はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

喪中となる親族の範囲?期間中に控えるべき行事とは?

喪中とは、親族が亡くなった時に一定期間、故人を悼んで慎んだ生活を送るとともに、身内の穢れが他の人に及ばぬよう、できるだけ人と会わない生活をすることを指します。喪に服すべき期間は故人との続柄で決まりますが、現代では喪中の制約はそれほど強く意識はされていないようです。

喪中の続柄の範囲とはどこまでか

親族が亡くなったら喪中になる、ということは分かっていても、続柄についてどこまでだったら喪中になるのか、という判断は難しいところです。

続柄で言えば、一般的には2親等までは喪に服すようですが、喪中に関する決まりは厳密にはありません。3親等より遠い続柄でも、故人との関係性が深い場合は、喪に服しても問題はありません。

続柄(3親等まで)

・配偶者(妻や夫)
・1親等 父母、配偶者の父母、子ども
・2親等 兄弟姉妹およびその配偶者、祖父母、孫、配偶者の祖父母・兄弟姉妹およびその配偶者
・3親等 曾祖父母、おじ・おばおよびその配偶者、甥、姪、ひ孫、配偶者の曾祖父母・配偶者のおじ・おばおよびその配偶者
※配偶者側の親族は最大で3親等となります。

続柄によって喪中の期間が変わる

喪中の期間は、先ほどの親等数をベースに考えることになります。ただし明確に決められているものではないため、おおよその目安といえるものです。
まず夫、妻の喪中期間は共に12ヵ月、子どもそれらに合わせて最大12ヵ月、祖父母は短い方では3ヵ月、長い方では6ヵ月、兄弟姉妹は3ヵ月を中心に、1ヵ月~6ヵ月程度が目安となっています。
つまり配偶者や1親等である父母、子どもが1年、2親等である兄弟姉妹や祖父母が1ヵ月~6ヵ月です。
上記に挙げた喪中期間は、明治時代に取り決められた(1947年に撤廃)ものを参考としていますが、当時は夫の喪中期間13ヵ月に対し妻90日、夫の両親の喪中期間150日に対し妻の両親はなし、と公平さに欠く内容でした。現在ではこれにとらわれず、喪中期間は1年という見方が一般的です。

喪中の期間に控える行事

こうした喪中の期間には、控えた方がよいとされる行事があります。基本的には、華やかで公的な行事は避けるようにしますが、現代では四十九日を過ぎればあまり制限しなくてもよいという考え方も広まっています。

正月飾りやお祝い事

正月が喪中になった場合、一連のお祝い事はしないようにするのが一般的です。具体的には、門松、しめなわ、鏡餅などを飾ることや、豪華なおせち料理やお年玉をあげることも含まれます。また年賀状のやり取りを控えることも広く知られているでしょう。代わりに喪中はがきを出すのがマナーです。お年玉はお祝いではなく、書籍代や文具代として贈る分には問題ないともされています。

結婚式への出席

穢れを持ち込むという観点から、招待された結婚式は原則的には欠席するのがマナーとされています。ただし、不幸が起こる前から出席を決めていた場合は出席をしても問題ないともいわれています。

自身の結婚式

式場などの予約前であれば、喪が明けるのを待って式を挙げるのが一般的です。既に予約をしていたり、招待状を発送していたりする場合は、両家で話し合って決めましょう。故人に対する供養の気持ちも込めて、あえて行うという選択肢もあります。

喪中期間でもやってよいこと

喪中でも問題ないとされる行事もいくつか紹介します。

初詣

お寺への初詣であれば問題ありません。神社の場合は死を穢れとみなして遠ざけますが、仏教の場合はそうした考え方はないからです。四十九日が済むまでは法要も続きますので、その間、お寺に行くこと自体に問題はなく、むしろよいこととされています。それに対して神社への初詣には注意が必要です。四十九日の法要、もしくは神道での忌中を意味する50日が過ぎるまでは、神社へは参拝しないようにしましょう。

お中元やお歳暮

自分が喪中でも、贈る相手が喪中でも、お中元やお歳暮については特に問題はないとされています。これは、お中元やお歳暮は感謝の気持ちを伝えるものであり、お祝い事ではないからです。ただし四十九日が終わるまでは自粛するのと、めでたさを意味する紅白ののし紙を使うことは控えましょう。また相手が喪中の場合は、暑中御伺や寒中御伺として出すと、より気を配った贈り方となるでしょう。

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合カタログをプレゼント!

  • 看取りから葬儀までの流れ
  • 葬儀形式について詳しく解説
  • 葬儀費用の内訳を詳しく解説
  • 葬儀場を選ぶ3つのポイント
  • 相続準備や葬儀後の各種手続き
  • 経験者の「困った」から学ぶ相続
  • 納骨&仏壇tの種類と特徴
  • 一周忌までのスケジュール
資料請求はこちら

まとめ

故人を偲ぶためにも喪中は大事な期間となりますが、大切なのは自分の気持ちです。必要以上に行動を抑える必要はなく、それよりも故人との思い出を忘れず、供養の気持ちを大事にすることが必要です。四十九日を含めて喪中の期間は法要や親族との会合も多くなります。何かと慌しくなりますが、中でも菩提寺がなく法要をお勤めになるお坊さんがいないという方もいらっしゃるかもしれません。法要をお願いするお坊さんをお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (4)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す