はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

葬式の日取りに関係する「六曜」とは?〜葬儀の基礎知識〜

六曜とは、その日の運勢を表す暦注の一つです。

カレンダーや手帳に記載されている大安や仏滅など、これらはいずれも六曜を示しています。六曜は、冠婚葬祭でも目安にされるものです。

例えば、結婚式などのお祝い事を行う場合は、大安に合わせて行われることが多いのではないでしょうか。それでは、葬式をする場合はいかがでしょうか。

この記事では、六曜の意味や、葬式の日取りとの関係について、詳しくご紹介します。

日常に浸透している六曜とは?

六曜とは、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口のことです。

この6つの曜には、それぞれに吉凶があるとされています。
六曜には法則性があり、カレンダーや手帳に、あらかじめ印刷することも可能であるため、多くの方の意識に浸透している暦注といえるでしょう。
六曜は旧暦の元旦が起点で、その後、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順に進みます。ただし、その並びは、旧暦の毎月1日にリセットされるのが特徴です。

1月・7月は先勝、2月・8月は友引、3月・9月は先負、4月・10月は仏滅、5月・11月は大安、そして6月・12月は赤口からスタートします。

六曜の種類と特徴

それでは、それぞれの六曜について、簡単にその吉凶の内容をご紹介しましょう。

もともと六曜は、勝負の吉凶を表したものであるため、その意味の中には、勝ち負けに関するものも含まれます。

先勝

「せんしょう」もしくは「さきがち」と読みます。

文字通り、「先に行えば勝ち」とされる日です。この日は、何事においても、迅速に行動することが吉とされています。具体的な時間で言えば、1日の中では午前中が吉とされ、午後は凶となります。

ただし、吉凶の対象が勝ち負けであるため、葬式の日取りにおいては、あまり関係ないとされています。

友引

「ともびき」と読みます。

もともとは「共引」と言い、勝負が引き分けに終わるという意味です。しかし、後世になって、陰陽道での「友引日」と混同されます。陰陽道の「友引日」には、災いが友達に向かうという意味があるため、この日に葬儀をすると「故人が友達も連れて行ってしまう」と忌み嫌われるようになったのです。

最近では減少傾向にあるようですが、中には友引の日に休業する火葬場もあります。

先負

「せんぷ(ぶ)」もしくは「さきまけ」と読みます。

先勝の日とは反対で、「先に行えば負け」とされる日です。何事においても後回しにすることが、勝負においては吉とされるため、1日の中では午前中が凶、午後が吉です。

ただし、基本的には、あまり動き回らない方が良いという日であり、先負も先勝の日と同じく、葬式にはあまり関係ないとされています。

仏滅

「ぶつめつ」と読みます。

仏が滅すると書くように、六曜の中ではもっとも悪い日だとされています。

1日を通して凶であるため、お祝い事は避けた方が良いとされる日です。ただし、仏事については良いとされており、葬式をする分には問題ない日だといえるでしょう。

大安

「たいあん」または「だいあん」と読みます。

「大きく安らぐ」と書くように、1日を通して運勢が良く、勝負はもちろん、何をするにしても吉とされ、おめでたい日とされています。ただし、安らぐという意味から、あまり慌ただしく動くのは避けた方が良いという解釈もあります。

赤口

「しゃっこう」もしくは「せきぐち」と読みます。

赤という文字が入っていることから、赤から連想される血や火、刃物や火事などに気を付ける日とされています。赤口の日は、正午を中心に前後の1時間程度が吉とされますが、それ以外の時間帯はすべて凶、と考えられています。

葬式の日取りと六曜の関係

六曜には、それぞれ吉凶を示す特徴があります。

例えば、友引の日は葬式を避けるなどの対応も生まれてきました。ただし、六曜はもともと仏教とは関係ないところで生まれた概念です。そのため、日本の葬式のほとんどを占める仏式はもちろん、キリスト教式の葬式などでも、それほど気にする必要はありません。

浄土真宗を開いた親鸞などは、「その日の吉凶で法要の日を決めないように」と述べているほどです。実際に葬式をするにあたっては、過度に六曜を気にする必要はないでしょう。

ただ、友引の日に火葬場が休みの地域もあり、翌日は混み合いがちにもなる可能性もあります。また六曜では、仏事は仏滅の日が良いともいわれており、それに従ってみてもよいでしょう。

いずれにしても、葬式の日取りを決める際は、ご遺族の間でよく話し合ってください。

まとめ

日々のカレンダーに印刷されているなど、六曜は多くの人の意識に浸透していますが、こと葬式においては、それほど気にする必要がないことが分かったのではないでしょうか。

しかし、一般の方の中には、六曜を気にする方もいらっしゃいます。また、友引は火葬場が休みになる地域もあるため、無視できない部分があります。

お葬式についてもし分からないことがあれば、いつでも専門スタッフが相談に乗りますので、お気軽に当社までお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す