はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

送骨とは?ご遺骨(骨壷)をゆうパックで送る手順と梱包方法

送骨とは、遺骨を遠方に移す際にゆうパックを利用して送ることです。例えば昔からあるお墓が自宅から遠くて管理が大変だから近くのお墓に移したり、墓じまいをして遺骨を新たな納骨先に納骨し直したり。さまざまな事情で遺骨を移さなければならないということは起こります。この時、自分で運ぶには体力的に難しい、遺骨が複数あって運ぶのが困難だという場合は、遺骨を自分で運ぶのではなく、送ることができます。この記事では、遺骨を発送する際の手順や、梱包方法などを解説します。

遺骨を送るのは合法?非合法?

さまざまな事情により、遺骨を入れた骨壷を送ることになったとしても、果たして普通に送ってしまってよいのだろうかと、不安は尽きません。
しかしお墓などの取り扱いを定めている「墓地、埋葬等に関する法律」では、お墓自体の移動は市町村長の許可が必要とされ、埋葬についても墓地以外は禁止されていますが、骨壷については通常の荷物と同じ扱いで問題はありません。
ただし一般の宅配業者の場合、配達中の破損や紛失の危険などから受け付けてもらえないのが現状です。現在では唯一、日本郵便のゆうパックのみが送骨に対応しています。

ゆうパックで遺骨を送るときの窓口や料金は?

送骨でゆうパックを利用する場合は、一般の荷物と同様に、郵便局の窓口のほか、コンビニ等の取扱店を使って発送することができます。自宅まで取りに来てもらう集荷サービスも利用できます。
料金についても、通常のゆうパックの料金体系が適用され、重さ、サイズ、距離の要素で金額が決まります。
重さについては、25kg以下の場合は通常の「ゆうパック」ですが、25kgを超えて30kgまでは「重量ゆうパック」となり、500円が加算されます。30kg以上の設定はありません。
サイズは縦、横、高さの長さの合計で決められ、60cm以下は60サイズ、80cm以下なら80サイズ、以降20cm刻みで段階があり、最大で170cmまで対応しています。また、配送距離は都道府県単位で計算されます。

ゆうパックで骨壺を送る場合、骨壺の数やそれら骨壺を入れるダンボールのサイズ、送り先までの距離などによって異なります。

インターネットなどで送骨専用の梱包キッドが販売されていたり、また遺骨の受け入れ先(遺骨の送付先)のお墓や納骨堂、永代供養墓で送骨に必要な梱包資材を提供・販売している場合もあります。

送骨にはセキュリティサービスを

ゆうパックには、万が一、配送中に荷物が破損や紛失してしまった場合に備え、標準でも最大で30万円の損害額を賠償する保険がついています。これに加えて370円で利用できるオプションがあります。このサービスを申し込むと賠償額が50万円に上がり、発送から配達終了までの送達過程も書面で記録され、紛失や破損があった場合にもすぐ分かります。大切な遺骨を送るに当たっては、こうしたサービスの利用を検討してみてもよいでしょう。
なお、セキュリティサービスの利用は郵便局の窓口のみで、コンビニエンスストアなどから発送する場合には利用できません。

送骨に必要なものは?

一般のゆうパックと同じように、遺骨を送る際には梱包用の資材が必要になります。また、納骨するために、遺骨とともに受け入れ先に送らなくてはならない書類もあります。

遺骨をゆうパックで送るために必要なもの

木箱

骨壷は四角い木箱に入れて送るようにします。 

ダンボール箱

上記の木箱が入る大きさの箱を用意します。郵便局で販売しているものはもちろんですが、自宅にある空き箱を利用し、ちょうどよいサイズにするのもおすすめです。

送り状

あらかじめ入手しておくと自宅で梱包を完成できます。

梱包材、緩衝材

新聞紙、エアパッキン、タオル、布類などクッションになるものを用意します。ガムテープは箱類の口を閉じるために使用します。

遺骨を送骨先で納骨するために必要なもの

埋葬許可証

お寺に骨壷を送ってそのまま納骨をする場合は、埋葬許可証も一緒に送ります。埋葬許可証は、役所に死亡届を出した際に取得する火葬許可証で、火葬場の証明印を押印してもらった状態のものを指します。埋葬許可書は念のためコピーを取っておくとよいでしょう。

改葬許可証

既に納骨されている骨壷を他の場所にある墓地に移すことを改葬といいます。その場合は、今のお墓がある自治体から改葬許可証を入手する必要があります。こちらも該当する場合は、許可証を一緒に送ります。

遺骨を送る時の梱包方法

事前準備

まず、骨壷の状態を確認します。長いこと湿気の多い場所に保管されていることで濡れている可能性があります。もし濡れていた場合は風通しのよい所で乾かします。

骨壺の梱包

骨壺の蓋がしっかり固定されていないと、送っている間に蓋が開いて中身がこぼれてしまう危険があります。しっかりロックがかからない場合は、テープやラップなどで固定します。新聞紙やビニール袋で全体をくるんでしまうのもよいでしょう。
次に、骨壷を木箱に入れ、その間に緩衝材を入れて隙間を埋めます。書類を送る場合も木箱の中に入れておきます。木箱の蓋を閉じ、さらにガムテープでとめるか、布製の風呂敷などでしっかりと包みます。

ゆうパックの準備

用意したダンボール箱の底にタオルや布類を敷き、その上に骨壷が入った木箱を載せます。ダンボール箱の中で木箱が動かないよう、エアパッキンや新聞紙などの緩衝材をしっかり詰めましょう。木箱の上にも緩衝材を詰めると、よりしっかりと固定されます。
送り状の品名欄には「遺骨」と記載し、ワレモノでの取り扱いを明記することを忘れないようにしましょう。

まとめ

遺骨を入れた骨壷を送るのは、特に難しいことではありません。ただし、受け入れてくれるのは郵便局のみで、ヤマト運輸や佐川急便などは対応していません。また状況によっては、改葬許可証や埋葬許可証も一緒に送る必要があります。
このように葬儀やお墓に関する情報は一般には知られていないことも多々あります。

いい葬儀ではお葬式だけでなく、お葬式の後のことについてのご相談も承っています。お気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す