はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

葬儀に着ていくシャツ。ボタンに関するマナー

葬儀に参列するとき、喪服をはじめ身だしなみにはさまざまなマナーがあります。例えば男性であれば黒い服に黒いネクタイというスタイルが一般的です。しかしさらに細かいことを言ってしまうと、スーツやシャツのボタンにもマナーがあることをご存じでしょうか。ここでは、葬儀で着用する服装のボタンのマナーについてご説明します。

葬儀での服装の基本

まずは、葬儀における服装についておさらいしておきましょう。男性の場合はブラックフォーマルの礼服を着用するのが一般的です。シャツは白の無地、ネクタイは黒の無地を選びます。靴も黒ですが、金具が使われていないものや光沢のないものを選ぶ必要があります。

女性はスーツ、もしくはワンピースを着用します。色は黒で、ストッキングや靴も同様に黒いものをチョイスしましょう。ストッキングには柄が入ったものもありますが、葬儀の席ではマナー違反になるため注意が必要です。また、肌が露出しすぎる恰好は葬儀の席にふさわしくないため避けましょう。

葬儀の席に求められる服装のマナーと比べると、お通夜はそこまで厳しくありません。普段から仕事で着用している濃いグレーや紺のスーツ、また、全体的に地味で黒っぽい平服でも問題ないケースがほとんどです。訃報は突然訪れることが多く、特にお通夜は「急いで駆け付けた」という意味があるためマナー違反にはならないのです。実際に、仕事終わりにそのままお通夜へと駆け付けるようなケースも少なくありません。

スーツやシャツのボタンのとめ方

ジャケットのボタンについては、正礼服だと1つしかボタンがついていないものが多いですが、略礼服だとシングルや三つぞろいなどがあります。1つしかボタンのついていないタイプなら、それだけとめておけば問題ありません。3つのボタンがついているスーツの場合、1番上と真ん中をとめて、1番下のボタンは外しておきましょう。ボタンが2つの場合も同様に、上だけとめて下はとめないというケースが多いようです。

一方、ベストを着用している場合は、スーツのボタンをとめなくても問題ありません。ただ、ベストを着ること自体はマナー違反とはならないものの、葬儀の席で着用する方はあまりいません。

また、真夏の暑い時期にごく親しい身内だけで集まった家族葬が行われる場合など、上着を脱いでも問題のないこともあるかもしれません。それでも、シャツのボタンはすべてとめておいた方が良いでしょう。

シャツの種類やボタンの色について

葬儀に着用していくシャツですが、基本的にワイシャツとなります。葬儀では黒系の小物でそろえることが多いため、シャツも黒や紺がよいと思う方もいるかもしれませんが、基本は白で無地、ブロード素材となります。また、白いシャツであっても柄が入っているものは避けます。華美な光沢があるものや、麻などの特徴のある素材を使用したものもマナー違反となるため、注意が必要です。

ワイシャツについているボタンの色にも注意が必要です。黒や茶色のボタンがついたシャツもたくさんありますが、このようなボタンは葬儀の席にふさわしくありません。マナー違反と見られてしまうため、小さな白いボタンがついたシャツを選んでください。カフスはシングルでもダブルでも構いませんが、ダブルカフスのシャツを着るときには黒のボタンを選びます。

ボタンダウンについて

襟の先端についたボタンで襟とシャツを固定するタイプのシャツを、ボタンダウンシャツと呼びます。クールビズの必須アイテムとして注目されていますが、葬儀の席に着用するのは問題ないのでしょうか。

ボタンダウンはカジュアルな印象の強いシャツなので、葬儀の席ではふさわしくありません。絶対に着用できないという明確なルールはないものの、年配の方には非常識な印象を与えてしまう可能性もあります。できるだけ着用しないほうがよいでしょう。

もっとも、ボタンダウンのシャツを着ているとき、急にお通夜へ参列することになるかもしれません。着替えのシャツがあれば問題ないのですが、普段から予備のワイシャツを持ち歩いている方は少ないでしょう。このような場合はやむを得ませんので、目立たないようになるべく後ろのほうの席に座ることをおすすめします。

まとめ

葬儀で着用する喪服など、服装には気を配る方がほとんどですが、意外と見落としがちなのがボタンです。大切な故人へのお別れの場、あまり気にしすぎてきちんとお別れができないというのでは本末転倒ですが、可能な限り、きちんとした身だしなみでお送りしたいですよね?

また、身だしなみに自信があると落ち着いてお別れに集中できるというメリットもあるのではないでしょうか。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (1)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す