参加する方のことも考え、集まりやすい場所で行うことをお勧めします。

なお、四十九日法要の後の食事については、会場で仕出し料理などを手配したり、会場近くの料亭などを利用するのが一般的です。施設を利用する場合は食事についても

お寺で四十九日法要を行う

菩提寺や、これからお墓を建てる寺院など、お寺とのお付き合いがある場合は、そのお寺で四十日法要を行うことが多いようです。客殿などお寺の施設で法要を執り行えば、設備も整っています。また、そのお寺のお墓に納骨する場合は、四十九日法要の後、納骨式も行えるので、移動など遺族や参列者の負担も軽くなります。

自宅で四十九日法要を行う

親せきなど参列者が少ない場合には、自宅で四十九日法要を執り行うことも可能です。この場合、お坊さんを自宅に招いて供養をお願いします。会場を借りる費用がかからない、日ごろから住み慣れた場所で行えるため気持ちが楽といったメリットがあります。

一方、家の中の片付けが大変といった声や、座布団の数が足りないなど準備に苦労される方もいらっしゃいます。車で来る方は多い場合には、案内できる駐車場の場所などもあらかじめ確認しておく必要があります。

葬祭ホールなどの施設で四十九日法要を行う

葬祭ホールをはじめ、ホテルや料理屋、霊園の施設などを借りて四十九日法要を行うこともあります。参列者の人数や予算に応じて部屋を選ぶことが可能で、設備も整っているため喪家にとっては事前の準備などの負担が軽くなります。駐車場などもあるため、参列者にとっても便利です。

また、離れて暮らしていた親族が亡くなった後の法要など、喪主の暮らす地域と、法要を行う場所が離れている場合には、その地域の風習などを良く分かった葬儀社などに、葬儀後の法要まで依頼するのがスムーズかもしれません。

ただ、夏のお盆の時期や、春・秋のお彼岸の時期など、ほかの法要の時期と重なるとこうした施設も予約が取りにくくなる場合もあります。葬儀を執り行った葬儀社への依頼を考えている場合など、葬儀後なるべく早めに希望を伝えておくと良いでしょう。

また、料理屋などでは、読経はNGというところもあります。法要を行うことが可能かどうか、事前に確認しておきましょう。

49日目に日程が合わない場合、四十九日法要はいつ行う?

四十九日法要については日程の質問も数多く寄せられます。基本的には亡くなってから49日目に行いますが、お寺や喪主、参列者の都合がつかないこともあります。実際には49日目より少し前の土日など休日に行うことが多いです。

なお、日程をずらす場合は49日よりも前に変更するのがマナーです。

お祝い事は日延べしても良いとされますが、反対に仏事ごとは早めに繰り上げて行うことが良いと言われています。

また法要の時間帯ですが、これは僧侶の都合や会場となる施設の予約状況などによっても変わります。通常は日中、お食事を食べる時間なども考慮して法要の開始時刻を設定しています。

お布施は何に入れて渡すの?

四十九日法要ではお坊さんにお布施をお渡しします。この時、お布施は封筒に入れてお渡しするのが一般的です。

お布施を入れる封筒については、「水引のあるものはマナー違反」「二重になっている封筒は使用できない」など諸説ありますが、あまり気にする必要はないでしょう。

市販のもので「お布施」と表書きがある封筒などを利用しても良いでしょうし、それがない場合は、郵便番号を記入する枠の書かれていない白い封筒を利用しても良いでしょう。

もし不安な場合は、その地域の習わしなどもありますので、お寺や法要を行う施設の担当者などに確認して見るとよいでしょう。

なお、お布施の相場については、お葬式のお布施の10分の1くらいが目安と言われています。

四十九日法要に必要なものは?

四十九日法要で必要なものについては、故人の遺骨、白木の位牌、本位牌、遺影、お供え花などです。施設で行う場合は、祭壇が用意されていることも多いので、祭壇の上に飾ります。また自宅で行う場合は後飾り壇の前で行うのが一般的です。お供えのお花やお供え物は祭壇の前にお供えします。

次に、お坊さんへのお布施も用意する必要があります。このほか、場合によっては、当日お世話になった方へ寸志をお渡しすることもあります。実際にお渡しするしないは別として、準備しておくと急に必要になった時にも安心です。

本位牌はどのように準備すればいいの?

四十九日法要の際に、仮位牌から本位牌に取り換えます。本位牌には故人の戒名なども記して用意しておく必要があります。字彫りなどには2週間程度の時間がかかります。四十九日法要に間に合わなくなる恐れがありますので、早めに依頼しておきましょう。

本位牌を購入する先は?

本位牌を依頼する先は、まず仏壇仏具店があります。近隣の仏壇仏具店、または菩提寺などから紹介を受けた仏壇仏具店などです。鎌倉新書の「いい仏壇」でも位牌を購入できる仏壇仏具店をご紹介していますので、お気軽にお問い合わせください。

次に、葬儀社に依頼するケースもあります。葬儀社ではお葬式の後もサービスの一環としてさまざまなサポートをしてくれます。分からないことがあれば、相談してみると良いでしょう。なお、葬儀社で位牌を販売していることもあれば、提携している仏壇仏具店などを紹介してくれることもあります。

本位牌を作る際の注意点

本位牌を発注する前に故人の戒名、俗名、命日、享年など、位牌に彫る内容をあらかじめ確認しておきましょう。分かりきっていることだからと後回しにするのではなく、事前に改めてチェックしておくことで発注がスムーズになるだけでなく、彫り間違いのリスクも軽減できます。

さらに、自宅に仏壇がある場合はほかの位牌の大きさを測っておきます。位牌の大きすぎて、仏壇に入らないといった事態を避けるだけでなく、位牌が並んだ時のバランスも考慮しやすくなります。位牌がひとつの時には落ち着いて見えていた仏壇も、位牌が2つ並ぶと窮屈に感じられることもあるかもしれません。位牌を作る際に仏壇仏具店に相談してみると良いでしょう。

仏壇がなくてもお経はあげてもらえる?

本位牌と同様に、仏壇も四十九日法要までに用意しておくのが一般的ですが、どうしても間に合わない場合、仏壇が無くても問題はありません。お坊さんを自宅に招いて法要を行う際にも仏壇がないということを事前に伝えておけば良いでしょう。

また、遠方で四十九日法要を行う場合、遺骨を運んだり、遺影の準備などができないという場合もあります。このような場合は、まず法要を執り行ってくれる菩提寺やお坊さんに事情をきちんと説明して相談しましょう。また、葬祭ホールなどの施設を利用する場合は、施設に相談し、最良の方法を考えましょう。

まとめ

先日、「四十九日法要を遠方で行うため遺骨を運ぶことが大変で、位牌も用意できない」というご質問をいただいた際に、お坊さんに確認したところ、「何も無くても法要を執り行うことはできないことはない」というお答えでした。ただし、お坊さんによって考え方は異なります。何か困ったことや分からないことがあれば、まず菩提寺の住職や四十九日法要を執り行ってくれるお坊さんに相談しましょう。

もしも四十九日法要をはじめ法要をお願いできるお坊さんに心当たりがない場合は、姉妹サイト「いいお坊さん」にお気軽にお知らせください。ご遺族の立場になって考えてくれるお坊さんをご紹介します。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す